医学書院

検索
HOME雑 誌 > 理学療法ジャーナル

理学療法ジャーナル


理学療法の歴史とともに歩む本誌は,『PTジャーナル』として幅広い世代に親しまれている。特集では時宜を得たテーマを取り上げ,これからの理学療法をともに考える。「入門講座」「講座」などの連載は初学者にもベテランのブラッシュアップにも有用。その他,理学療法士に関連した学会案内や学会報告も適宜掲載している。(ISSN 0915-0552)

『理学療法ジャーナル』賞 論文募集中

月刊,年12冊
2018年 1部定価:本体1,800円+税

2018年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 19,920円
冊子+電子版/個人 22,920円
電子版/個人 19,920円

冊子版/学生割引 15,960円
冊子+電子版/学生割引 18,960円
電子版/学生割引 15,960円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2018年08月発行 (通常号) ( Vol.52 No.8 )
定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
特集 ジェネラリストとスペシャリスト
現在,理学療法の臨床は,臓器・疾患別に細分化・専門化されている.就労する組織と領域も病期別医療・福祉領域そして教育まで範囲は広がり,求められる業務も細分化されている.臨床各領域の理学療法スペシャリストとは,一般に個々の病態や病期・治療技術の専門家を指すことが多いが,対象者個々のリハビリテートを援助し,その生活やQOL まで頭をめぐらす専門職である限り,理学療法士にはジェネラルな思考も求められる.理学療法士をジェネラリスト・スペシャリストとして定義づけるのでなく,さまざまな視点で論じ,働き方や教育の方向性を考える.