臨床外科 Vol.76 No.2
2021年 02月号

もっと見る

 悪性腫瘍に対する薬物治療の進歩は著しく,進行再発大腸癌においては従来9か月といわれた余命が2年半を越えるに至っている.しかし,進行再発固形悪性腫瘍に対する薬物療法はあくまで延命を狙ったものであり,より高い確率での治癒をめざす補助化学療法の重要性は少しも失われていない.術後補助化学療法においては,難攻不落とされていた膵癌や胆管癌においても有効な治療法が開発される一方,胃癌,大腸癌においては,より効果の高いレジメンの追求ばかりでなく,治療効果は同等でもQOLの優れた治療開発も行われている.一方,薬物療法単独,あるいは放射線と組み合わせた術前補助療法が確立している臓器も存在する.固形悪性腫瘍の補助療法は外科医が施行することが多く,最新の補助療法に関する知識は,臨床においても,また専門医試験等においても必須となっている.本特集では,悪性腫瘍の補助療法について,外科医が実施することを念頭に,各臓器の補助療法のエキスパートの方々に解説していただいた.

ISSN 0386-9857
定価 2,970円 (本体2,700円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■総論
薬物療法の施行前検査とリスクファクター
塩澤 学

副作用対策と支持療法
上今別府大作・他

B型肝炎ウイルスの再活性化と対策
伏木邦博・他

中心静脈ポートの留置と管理
村田慎一・他

■各論
食道癌の術前補助療法
八木浩一・他

胃癌の術前補助化学療法
木村和恵・他

胃癌の術後補助化学療法
藤谷和正・他

結腸癌の術後補助化学療法:FOLFOXとCAPOX
中村真穂・他

結腸癌の術後補助化学療法:経口フッ化ピリミジン単独療法
石川敏昭

直腸癌の術前術後補助療法
財津瑛子・他

大腸癌肝転移の術前術後補助療法
金光幸秀・他

膵癌の術前補助療法
川口 桂・他

膵癌の術後補助療法
三浦文彦・他

胆道癌の術前術後補助療法
小林省吾・他

消化管GISTの術前術後補助療法
山下晃平・他

乳癌の術前術後補助療法
山田美紀・他


●病院めぐり
大阪労災病院外科
長谷川順一

●FOCUS
胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法の現状と展望
石神浩徳

●坂の上のラパ肝・胆・膵(第14回)
肝S8亜区域切除術
大目祐介・他

●臨床報告
結腸間膜に発生した仮性腸間膜囊胞の1例
須浪 毅・他

腹腔鏡下胃切除術後難治性乳糜腹水に腹腔鏡下リンパ漏閉鎖術を施行した1例
古田隆一郎・他

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。