総合内科マニュアル 第2版

もっと見る

日本屈指の研修プログラムを有する亀田総合病院の秘密を大公開!多忙な総合内科ローテをする初期研修医のためのサバイバルガイドとして好評を博した「総合診療・感染症科マニュアル」が、書名も新たに復活した。今版からエビデンスグレードと推奨度を記載。世界標準の内科医を目指すなら必携の1冊。

監修 八重樫 牧人 / 佐藤 暁幸
編集 亀田総合病院
発行 2021年03月判型:三五変頁:520
ISBN 978-4-260-03658-0
定価 3,080円 (本体2,800円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

 「20%の知識で80点取る診療」.教え子の講演のキャッチフレーズですが,本書のコンセプトも同じです.経済協力開発機構(OECD)の平均だと,全医師中の総合医の割合は30%程度ですが,日本の割合は874人/32万7210人で0.26%程度です.他国の100分の1の人数で患者さんのニーズを満たせるでしょうか? 答えは「否」でしょう.総合医の重要性は認知されてきたものの,トレーニングを受けた総合医の数と割合はニーズに比較すると,圧倒的に足りません.
 総合内科という大人の幅広い医療ニーズに対応する領域のうち,大多数のコモンな問題に世界標準の質で診療ができるようにまとめたのが本書です.初版は「総合診療・感染症科マニュアル」という書名でしたが,初版を上市してから9年が経過するうちに診療科名が変更されたこともあり,今版では「総合内科マニュアル」と書名変更をしました.しかし,亀田総合病院総合内科の歴代レジデントの英知を結集した「亀マニュ!」であることは今版も変わりありません.訳本と異なり,日本で診療するうえで知っておくべき日本の特殊事情も記載しており,エビデンスに基づく診療を日本で実践するのに役立つように企画しました.
 おかげさまで第1版は,医師以外の医療従事者の方々からもコンパクトにまとまって俯瞰しやすいと好評を博しました.もちろん,このサイズで医療のすべてを網羅することは到底不可能ですので,この本にない項目については他を参考にしていただければ幸いです.また序文を書いている2021年はコロナ・パンデミックの最中ですが,新型コロナウイルスに関しては情報の変化が速すぎて最新の診療をこの本にまとめることは難しいため,これも他を参考にしてください.

 第2版はさらに読者に有益な本を目指しました.エビデンスに基づいた最良の医療が実践しやすくなるよう,治療行為にはGRADE分類に準じて,推奨の強さとエビデンスの質を記載しました(詳しくは「亀マニュ!2版の読み方」を参照).その根拠論文も,執筆して頂いた原稿の一部も,本に全部載せるのはスペースの関係上不可能でしたので,オンラインで追記するハイブリッド形式としました.
 一方,このコンセプトで原稿を書くのは非常に大変で,各章の執筆者には血のにじむような努力で執筆していただきました.本当にありがとうございます.また,全部の原稿を校正するのにも非常に時間がかかってしまい,何回もガイドラインが改訂されて原稿を修正していただくことになってしまったことをお詫びいたします.それらの努力の末,このサイズでこれだけ幅広い内容がエビデンスに基づいて,かつ読者にわかりやすい本としてお届けできることになりました.執筆者の皆様に心からの感謝を申し上げます.

 執筆者の先生以外にも,ベスト教育診療科を6年連続受賞できるほど,診療・教育を盛り上げてくれた総合内科の歴代指導医・歴代フェロー・歴代チーフレジデント・歴代後期研修医・亀田総合病院初期研修医の皆・看護師を始めとする多職種のチームの皆さん・患者さん・院内の他の診療科の先生方,長いこと根気強く支えてくれた医学書院の中さん・松本さん,仕事のパートナーの暁幸先生,私の生き甲斐であり強力なサポーターでもある妻・娘・息子,関わってくれた皆様に感謝します.本当にありがとうございました.

 この本が,少しでも皆様の診療のお役に立てば幸いです.

 2021年1月
 監修者を代表して
 八重樫牧人

開く

亀マニュ!2版の読み方

第1章 患者ケアの目標設定

第2章 病歴聴取

第3章 身体所見

第4章 屋根瓦式・チーム医療

第5章 医師指示・カルテ記載

第6章 病状説明・ACP・コード

第7章 EBM

第8章 検査判断の原則

第9章 一般外来診療の原則

第10章 救急外来の原則

第11章 在宅診療の原則

第12章 ソーシャルワークの原則

第13章 集中治療の原則

第14章 高齢者医療の原則

第15章 疼痛緩和の原則

第16章 栄養

第17章 感染症

第18章 呼吸器

第19章 循環器
 高血圧
 心不全
 不整脈総論
 不整脈各論(ACLSに加えて)
 急性冠症候群

第20章 神経
 意識障害
 脳血管障害
 発作性疾患

第21章 消化器

第22章 腎・水・電解質
 水・電解質
 腎臓

第23章 内分泌疾患(糖尿病を含む)
 糖尿病
 甲状腺疾患
 副腎疾患
 脂質異常症

第24章 血液

第25章 腫瘍

第26章 アレルギー

第27章 リウマチ・膠原病

第28章 皮膚

第29章 精神

第30章 女性の健康

第31章 男性の健康

第32章 ヘルスメンテナンス(健康増進)と予防

索引

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。