医学書院

検索
HOME雑 誌 > 精神看護

精神看護


本格的な変革期に入る精神科領域の最新情報を,時代の流れも見据えつつお届けする。メンタルヘルスケアに携わる医療者・コメディカルの情報交差点。(ISSN 1343-2761)

隔月刊,年6冊
2017年 1部定価:本体1,300円+税

2017年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 7,080円
冊子+電子版/個人 10,080円
電子版/個人 7,080円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2017年01月発行 (通常号) ( Vol.20 No.1 )
定価 1,404円 (本体1,300円+税8%)
特集 自殺発生→これが対応心得だ
自殺が生じた後の対応や当事者のケア、再発防止対策のことを、自殺予防学では自殺の三次予防という。河西によれば、この三次予防には、(1)事故現場における対応、(2)ご遺族への対応とケア、(3)当事者となった職員への対応とケア、(4)当該の自殺事故の振り返りと、過去の自殺事故を含めた自殺事故分析、(5)再発防止対策があるという。不幸にして自殺が起きてしまった後に遺されたすべての関係者への影響を最小限度にするためには、こころのケアを行うことが必要だが、事故直後の混乱と処理が押し寄せるなか、当事者となった職員への対応とケアまで行き着かないのが現状ではないだろうか。本特集は、不幸にして病院内で自殺事故が起こってしまった際、遺された人々、スタッフに対して円滑にケアが実施されることを目的とした。管理職にあたる方は、実践の参考にしていただきたい。