医学書院

検索
HOME雑 誌 > 看護教育

看護教育


看護教育に特化したわが国唯一の月刊誌。すべての看護教員の教育力upに貢献します。そのために教員1人ひとりができること、たとえば「書き方、話し方」のような基礎技術向上、教育技法の習得、授業設計の積極的見直しなどを促す内容を、ご紹介、ご提案していきます。また、国家試験対策、演習・実習の工夫など、看護教員に身近な話題も常に取り上げていきます。(ISSN 0047-1895)

月刊,増大号を含む年12冊
2019年 1部定価:本体1,600円+税
増大号定価:本体2,400円+税

2019年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 15,540円
冊子+電子版/個人 18,540円
電子版/個人 15,540円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2019年02月発行 (通常号) ( Vol.60 No.2 )
定価 1,728円 (本体1,600円+税8%)
特集 指定規則改正前の今こそ! 未来をみすえたカリキュラムを考える
現在、第5回保健師助産師看護師学校養成所指定規則改正に向け、看護基礎教育検討会が進行しており、多くの看護教員の関心を集めています。もちろん、今後の看護基礎教育において、そこで決定された指定規則が重要な意味をもつことは言うまでもないですが、本来、カリキュラムは、トップダウンで提示されたものに準じるだけではなく、地域の特性や医療、社会の状況を勘案し、現場の看護教員自らが、課題を解決し、カリキュラムを評価し、また改正していくことが大切だといえるでしょう。指定規則改正前である今だからこそ、未来をみすえたカリキュラムを考えるチャンスです。本特集が、みなさまの議論のきっかけになることを願います。