看護研究 Vol.52 No.7
2019年 12月号

ISSN 0022-8370
定価 2,200円 (本体2,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■看護系学術分野の拡がりと今後の展望
川口 孝泰
■これからの看護研究のために 主要学協議会の取り組みから
日本看護系大学協議会の取り組み
上泉 和子
日本学術会議および日本看護系学会協議会の取り組み
小松 浩子
日本看護研究学会の取り組み
宮腰 由紀子
■看護研究の歩みと展開
疫学研究を軸にした自身の足跡からわが国の看護研究の方向性を考える
牧本 清子
現象学的研究における「根幹」と未来
西村 ユミ
現象学的看護研究の導入と新たな展開
村上 優子,西村 ユミ
■対談
看護研究の展開への期待と展望
真田 弘美,川口 孝泰



■特別記事
[特集関連]共著者ネットワークを用いた看護研究の動向分析
今井 哲郎,川口 孝泰



集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・9
教育・研究の20年間を振り返る
水野 恵理子

タグキーワード

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • http://www.igs-kankan.com/