医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

看護管理者のための組織変革の航海術

個人と組織の成長をうながすポジティブなリーダーシップ

著:市瀬 博基

  • 判型 A5
  • 頁 256
  • 発行 2017年08月
  • 定価 2,808円 (本体2,600円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03216-2
ポジティブな感情あふれる組織をつくる実践知とリーダーシップ
なぜ計画通りに組織変革が進まないのか。取り組みに対するネガティブな感情をポジティブに転化し、自ら目標に向かって変化していける組織へ導くために必要なリーダーの心構えを考察。組織変革を成し遂げた事例を詳細に紐解きながら、型にはまったノウハウではない、ドラッカー時代から説かれている古くて新しい「看護管理者の役割」の本質を明らかにする。指示命令型のマネジメントを脱し、一歩先のマネジャーを目指す方へ。
序 文
まえがき

 この本は,雑誌「看護管理」(医学書院)に連載した「ポジティブ・マネジメントの航海術」を基に加筆修正を行いまとめたものです。本書の狙い...
まえがき

 この本は,雑誌「看護管理」(医学書院)に連載した「ポジティブ・マネジメントの航海術」を基に加筆修正を行いまとめたものです。本書の狙いは,先進的な組織変革を推進したリーダーの方々へのインタビューを通して,看護管理者のみなさんが組織変革に取り組む上での心構えやリーダーシップのあり方を明らかにすることです。

 この本には「すぐに役立つノウハウ」は含まれていません。どのような組織変革の取り組みであれ,その過程で個人と組織の成長を同時に実現するためには,単にノウハウを実践するだけでは不十分だからです。メンバーの1人ひとりが取り組みのポジティブな意味や意義を深く理解し,メンバーどうしで助け合い,学び合う関係をつくり上げられるよう働きかけるためには,組織変革を幅広い視野と長い時間軸で捉える視点が必要なのです。
 フランスの作家マルセル・プルーストが語っているように,何かを発見するまでの旅においてもっとも大切なのは,見たことのない風景を追い求めるのではなく,新たな「まなざし」を身につけることです。そうした意味で,本書が明らかにしようとするのは,組織が最終的に目指す場所に辿り着くまでの道筋を思い描き,実践に反映し,柔軟に行動を変えることを可能にする「まなざし」です。
 社会全体の大きな変化からどのように組織変革の必要性や新たなツールが生み出されるのか? ツールを整備し,組織への導入を図る過程で,どのような不測の事態が起きるのか? そしてそのような事態にどう対応すればよいのか? こうした視点から日々の取り組みを捉え直すことで,組織変革を推進するリーダーに求められるブレない心と柔軟な行動を両立させ,変革の取り組みを成功に導いていくこと,それが本書で考察する「航海術」の姿です。

 本書の出版までの「航海」では,大変多くの方々にお世話になりました。取り組みを取材させていただいた看護管理者の方々,そして手島恵先生,宇都宮宏子先生のご協力なしには,この本が生まれることはありませんでした。貴重な時間を割いてインタビューに真摯にお応えいただいたみなさまに深く感謝いたします。
 本書に登場される方々の職位の表記は,取り組み当時とインタビュー当時のものを文脈に応じて使い分けています。なお,引用文中の用語は,本書全体の表記に統一しています。
 また,医学書院の編集者,小齋愛様には企画段階から連載まで,そして宇津井大祐様には書籍化の段階で大変お世話になりました。篤く御礼申し上げます。

 この本が,多少なりとも看護管理者のみなさんの組織変革の「航海」にお役に立てることを願っています。

 2017年8月
 市瀬博基
目 次
まえがき
イントロダクション 組織変革の航海術とは? いま看護管理に求められていること

PART 1 新たな「活動」を生み出す航海術
 第1章 「航海術」の理論的枠組みを構築する 集団の「活動」としての看護実践
 第2章 新たなツールを生み出す 庄原赤十字病院における「県民の森研修」の導入
  column 1 人には無限の力が秘められている!? 最近接発達領域の学びと人材育成
 第3章 ツールを組織に定着させる
      虎の門病院におけるコンピテンシー・マネジメントの導入
  column 2 チョコレートはどこにある? 「状況に埋め込まれた学習」の第一歩
 第4章 「活動」の矛盾と組織変革のプロセス これまでのまとめと今後の展望

PART 2 「活動」の範囲を広げる航海術
 第5章 「活動」の実践範囲を広げる 慶應義塾大学病院におけるEBPの導入
  column 3 「答え」を探す自分を探せ!
         マネジメントにおけるコーチングとリフレクションの役割
 第6章 「活動」領域間の連携をはかる
      荻窪病院における在宅療養移行支援の取り組み
  column 4 「分かる」を生み出す関係性?
         内省をうながすコミュニケーションが前提とする考え方
 第7章 古くて新しい組織変革の「航海術」 全体のまとめ

長いあとがき インタビュー・コーチング・リフレクション
         航海術としてのコミュニケーションの役割
索引