医学書院

検索
HOME雑 誌 > 訪問看護と介護

訪問看護と介護


「在宅」の時代、暮らしを支える訪問看護師に、情報とパワーをお届けします。制度改定の情報やケア技術はもちろん、「気になるあの人/あのステーションがやっていること」を取材。明日の仕事に活かせるヒントが見つかります。(ISSN 1341-7045)

月刊,年12冊
2020年 1部定価:本体1,500円+税

2020年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 12,600円
冊子+電子版/個人 15,600円
電子版/個人 12,600円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2019年11月発行 (通常号) ( Vol.24 No.11 )
定価 1,650円 (本体1,500円+税10%)
特集 特定行為研修修了者がいる在宅現場が見たい 「行為の実施」にとどまらない看護の意義に迫る
医師が常にそばにいるわけではない在宅医療の現場においても、療養者にタイムリーな医療サービスを提供することで安心・安全な療養生活を支えることができると期待された「特定行為に係る看護師の研修制度」。制度開始から5年。在宅現場で活動する研修修了者の数がまだまだ少ないのが現状です。研修修了者は今、どのように在宅の現場で活躍しているのでしょうか。本特集では、現場からのレポートに加え、この制度の意義をあらためてふり返り、2019年の法改正で受講しやすくなった研修の背景を解説します。