身体的変化とケア

もっと見る

老人看護の科学と実践に不可欠な基礎知識を述べた第1巻に続き、この第2巻では、加齢という現象に関するこれまでのさまざまな生物学的理論、細胞や器官のレベルで見た加齢現象、および加齢に伴って生じてくる正常な変化と病理学的な変化が解説され、またそれらに対する看護過程(アセスメント、診断、実施、および評価)が述べられる。
メアリー A. マテソン / エレアノール S. マコーネル
石塚 百合子 / 黒江 ゆり子 / 武川 清美 / 森田 夏実 / 安村 誠司
発行 1993年05月判型:B5頁:228
ISBN 978-4-260-36122-4
定価 4,730円 (本体4,300円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 目次

開く

1 加齢に関する生物学的理論
2 外皮系の変化
3 筋骨格系の変化
4 心血管系の変化
5 呼吸器系の変化
6 神経系の変化
7 消化器系の変化
8 泌尿生殖器系の変化
9 内分泌系の変化
10 感覚器の変化

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。