医学書院

検索
HOME雑 誌 > 理学療法ジャーナル

理学療法ジャーナル


理学療法の歴史とともに歩み,2016年に創刊50年を迎える本誌は,『PTジャーナル』として幅広い世代に親しまれている。特集では時宜を得たテーマを取り上げ,これからの理学療法をともに考える。「入門講座」「講座」などの連載は多くの図・写真で最新の知見をわかりやすく紹介し,初学者にもベテランのブラッシュアップにも有用。電子版では創刊号から最新号まですべての記事を読め,ますます便利に!(ISSN 0915-0552)

『理学療法ジャーナル』賞 論文募集中

月刊,年12冊
2016年 1部定価:本体1,800円+税

2016年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 19,920円
冊子+電子版/個人 22,920円
冊子+電子版/共有 25,920円
電子版/個人 19,920円
電子版/共有 22,920円

冊子版/学生割引 15,960円
冊子+電子版/学生割引 18,960円
電子版/学生割引 15,960円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2016年07月発行 (通常号) ( Vol.50 No.7 )
定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
特集 被殻出血と理学療法
脳卒中片麻痺という表現は必ずしも適切とは言えない.被殻出血では片麻痺以外にさまざまな病態あるいは現象がみられる.そこには構造学的な原因がある.基底核ネットワークの重要な部分である被殻が障害されるとそのシステムは壊れる.さらにその周囲にはいろいろな神経線維が走行する.血腫の大きさが問題なのではなく,その拡がる方向と程度が重要な因子となる.被殻出血にみられる病態を概説して,前方,内上方,後外方への拡がりをみせる被殻出血と小出血を取り上げて解説した.