総合診療 Vol.31 No.6
2021年 06月号

ISSN 2188-8051
定価 2,750円 (本体2,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • Editorial
  • 収録内容

開く

“魔法の言葉”で、High Yieldを開発せよ!

上田 剛士(洛和会丸太町病院 救急・総合診療科)

 診断に最も寄与するものは病歴です。それはさまざまな検査技術が発達した現在においても変わりません。患者は自分の病名を語るとも言われます。しかし、それを読み取るのは必ずしも容易ではありません。
 「平地はまだしも、階段での移動が苦手」という訴えだけでは、診断を絞ることは難しいでしょう。それが呼吸困難のためであれば、心疾患や肺疾患、貧血、神経筋疾患を考える必要があります。もし移動が苦手なのが疼痛のためであったり恐怖のためであれば、鑑別診断は全く異なります。
 では「階段を昇ることはできても降ることが苦手」だったらどうでしょうか? 心疾患や肺疾患では説明が困難です。つまり、これは診断を一気に詰めることができる“魔法の言葉”です。ここに腰痛や下肢痛が加われば、腰部脊柱管狭窄症という診断に辿り着くことができるでしょう。一方、「転びやすくなり、本を読むのも苦手」ということであれば、進行性核上性麻痺を疑うことになるでしょう。
 本特集では、このように確定診断に役立つ“魔法の言葉”を集めました。今まで聞き流していた患者の言葉が、もしかしたらそれだけで診断を確定する“魔法の言葉”なのかもしれません。本特集で取り上げた言葉が、「皆さまの診療スキルを劇的に向上させる魔法の言葉」になることを願っています。


志水 太郎(獨協医科大学 総合診療医学講座)

 「大切なものは目に見えない」。サンテグジュペリの名作『星の王子さま』に登場する、目に映るものだけでなく心の目、純粋な視点で現象を眺めることが大切である、という言葉です。
 遠山の目付同様、臨床ではこの「眺める」という感覚がとても大事だと思っています。全体の観察から何の情報に違和感があり、何が「尖って」いるのかを見つける能力は、総合診療における俯瞰する力の中のコアと感じます。High Yieldに気づく能力を養う方法は、それに親しみ、医学的関心を持ち、数として経験することで、そのHigh Yield軍団の総体的なテイストや病歴上の尖り具合がわかってくると思うのです。
 その意味で、本特集はとても意義深く、教育的です。一方で、本特集のような形で各症候が「切り出され」て陳列されているだけでは、起動前のN-ノーチラス号(テレビアニメ『ふしぎの海のナディア』に登場する架空の戦艦)のように、ほぼ役立たずです。
 最も重要なことは、クリニカルコンテクストであり、各症候にどのような状況で出会うだろうかというストーリーを想像・復元しながら、実際に出会う日を楽しみに、そして出会った時に展開されるアブダクションを糧に、各症候の経験値向上はもちろん、そこから派生する新しいHigh Yieldを開発するきっかけにもなれば、企画者として望外の喜びです。

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■総論
剛士と太郎のスペシャル対談
病歴聴取  その重要性や面白さを伝えたい! 
上田剛士×志水太郎

