ナースのための社会学入門

もっと見る

「自己概念」や「病者役割」などの言葉をはじめ、社会学から看護学に取り入れられた概念は多い。質的研究法で有名なグランデッド・セオリーも社会学的手法の1つである。本書は社会学者である著者が、看護学生や看護師のために書いた社会学の入門書。自分たちが働く「医療」という世界をもう一度客観視する上でも極めて有用となろう。
勝又 正直
発行 1999年09月判型:A5頁:168
ISBN 978-4-260-33015-2
定価 2,640円 (本体2,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 目次

開く

1 序論 
2 人類学からみた医療 
3 西洋医学のパラダイム 
4 病人役割 
5 終末期をめぐる社会学 
6 死の社会学 
7 病院 
8 医療における人間関係 
9 患者の権利 
10 医療化と脱医療化 
11 専門家支配と医療 
12 看護におけるイデオロギー

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。