看護が引き出す回復力
レジリエンスで視点もアプローチも変わる

もっと見る

糖尿病と診断され、血糖降下剤だけで凌いできた患者が、定年退職を機にインスリンを導入したが、糖尿病腎症を発症、敗血症性ショックに陥り生死をさまよう。この患者は「仕事を理由に病と向き合わない人」「持病を理解していない人」など問題だらけで対応困難な人だろうか。

本書では個人地域組織のレジリエンスを文献や事例から読み解く。レジリエンスを知ると、硬直した状況でも変化成長の可能性を感じられるかもしれない。

池田 清子 / 澁谷 幸 / 波田 彌生 / 丹生 淳子 / 八木 哉子 / 山尾 美希
発行 2021年08月判型:A5頁:128
ISBN 978-4-260-04696-1
定価 2,640円 (本体2,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

発刊に寄せて

 レジリエンスといえば災害を思い浮かべる人が多い.私もレジリエンスと出会うきっかけは阪神・淡路大震災の被災体験にさかのぼる.そのときの詳細については本書第1章に譲るとし,仮設住宅でともに被災者の支援をしていた加古まゆみ氏を通して,私はレジリエンスを学ぶ機会を得た.
 加古氏は,南豪州のフリンダース大学のレジリエンスセンターで活躍されており,私は1か月という短期間であったが,レジリエンスについて学びを深める機会をいただいたのだ.最初に加古氏から教えていただいたのは,災害レジリエンスが目指すものは元通りの状態ではなく「building back better」であるということであった.このとき,私はレジリエンスの考え方のなかに回復への希望を感じた.
 その後,レジリエンスについて調べたり,学んだりするうちに,レジリエンスは人が「よりよく」生きる過程そのものではないかと考えるようになった.レジリエンスが高い人や低い人という表現もあるが,レジリエンスが発揮されているときとそうでないときととらえたほうがしっくりくることに気づいた.

 私が専門とする慢性疾患看護では,慢性の疾患とともに生きる人が病いに向き合いながら人として成長するのだと実感することがしばしばある.そして,レジリエンスを発揮できるのは,本人の力だけではなく,周りの環境にもよると思うことがある.私がレジリエンスを感じとれた方のお一人を紹介させていただきたい.

 彼女は田中みなさん,20代女性である.大学の教育学部4年生のとき,突然バセドウ病の症状により汗が止まらなくなり,電車のなかでも,教育実習のときにも,からだ中から汗が吹き出す経験をした.周囲の人からの視線が気になり,次第に友人からも社会からも孤立してしまった.「もう自分は生きる価値などないのではないか」と絶望していたときに,現在の主治医と出会い,その先生ご本人もバセドウ病であることを告知された.そして,「僕も医学部に入るまで随分と回り道をしたので田中さんの焦る気持ちはよくわかる.田中さんは自分のペースで進めばよい.無理しないように」と言葉をかけてもらった.この言葉をきっかけに,田中さんはようやく長い長い暗闇のトンネルから這い出すことができた.
 その後,田中さんはバセドウ病の仲間と出会い,「自分は一人ぼっちではないんだ」と勇気をもらった.同時に,バセドウ病という病気については社会ではほとんど知られていないことに気づき,今は,看護の大学での講義やメディアなどを通して,自分の病いの経験を若い世代に伝えている.その講演のなかで田中さんは,「なぜ,自分がバセドウ病になってしまったのだろうと思う気持ちは今でもありますが,私が“バセドウ病だからこそ”,素晴らしい先生や同じ病気の仲間に出会うことができ,自分の人生は大きく変わりました.だから,みなさんにも問いたいです.あなたにとっての“~だからこそ”は何ですか」と語られている.

 この田中さんのストーリーはまさにレジリエンスそのものであり,彼女は今も成長を続けている.このような患者さんに出会うたびに,私は看護師として,人は病いを超える力があることに感動する.そしてこの現象は彼女だけでなく,もしかすると田中さんのように専門家や仲間の温かな眼差しや支えがあれば,回復する現象(こと)は自然なことなのではないかと感じるようになった.そう思うと,自分がもし,病いや逆境に遭遇したとしても回復できるかもしれないという淡い希望がもてる.これが“レジリエンス”なのである.

