医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

リハビリテーション医療の評価

QOLを高める科学性の追究

原書編集:Marcus J. Fuhrer 
訳:加倉井 周一/清水 和彦

  • 判型 B5
  • 頁 224
  • 発行 2003年02月
  • 定価 4,400円 (本体4,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-24411-4
リハビリテーションの有用性と社会的効用を徹底検証
本書は,リハビリテーション医療を科学的にするための手法,とりわけ帰結研究の重要性を強調し,リハビリテーションの有用性と社会的効用についてWHOの障害モデルに準拠しながら徹底した検証を試みている。医療社会学,医療経済学,統計学など多岐にわたる内容を,NIHに設けられた委員会のメンバーが分担執筆。19章からなる原書のうち,わが国の現状分析に役立つ12の章をピックアップして翻訳。
目 次
第1章 リハビリテーション医学における帰結研究
    -過去の基盤と未来への方向性
第2章 特有な方法論的挑戦
第3章 価値観の視点とマネジドケアの挑戦
第4章 障害モデルの詳細
第5章 能力障害の測定
第6章 リハビリテーションにおける社会的不利の概念と研究
第7章 QOLの測定
第8章 リハビリテーションにおける健康状態の評価
第9章 社会経済的アプローチの評価
第10章 臨床研究のデザインと解釈
第11章 治療理論の役割
第12章 リハビリテーション介入の特徴
第13章 あとがきと注釈
索引