[CASE]
1 突然、指が真紫!
山本 祐

2 トイレに行くとドキドキする
𠮷川聡司

3 風が怖い
上田剛士

4 嗅覚過敏
丸山 尊

5 月経と一致する発熱・腹痛
三枝万紗

6 ヘソが毎月痛む
西村康裕

7 腋が毎月痛む
大髙由美

8 歩くと楽になる呼吸困難?
鵜木友都

9 外傷歴のないパンダの眼徴候
島 惇

10 外耳道後壁の感覚過敏
原田 拓

11 お風呂で手指にしわができない
高瀬啓至

12 横になると呼吸が楽
西信俊宏

13 蚊に刺されるととっても腫れる
三枝万紗

14 ミカン食べてないのに皮膚が黄色い
勝倉真一

15 ドライアイス・センセーション
徳田嘉仁

16 運動すると筋肉痛がすぐに出ますが続けていると楽になるんです
阿部昌文

17 動き始めに自分の意思に反して手足が動く
國友耕太郎

18 頭痛を伴う“アナフィラキシー”
水谷 肇

19 水アレルギー?
田宗麻姫子

20 アナフィラキシーが集団発生?
阿部昌文

21 身体から魚の臭いがする
池知大輔

22 大きな音でめまいがする
𠮷川聡司

23 問診中に家族に助けを求める
森川 暢

24 靴紐を結ぶと息が苦しい
加賀史尋

25 風呂に入るとしびれが増す
丸山 尊

26 熱は出るのに汗は出ない
三枝万紗

27 頸部回旋で失神
西村康裕

28 腹痛の時だけ尿が赤黒くなる
足立智英

29 爪が黄色い
森川 暢

30 外傷後の起立性頭痛
島 惇

31 入院すると頭痛が起こる
丸山 尊

32 食欲が減少しない体重減少
森川 暢

33 食事をすると失神
西村康裕

34 夜にだけ起こる視力低下
近藤 猛

35 トイレの後に片足に力が入らない
小嶌祐介

36 サーファーの遅発性アナフィラキシー
島 惇

37 若者の運動後の背部痛
加賀史尋

38 よーいドンで股関節痛
鈴木有大

39 豆は好きだけど、ご飯とお酒は大嫌い
島 惇

40 食後に様子がおかしい
小嶌祐介

41 不明熱+精巣痛
山下恵実│上田剛士

42 Parkinson病患者の黒色嘔吐で確認すべき薬剤
松本朋弘

43 ホタルイカを食べただけなのに
溝畑宏一

44 蜂に刺されて胸まで痛い
加賀史尋

45 数年来続く原因不明の咽頭違和感
島 惇

46 幸せ過ぎて死んじゃう!!
黄 世捷

47 知らないうちにポテチを食べちゃってました
越智紳一郎

48 春の憂鬱
澤近 弘

49 Parkinson病患者の繰り返す腹痛
溝畑宏一

[column]
剛士の放談
太郎の放談


●Editorial 
“魔法の言葉”で、High Yieldを開発せよ!
上田剛士、志水太郎

●患者さんには言えない!? 医者のコッソリ養生法・1
不養生の医者、養生の神に「風邪」の治し方を習う
須田万勢

●アスクレピオスの杖 想い出の診療録・14
「それでも会いたい」
矢吹 拓

●What’s your diagnosis?・22
甲状腺とビタミンA⇒ワイルドだぜ!
石田真樹、酒見英太

●『19番目のカルテ』を読んで答える! あなたの“ドクターG度”検定&深読み解説・3
“痛み”の名前  『19番目のカルテ』第3話より
山中克郎

●“コミュ力”増強!「医療文書」書きカタログ・12
かかりつけ患者の「原疾患増悪時」の紹介状
患者への“責任感”まで手堅く伝える!
天野雅之

●Dr.上田剛士のエビデンス実践レクチャー! 医学と日常の狭間で 患者さんからの素朴な質問にどう答える?・15
「つわりで匂いに敏感になる」は正しくない
上田剛士

●オール沖縄! カンファレンス Ver.2.0 レジデントの対応と指導医の考え・54
好酸球増多に“降参”しないための系統的アプローチ
滝井健人、杉田周一、徳田安春(監修)

●研修医Issy & 指導医Hiro & Dr.Sudoの とびだせフィジカル! 聴診音付・6
心臓のフィジカル Part 2
石井大太、須藤 博

●“JOY”of the World! ロールモデル百花繚乱・17
キャリアプランを立てるのを諦めた
鵜飼万実子

●臨床小説 後悔しない医者 あの日できなかった決断・15
きちんと触る医者
國松淳和

●投稿 GM Clinical Pictures
突然発症の右上下肢麻痺+頸部痛、鑑別は?
仁村明日香、窪田健児、廣瀬保夫、矢部正浩

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。