医学書院

検索
HOME雑 誌 > 理学療法ジャーナル

理学療法ジャーナル


理学療法の歴史とともに歩む本誌は、『PTジャーナル』として幅広い世代に親しまれている。特集では時宜を得たテーマを取り上げ、これからの理学療法をともに考える。「入門講座」「講座」などの連載は初学者にもベテランのブラッシュアップにも有用。その他、理学療法士に関連した学会案内や学会報告も適宜掲載している。(ISSN 0915-0552)

『理学療法ジャーナル』賞 論文募集中

月刊,年12冊
2019年 1部定価:本体1,800円+税

2019年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 19,920円
冊子+電子版/個人 22,920円
電子版/個人 19,920円

冊子版/学生割引 15,960円
冊子+電子版/学生割引 18,960円
電子版/学生割引 15,960円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2018年12月発行 (通常号) ( Vol.52 No.12 )
定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
特集 退院支援−理学療法士はその先が見えているか
医療機関からの円滑な退院は,医療費の適正化だけでなく,医療安全の確保,患者のQOL上などの観点から注目され,特に医療から介護に移行する際の医介連携が重視されるようになった.心身機能を十分に把握する理学療法士は,昔から退院支援に積極的にかかわり,重要な役割を果たしてきたが,一方では理学療法士の在宅に関する知識不足が指摘されることもあり,その充実は今後の理学療法士の大きな課題である.本特集が理学療法士の退院支援業務を再考する機会になればと考える.