言語聴覚研究 Vol.18 No.2
2021年 06月号

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■総説
「言語聴覚研究」の歩み:現在までの経過と論文の動向
藤田 郁代

■原著
精神的緊張が発話速度に与える影響─精神的緊張と速度感に与える因子の検討─
佐藤 朋子,他

■症例報告
病名告知後に余生について自己決定を行うことができた孤発性Creutzfeldt-Jakob disease(CJD)の1例
常峰 かな,他

■調査報告
言語聴覚士養成課程における聴覚領域の現状と課題
氏田 直子,他

■レポート「現場最前線」
1症例を通して言語聴覚士がターミナルケアとグリーフケアで果たした役割
─自律的動機づけの視点を加えて─
西片 裕

新型コロナウイルス感染患者に対する言語聴覚療法の経験
兼岡 麻子,他

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。