救急整形外傷学

もっと見る

救急科専門医と整形外科専門医のダブルボードを持つ著者による「救急整形外傷学」の成書。研修医・若手医師から絶大な支持を集めている『救急整形外傷レジデントマニュアル』の内容をより詳細に記載し、エビデンスも豊富に提示した。「初療を担当する救急医は整形外科の根治手術までも見据えて評価・治療を行っていくべき」との著者の考えに基づき、そのための最低限の治療方針や考え方、思考回路を解説した。

田島 康介
発行 2022年05月判型:B5頁:336
ISBN 978-4-260-04802-6
定価 13,200円 (本体12,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

 このたび,『救急整形外傷学』を刊行し,皆様にお届けすることができることを大変嬉しく思います.
 筆者は2001年より整形外科医としてのキャリアをスタートさせ,2011年より救急医としてのキャリアもスタートさせた,整形外科専門医と救急専門医を有する救急整形外科医です.2011年に整形外科の戸山芳昭教授(当時)から慶應義塾大学病院ERでの整形外傷班の立ち上げの任を受け,単身で慶應義塾大学病院の救急科に出向し,整形外科“以外”を専門とする救急医・内科医と診療をともに行う機会を得ました.そしてERでの診療に携わるなかで,救急科の堀進悟教授(当時)に「一般医が整形外傷を診る際に『何を悩むか』を整形外科医はわからない.したがって一般医が既刊の整形外科教科書を読んでもわかりにくく,ピンとこない.ピンとこないので面白くなくなり,嫌になり,勉強しない.患者を診なくなる.これは悪循環である.だからわかりやすい副読本を書いて下さい」という依頼を受け,2013年に医学書院より『救急整形外傷レジデントマニュアル』(以下,マニュアル)を刊行する機会を得ました.
 このマニュアルは,救急外来で非整形外科医が知るべき知識と行うべきスキルを選別し,救急外来で役に立つことを優先してコンサイスにまとめたものであり,救急外来や当直者が使用することを目的とした「整形外科医“以外”のための整形外科の本」です.例えばこのマニュアルでは,整形外科の慢性疾患についてはほとんど記載がなく,骨折型の分類に関しても一般医でも知っておくべきものしか記載しておらず,整形外科医が行う専門処置についても,一般医が施行できないと考えられるものは記載していませんでした.
 そのため,マニュアルの内容をすでにマスターしていた読者たちには物足りないものとなり,さらに一歩踏み込んだ内容を含めた書籍の要望が多かったことから,このマニュアルをベースとしつつも内容を大幅に拡充した本書を執筆することとなりました.筆者が整形外科医ならびに救急医として指導を行ってきた慶應義塾大学病院ERと藤田医科大学病院救命救急センターでは,専属の整形外科医は極めて少人数であり,ほとんど救急内科医,救急外科医あるいは総合内科医とともに診療を行ってきました.そのため「非整形外科医が整形外科診療の何を怖がっていて処置に躊躇するのか」「非整形外科医が何を知りたがっているのか」「非整形外科医が整形外科医に何を期待しているのか」あるいは逆に「非整形外科医は整形外科医に何を知っていてほしいのか」ということが大変よくわかりました.筆者が整形外科医と(内科系疾患も外科系疾患も幅広く対応する)救急医としての二足の草鞋を履く立場から,両者の間に存在する思考の壁がよく理解でき,この壁を極力取り払うことが筆者の存在意義であり使命であると感じました.本書は整形外科を専門としない医師,整形外科後期研修医,初期研修医,救急医療に携わるコメディカルに最適な内容になっています.
 時間外診療における外科系診療の多くは外傷であり,打撲,骨折,挫創,交通事故などの整形外科関連が最多です.救急外来や当直業務で整形外科関連の疾患に対応しなくてはならない場合,専門医でない場合は常に不安を抱えながらの診療となるでしょう.もちろん,骨折の症例が来院したら,整形外科医による整復操作とそのあとのシーネ固定を行うことが最も望ましいでしょうが,時間外に整形外科医が対応できない施設のほうが圧倒的に多いのがわが国の現状だと思われます.この現状を踏まえ,「救急外来で骨折を見逃さない」「シーネを上手に巻く」「どこまでは自分で治療してよいのか」「どこからは専門医を呼んだほうがよいのか」といった救急診療での不安・疑問に少しでも応えられるよう,そして日本全国の救急現場における診療の質を少しでも高められるよう,本書がお役に立てれば幸いです.

