生体の科学 Vol.70 No.3
2019年 06月号

ISSN 0370-9531
定価 1,760円 (本体1,600円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

特集「免疫チェックポイント分子による生体機能制御」によせ
宮坂 昌之
■I.免疫チェックポイント分子について
PD-1/PD-L1による免疫制御
高塚 奈津子・茶本 健司
B7ファミリーの次世代免疫チェックポイント分子
永井 重徳・東 みゆき
■II.免疫チェックポイント分子とがん
免疫チェックポイント阻害によるがん免疫療法
河上 裕
DNA損傷によるPD-L1発現制御
柴田 淳史
免疫チェックポイント分子のゲノム異常
片岡 圭亮
TIM-3/galectin-9 autocrine loopによる白血病進展機構
菊繁 吉謙・赤司 浩一
細胞間シグナルCD47-SIRPα系を標的としたがん免疫療法
村田 陽二・齊藤 泰之・的崎 尚
■III.免疫チェックポイント分子による炎症制御
PD-1/PD-L1による自己免疫制御
河野 誠司
PirB/LILRB2とgp49B/LILRB4による免疫制御
遠藤 章太・蘇 美慈・高井 俊行
セマフォリンによる関節リウマチ・ANCA関連血管炎の病態制御
西出 真之・熊ノ郷 淳



解説
軸索イメージングによって明らかにされた運動学習中に現れる脳のダイナミクス
田中 康代・田中 康裕・松崎 政紀
ライフサイエンス指向のホタル発光進化研究
 -高感度in vivo生物発光イメージング技術AkaBLI
岩野 智・牧 昌次郎・宮脇 敦史
仮説と戦略
大脳皮質の多様な機能に共通なメカニズムはあるか
-カラム回路による統一的な情報変換モデル
細谷 俊彦

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。