医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

神経救急・集中治療ハンドブック

Critical Care Neurology
(第2版)

監修:篠原 幸人
編集:永山 正雄/濱田 潤一/三宅 康史

  • 判型 A5
  • 頁 672
  • 発行 2017年08月
  • 定価 6,480円 (本体6,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01754-1
神経救急・集中治療の最前線に立つ臨床家向け実践的ハンドブック、待望の改訂版!
神経救急・集中治療の最前線に立つ臨床家のための実践的ハンドブックの待望の改訂版! 意識障害、頭痛、めまいなどの症候に加え、脳梗塞、重症筋無力症などの神経疾患の鑑別診断や初期対応・治療を、各領域のエキスパートが解説。「救命救急医学におけるcritical care neurology」「暑熱環境による中枢神経障害」「神経救急のための教育コース」などの新項目を追加。
序 文
監修の序(篠原幸人)/編集の序(永山正雄)

監修の序

 2006年の初版発刊当時,欧米には数多くの優れたcritical care neurologyを主題とした成書がみられたが,本邦にはこの問題を正面から取り上げた教科書は存在しないことを小生は...
監修の序(篠原幸人)/編集の序(永山正雄)

監修の序

 2006年の初版発刊当時,欧米には数多くの優れたcritical care neurologyを主題とした成書がみられたが,本邦にはこの問題を正面から取り上げた教科書は存在しないことを小生は指摘した。また2003年横浜において第44回日本神経学会総会を主催した際には,シンポジウムの1つにcritical care neurologyをとりあげ,本邦におけるその導入と体系化の必要性を強調したが,本邦の一般的な現状は今でもまだ監修者の希望するところまでは至っていない。
 確かに,近年の画像診断の目覚ましい進歩や新たな治療法の導入は,神経疾患の診断と管理を飛躍的に進歩させた。しかし,いまだ救急専門医でもあるいは神経内科・脳神経外科専門医にとっても,一般的な脳卒中や意識障害の管理は自信をもって行えても,重症筋無力症のクリーゼやGuillain-Barré症候群の超急性期,あるいはてんかん重積などすべての神経救急・集中治療に完全に対応するのは,多くの場合かなり困難であることが想像される。
 また,いわゆる神経救急・集中治療を専門的に行える医師の数は欧米の専門施設に比べれば本邦ではきわめて少なく,またそのような立場の専門医が所属していない施設が大部分であろう。さらに,一般の救急専門医に全ての神経救急に対する対応を求めるのは,不可能に近い。
 本書は各領域の現在のエキスパートの方々の多大な協力を得て完成した。その内容を見ると,部分的には一般の臨床神経学・脳神経学の教科書の記載をはるかに凌駕するものである。
 是非,神経救急・集中治療の患者さんに直面する施設に働く医師あるいはコメディカルスタッフの方々,ないしはそのような立場に興味をもつ方には,何時も傍らに本書を置いて参考にしていただけたらと思う。
 本版の編集・出版には国際医療福祉大学医学部神経内科学の永山正雄先生,帝京大学医学部救急医学の三宅康史先生に多大な尽力をいただいた。
 また,初版および今版で編集者のお1人として大変な御協力をいただいた北里大学神経内科濱田潤一先生が2015年急逝された。紙面を借りて,濱田先生のこれまでの本書編集に対するご協力に心から感謝申し上げる。

 2017年7月
 東海大学名誉教授
 国家公務員共済組合連合会立川病院神経内科
 篠原幸人


編集の序

 Mayo Clinic,Mayo医科大学神経学のEelco F.M.Wijdicks教授主催のNeuro-ICUおよび救急部門を私が初めて訪れたのは1998年春であった。この米国を代表する施設に直に接して感じたことは,critical care neurologyの米国神経学における台頭と,われわれの従来の臨床スタイルとの類似性であった。わが国ではその名前さえも知られていなかったこの領域を,わが国に適したスタイルで導入,体系化する必要性を強く認識し,帰国後に医学書院「medicina」誌にcritical care neurologyに関するレビューを1年間執筆したが,この連載が本書の契機,雛型となった。早速,恩師篠原幸人先生にご相談し,また当時,慶應義塾大学病院救急部講師であった神経内科医濱田潤一先生に編集をご支援いただき,全国の各領域の第一人者の先生方にご執筆いただいた。
 非常に多数の先生方にご活用いただいた本書初版は,国内外の神経救急・集中治療医学関連学会の先生方のご尽力,日本蘇生協議会による「JRC蘇生ガイドライン2010」,「JRC蘇生ガイドライン2015」策定,公表,出版とともに,近年の神経救急・集中治療医学・医療に関する関心の大きな高まりに貢献できたものと考えている。本書の最大の特徴の1つである鑑別診断に関しては,本改訂版でも詳細にご執筆いただいた。各先生方には,ご多忙の中,編者の求めに応じて,大変優れたレビューを完成させていただいたことに深く感謝申し上げたい。なお,本改訂にあたっては,帝京大学救急医学の三宅康史先生に編集に加わっていただき,さらに充実させることができた。関係各位のご協力に感謝申し上げるとともに,改訂までの期間を要してしまったことをお詫び申し上げる。初版および今版にご貢献いただいた故濱田潤一先生,故加藤元一郎先生,故山本纊子先生のご冥福をお祈りしつつ,改訂版の序としたい。

