医学書院

検索
HOME雑 誌 > medicina

medicina


「いかに診るか」をコンセプトに,内科診療に不可欠な情報をプラクティカルにまとめた毎月の特集,知識のアップデートと技術のブラッシュアップに直結する連載も充実の総合臨床誌。幅広い診療に活かせる知識・技術が満載の増刊号も発行。(ISSN 0025-7699)

バックナンバー一覧(2006年以降の特集テーマ) 各号の巻頭言をお読みいただけます。

月刊,増刊号を含む年13冊
2018年 1部定価:本体2,600円+税
増刊号定価:本体7,200円+税

2018年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 36,580円
冊子+電子版/個人 41,580円
電子版/個人 36,580円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2018年11月発行 (通常号) ( Vol.55 No.12 )
定価 2,808円 (本体2,600円+税8%)
特集 内科医のための「ちょいあて」エコー POCUSのススメ
超音波装置の高性能化・小型化と普及に伴い、これまで専門医や臨床検査技師に依頼していたエコー検査は、内科医が自ら走査するpoint of care ultrasound(POCUS)という新たな展開を見せている。本特集では「ちょいあて」をコンセプトに、全身のPOCUSについてその基本を解説。「日常診療+エコー」の可能性と魅力に迫る。