医学書院

検索
HOME雑 誌 > 助産雑誌

助産雑誌


助産師は,妊産褥婦と児のケアはもちろんのこと,いのちの授業を受ける年代の児童や学生,更年期の女性からも期待される,女性の一生に寄り添う専門職。『助産雑誌』では,臨床現場で欠くことのできない最新の知識と情報を毎月発信している。助産学生から新人,ベテランまで,幅広い年代の助産師に向けた雑誌。(ISSN 1347-8168)

月刊,年12冊
2017年 1部定価:本体1,400円+税

2017年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 14,880円
冊子+電子版/個人 17,880円
電子版/個人 14,880円

冊子版/学生割引 12,000円
冊子+電子版/学生割引 15,000円
電子版/学生割引 12,000円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2017年11月発行 (通常号) ( Vol.71 No.11 )
定価 1,512円 (本体1,400円+税8%)
特集1 ダウン症のある児をもつ親の将来の不安に寄り添う/特集2 第31回ICMトロント大会レポート
ダウン症のある子どもを育てる親には,「この子が大きくなったらどうなるのか」「自分がいなくなった後の生活は?」というような,まだ見ぬ将来への不安があります。ダウン症候群といっても症状にはさまざまな違いがあり,ひとくくりにはできませんが,出生直後の親の,知らないからこその不安を少しでも軽減できるよう,将来の見通しについてアドバイスできる知識をもち合わせておくための特集です。