 昨今の日本そして世界の人々や社会は,自然災害やパンデミック,経済不況,病気や障害,大切な人を失うことなど,多くの逆境や困難に遭遇しているが,田中さんが教えてくれたように,人は“~だからこそ”大切なことに気づき,感謝し,生き抜く力が備わっている.
 そしてレジリエンスは,個人,家族,地域,組織にもある.本書では各単位でのレジリエンスについて,できるだけ身近な例を通して伝えることを試みた.レジリエンスの考え方を知ることによって,困難や回復といった出来事の見方が広がり,それが未来の看護を創りだすことにつながればと願う.詳細については各章を参照いただきたい.なお,レジリエンスの定義や解釈は,人によってさまざまである.議論を重ねてきた共著者の間でも,共通する部分もあれば,解釈が異なる部分もある.
 本書を通して皆様ご自身のレジリエンスを発見する機会にもなることを信じている.

 2021年7月
 筆者を代表して 池田清子

開く

第1章 レジリエンスとは
 1 レジリエンスの原体験
 2 人が逆境から立ち直る力
 3 レジリエンスとは
 4 看護とレジリエンスの関連
 5 看護におけるレジリエンスのキーワード
  1 安定性と柔軟性
  2 文化的要素
  3 時間
  4 環境
  5 適応・成長
 6 レジリエンスの視点

第2章 個人と家族のレジリエンス
 1 個人のレジリエンス
  1 患者のレジリエンスに着目すると看護が変わる
  2 レジリエンスを把握しにくくしている要因がある
  3 逆境からの回復過程と必要な援助を考える
 2 家族のレジリエンス
  1 家族とは
  2 家族のレジリエンスとは
  3 家族のレジリエンスの特徴
  4 家族のレジリエンスを支援する看護
 3 事例からみるレジリエンスとケア――患者はどのように回復力をつけていくのか
  1 事例紹介
  2 経過
  3 レジリエンスを高めるためのケア
  4 レジリエンスの読み解き

第3章 地域のレジリエンス
 1 地域をどのようにとらえるか
 2 地域のレジリエンスとは
 3 災害からとらえる地域のレジリエンス
 4 個人のレジリエンスからとらえる地域のレジリエンス
  1 個人のレジリエンスと地域のレジリエンスとの関係性
  2 地域のレジリエンスにおける6つの基盤
  3 地域のレジリエンスを高める工夫
  4 看護職は地域のレジリエンスを支援するために何ができるのか
 5 事例からみるレジリエンスとケア――患者の「うちに帰りたい」という願いから紐解く
  1 事例紹介
  2 患者の背景
  3 健康状態
  4 レジリエンスの読み解き

第4章 組織のレジリエンス
 1 組織のレジリエンスと看護職にとっての意味
 2 看護組織にとっての危機とは
  1 大規模災害
  2 医療政策の変更
  3 医療ニーズの変化
  4 看護本来の機能への脅威
 3 組織のレジリエンスとは
  1 レジリエンスの高い組織の特性
  2 レジリエンスの高い組織がもつ対応力
 4 レジリエンスと組織の成長
 5 事例からみるレジリエンスとケア――レジリエンスの高い看護組織での出来事
  1 病棟の紹介
  2 病棟に起こった出来事
  3 出来事への対応
  4 組織的な対応による結果
  5 A病院のレジリエンス
 6 組織レジリエンスの視点が看護師にもたらすもの

あとがき
索引

コラム
 1 ストレス・コーピングとSOCとレジリエンス
 2 日本人にスピリチュアリティを理解するのは難しい?
 3 経験を活用して回復・成長する資源──知恵の態度
 4 崩壊を回避するための行動──ブリコラージュ
 5 協働を生みだすためのbreaking silos

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。