循環器ジャーナル Vol.68 No.4
2020年 10月号

もっと見る

企画:清水 渉(日本医科大学循環器内科)
(ISBN978-4-260-02963-6)

ISSN 2432-3284
定価 4,400円 (本体4,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■I.心房細動に対する抗血栓療法
心房細動に対して抗凝固薬をどう選択するか?――栓塞症リスク・出血リスクから考える
小谷 英太郎

心房細動に対して抗凝固薬をどう使うか?――凝固マーカーから考える
長内 宏之

心房細動アブレーション周術期の抗凝固療法の注意点は?
小川 尚

除細動時の抗凝固療法の注意点は?
是恒 之宏

■II.虚血性心疾患・下肢動脈疾患に対する抗血栓療法
冠動脈疾患に対する抗血小板療法の注意点は?――現状とトピックス
石原 正治

心房細動合併冠動脈疾患患者の抗血栓療法の注意点は?
古島 知樹・安田 聡

下肢虚血に対する抗血小板薬の注意点は?――末梢動脈疾患に対する抗血栓療法について
飯田 修

P2Y12阻害による抗血小板薬(クロピドグレル・プラスグレル・チカグレロル)は特徴によりどう使い分けるか?
亀田 良・下浜 孝郎・阿古 潤哉

■III.深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症に対する抗血栓療法
深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症に対する抗凝固療法の注意点は?――急性期治療と維持療法
山本 剛・山田 健太

がん関連静脈血栓塞栓症に対する抗凝固療法の注意点は?
山下 侑吾・坂本 二郎

血栓溶解薬(モンテプラーゼ・ウロキナーゼ)の適応と使い方は?
山田 典一

■IV.脳卒中に対する抗血栓療法
アテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞の抗血栓療法はどうするか?
西山 康裕・木村 和美

心原性脳塞栓症に対する抗血栓療法――急性期治療と二次予防はどうするか?
本田 有子・平野 照之

潜因性脳梗塞の抗血栓治療について
高橋 潤一郎・三村 秀毅・井口 保之

■V.周術期・その他の抗血栓療法
非心臓手術周術期・観血的手技前後の抗血栓薬管理はどうするか?
日置 紘文・上妻 謙

TAVI周術期および術後の抗血栓療法は現在どうなっているか?
足立 優也・志村 徹郎・山本 真功

消化器内視鏡検査・治療周術期の抗血栓療法の注意点は?――内視鏡医の立場から
堀内 英華・炭山 和毅

補助循環デバイス中の抗血栓療法はどうするか?
中本 敬

透析患者・重症慢性腎臓病患者の抗血栓療法の注意点は?
淀川 顕司

心内(左室内・左房内)血栓に対する抗血栓療法の注意点は?
藤野 雅史


●心エコー読影ドリル 企画:泉 知里
第5回(Case 13~15)
城 好人

●臨床研究の進め方:ピットフォールに落ちないための工夫 企画:植田育子
研究アイデアを具現化し計画の骨子を考える(3)
植田 育子・香坂 俊

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。