 2017年7月
 国際医療福祉大学医学部教授・神経内科学 永山正雄
目 次
第1章 critical care neurologyの現在
 1 critical care neurology・emergency neurologyの必要性
 2 critical care neurologyの現状と課題
 3 救命救急医学におけるcritical care neurology

第2章 神経救急・集中治療を要する神経症候とその管理
 1 急性意識障害
 2 遷延性意識障害
 3 頭痛
 4 めまい・平衡障害
 5 神経眼科症候
 6 筋力低下・運動麻痺・運動失調
 7 てんかん重積状態(痙攣性,非痙攣性)
 8 不随意運動
 9 精神症候
 10 頭蓋内圧亢進・脳浮腫

第3章 神経救急・集中治療を要する神経疾患とその管理
 1 脳梗塞
 2 脳出血
 3 くも膜下出血
 4 特殊な脳血管障害
 5 急性脳症
   A.肝性脳症・高アンモニア血症性脳症
   B.尿毒症性脳症
   C.糖尿病関連脳症
   D.低ナトリウム血症とSIADH
   E.肺性脳症
   F.Wernicke脳症
   G.シナプスあるいは神経細胞表面抗原に対する抗体に関連した辺縁系脳炎
   H.ミトコンドリア脳筋症
   I.血栓性血小板減少性紫斑症
   J.敗血症関連脳症
 6 低(無)酸素・虚血後脳症
 7 急性中枢神経系感染症(脳炎・髄膜炎)
 8 慢性中枢神経系感染症
 9 Guillain-Barré症候群・Fisher症候群
 10 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー
 11 重症筋無力症およびクリーゼ
 12 多発筋炎・皮膚筋炎,周期性四肢麻痺
   A.多発筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)
   B.周期性四肢麻痺
 13 悪性症候群
 14 横紋筋融解症・ミオグロビン尿症
 15 重症疾患多発ニューロパチー・ミオパチー
 16 変性疾患-Parkinson病を中心として
   A.Parkinson病
   B.多系統萎縮症(MSA)等に伴う声帯麻痺の評価と治療
   C.非アルツハイマー型変性疾患
 17 脱髄疾患
 18 傍腫瘍性神経症候群
 19 急性中毒性神経疾患
 20 暑熱環境による中枢神経障害
 21 spinal emergency
 22 医原性神経系合併症
  22-1 薬物性脳症
  22-2 進行性多巣性白質脳症と薬剤
  22-3 急性散在性脳脊髄炎と薬剤
  22-4 薬剤性パーキンソニズム
  22-5 薬剤性異常運動(ジスキネジア),舞踏運動,ジストニア,アカシジア
  22-6 Guillain-Barré(ギラン・バレー)類似症候群
  22-7 薬剤による筋症,横紋筋融解
  22-8 輸液治療に関連して発生する代謝性脳症
  22-9 付録:近年報告された神経疾患治療薬による重篤な副作用

第4章 神経救急・集中治療における合併症の管理
 1 重症神経疾患における全身管理
 2 呼吸器系合併症の管理
 3 循環器系合併症への対応
 4 敗血症・特殊感染症への対応
 5 体液および酸塩基平衡異常への対応
 6 凝固線溶系異常への対応
 7 消化器系合併症の管理

第5章 救急・重症神経症候・疾患の評価と管理
 1 神経救急・集中治療のためのモニタリング
 2 神経救急・集中治療のための画像診断
 3 神経救急・集中治療のための電気生理学的検査
 4 神経救急・集中治療のための髄液検査
 5 神経救急・集中治療のための緊急血液浄化法
 6 体温管理療法の実際
 7 stroke care unit(SCU)の体制
 8 神経救急・集中治療におけるリスクマネージメント
 9 神経救急・集中治療のための教育コース
 10 神経疾患におけるdo-not-(attempt-)resuscitate〔DN(A)R〕と脳死
   A.神経疾患とDNR
   B.神経疾患と脳死
 11 改正臓器移植法と神経救急・集中治療疾患
 12 神経救急・集中治療に必要な法律

索引