生体の科学 Vol.72 No.1
2021年 02月号

ISSN 0370-9531
定価 1,760円 (本体1,600円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

特集「小脳研究の未来」によせて
狩野方伸・喜多村和郎

■Ⅰ.発生発達
ゼブラフィッシュ小脳神経回路の発生と機能
清水貴史・日比正彦

小脳出力の新フレームワークとしての小脳縦縞構築
藤田啓史

発達期小脳のシナプス刈り込み
上阪直史

■Ⅱ.シナプス・神経回路
小脳への感覚信号の伝達経路
久保怜香・橋本浩一

小脳LTD/LTP――小脳学習を支えるシナプス可塑性
掛川 渉・柚﨑通介

プルキンエ細胞興奮性の可塑性
大槻 元・山脇優輝・谷垣宏亮

小脳神経回路のシナプス特性
川口真也

■Ⅲ.システム・運動制御
大脳小脳連関と運動制御
田中康裕

小脳と時間的差分(TD)学習
大前彰吾・大前景子

小脳の縞状構造と高次機能
堤 新一郎

サッケード適応と小脳
小島奉子

■Ⅳ.病態
脊髄小脳変性症の病態生理
石川欽也

遺伝子改変疾患マウスと小脳異常
細井延武・平井宏和

自閉スペクトラム症と小脳
石田 綾

小脳を知る・守る・創るの融合から見える内部モデル仮説の先
本多武尊


●仮説と戦略
哺乳類における中枢性の老化・寿命制御機序――健康寿命の延伸と病のない余生を考える
佐藤亜希子

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。