 2022年3月
 東京女子医科大学附属足立医療センター 整形外科
 田島康介

開く

1章 四肢外傷治療に必要な解剖
  1. 骨の解剖
  2. 上肢の解剖
  3. 下肢の解剖

2章 外傷の初期対応から全身管理
  1. 外傷患者の初期評価
  2. 外傷患者・骨折患者の合併症
  3. 骨折治療の考え方
  4. ダメージコントロールオルソペディックス

3章 創傷処置
  1. 創傷の処置を行う前に
  2. 縫合
  3. 処置後のケア

4章 外固定,整復
 A. 外固定
  1. 総論
  2. 用語
  3. 外固定の原則
  4. 良肢位
  5. ソフトシーネ
  6. アルフェンス®シーネ
  7. シーネの巻き方
  8. 特殊な固定
  9. 小児の骨折
  10. 外固定の合併症
 B. 整復
  1. 長管骨の骨幹部での徒手整復
  2. 長管骨の骨端での徒手整復

5章 牽引
  1. 牽引処置
  2. 介達牽引(スピードトラック®牽引)
  3. 直達牽引
  4. 小児の牽引

6章 その他の基本手技
  1. 関節穿刺・関節注射
  2. 爪下血腫の除去
  3. トリガーポイント注射

7章 軟部組織損傷
  1. 打撲
  2. 靱帯損傷,捻挫
  3. 筋・腱損傷
  4. 神経損傷
  5. 血管損傷
  6. その他の特殊な損傷

8章 脱臼
  1. 脱臼の診断
  2. 脱臼整復時の麻酔
  3. 主な脱臼と整復法
  4. そのほかの脱臼

9章 骨折総論
  1. 骨折とは
  2. 骨折の治癒過程
  3. 骨折の診断 
  4. 骨折の分類
  5. 骨折の合併症
  6. 開放骨折の初期治療

10章 上肢の骨折
  1. 手指周囲の骨折
  2. 手の骨折
  3. 手関節周囲の骨折
  4. 前腕部の骨折
  5. 肘関節周囲の骨折
  6. 上腕部の骨折
  7. 肩関節周囲の骨折

11章 下肢の骨折
  1. 足趾周囲の骨折
  2. 足部の骨折
  3. 足関節周囲の骨折
  4. 下腿部の骨折
  5. 膝関節周囲の骨折
  6. 大腿部の骨折
  7. 股関節周囲の骨折

12章 骨盤の骨折
  1. まず患者受け入れが可能か判断する
  2. 患者が搬入されたらまず行うべきこと
  3. 骨盤の解剖
  4. 骨盤単純X線における骨折の評価と分類
  5. CTの撮影
  6. 治療
  7. 根治手術

13章 脊椎の骨折
  1. 高エネルギーでない外傷
  2. 高エネルギー外傷

14章 小児関連
  1. 総論
  2. 各論

15章 高齢者関連
  1. 総論
  2. 各論

16章 関節・軟部組織感染症,非外傷性疾患
  1. 関節の感染症
  2. 軟部組織感染症
  3. 一般医が知っておくべき非外傷性整形外科疾患
  4. 整形外科的愁訴の他科疾患

17章 救急整形外科で使用する薬剤
  1. 疼痛対策
  2. 抗菌薬
  3. せん妄対策

18章 診断書の書き方
  1. 病院書式診断書
  2. 記載のポイント
  3. 保険会社の診断書(通院証明)の書き方
  4. 労災関連書類の書き方

19章 医療費・保険診療の基礎知識
  1. 保険の種類
  2. 保険証を用いないケース
  3. 時間外の診療
  4. 選定療養費
  5. 医業類似行為

索引

コラム
 アレン・テストAllen’s test
 ISS,AIS
 救急外来でできる駆血法
 指尖部損傷におけるwet dressing
 縫合後の被覆
 固定するテープ
 FDSテスト,FDPテスト
 Zero position(ゼロポジション)
 役立つ指の解剖
 爪根の脱臼は戻す? 戻さない?
 末節骨と中節骨の癒合
 Maisonneuve骨折(メゾヌーブ骨折)
 ファベラ
 Barsony(バルソニー)
 NASCISプロトコール
 NSAIDsは骨癒合を阻害する?
 労災関連書類作成時の注意点

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。