医学書院

検索
HOME雑 誌 > 訪問看護と介護

訪問看護と介護


「在宅」の時代、暮らしを支える訪問看護師に、情報とパワーをお届けします。制度改定の情報やケア技術はもちろん、「気になるあの人/あのステーションがやっていること」を取材。明日の仕事に活かせるヒントが見つかります。(ISSN 1341-7045)

月刊,年12冊
2020年 1部定価:本体1,500円+税

2020年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 12,600円
冊子+電子版/個人 15,600円
電子版/個人 12,600円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2020年08月発行 (通常号) ( Vol.25 No.8 )
定価 1,650円 (本体1,500円+税10%)
特集 災害への備え、どうする BCPの考え方と作り方
近年、全国各地で災害が相次いで発生しています。地震による被害、豪雨による冠水・洪水等は記憶に新しく、また、現在流行している新型コロナウイルス感染症もその1つと言えるでしょう。そうした避けられない緊急事態に遭遇した際、訪問看護ステーションに課せられるのは、スタッフを守り、組織への損害を最小限に止め、地域住民へのケアを維持させること、です。そのような事業継続のための計画「BCP(Business Continuity Plan)」を策定する必要性は、皆さんも耳にしたことがあるはず。では、訪問看護ステーションにおいてはそれをどのような視点で作っていけばよいのでしょうか。本特集では、BCPの作り方の解説を通し、災害を見据えた備え方をお伝えします。