精神科仕事術
この科で働くことを決めた人が,やったほうがいいこと,やらないほうがいいこと

もっと見る

精神科病棟は“精神”というつかみどころのないものを対象にケアをするため、手技に頼れず、初めて足を踏み入れる人はとまどうことが多いものです。志半ばで離職する人が出ないよう、著者が「ここが精神科独自のケア技術、看護業務だ」と思う部分をノートに書き留め、まとめたのがこの本であり、唯一無二の内容です。
入職間もない時期から慣れた頃まで、期間別に「やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと」をその理由とともに解説しています。
これから入職を考えている人、精神科実習を控えた学生さん、学校の先生、精神科に興味を持つすべての人のための仕事術マニュアルです。

山下 隆之
発行 2021年12月判型:A5頁:176
ISBN 978-4-260-04870-5
定価 2,200円 (本体2,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

はじめに

 初めての精神科、そこで働くと決めた時は、何らかの夢や希望を抱き、勇気を持って一歩踏み出されたことと思います。しかし、精神科病棟は“精神”というつかみどころのないものを対象にしています。初めて足を踏み入れる人にとっては、どうなっているのか、何をしたらいいのか想像がつかない未知の世界だと思います。
 私はこれまで、精神科病棟で働き始めた人が途中で道に迷ったり疲れ果てたりして、志半ばで去っていくのを数多く見てきました。その後ろ姿を見送りながら、どのようにサポートすればよかったのだろうと振り返った時、私にはまだやれることがあるような気がしました。
 精神科には他科とは違う独自のケア技術、看護業務のやり方があり、他科にはない看護の観点が必要な場面があります。これらを新しく来た人にあらかじめ伝えてあげることができれば、もっとスムーズにこの科に慣れ、精神科看護の素晴らしさ、楽しさにまでたどり着いてもらえるのではないか。そう思ったのです。
 そこから私は、「ああ、ここは新人さんにはとまどうポイントだな」と感じることがあるたびに、それをノートに書き留めていくようにしました。それをまとめたものがこの本です。
 もちろん私自身も、すべてをわかっているわけではなく、今でも道に迷い、毎日揺れ動きながら進んでいるのですが、このノートが未知の領域へ踏み込む人にとっての松たい明まつの灯りくらいにはなるかもしれない。そう思って、自分への叱咤も含めてこれを読者の皆さんに伝え、分かち合いたいと思いました。

 ここでこの本の構造についてちょっと紹介します。
 本書は、精神科に「入職」してすぐの何も知らない時期から、ある程度慣れを感じるようになった時期まで、その折々に、何を「やったほうがいいのか、やらないほうがいいのか」を、その理由と共に記しています。
 この、本書のサブタイトルにもなっている「やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと」ですが、ここには「あくまで山下の経験上は、こうしたほうがよいと思いますよ」という意味を込めました(もしこれが「やらなければいけないこと、やってはいけないこと」だったら私は書けなかったと思います)。

 Chapter2の見出しは、次のように色分けして区別しました。
 赤色――「働く上での職業人としての考え方・心持ち」に関するもの。
 青色――「患者さんや家族へのケア技術」に関するもの。
 緑色――「看護業務のコツ」に関するもの。
 実際にはすべてが重なっているので明確には分けられませんが、そのように分けたほうがわかりやすいと思いましたので、そういう形に工夫しています。
 また、内容を読んで了解できたら、見出し右にある□(チェックボックス)にチェックを付けられるようにしました。それを振り返れば、自分の理解と進捗具合が確認できますし、チェックが付かずもっと理解したい項目については、信頼できる同僚や先輩に話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 この本があなたにとってなんらかの指針となり、役立つならば、著者としてこんなに嬉しいことはありません。あなたの仕事のやりがいと喜びが、この科で見つかりますように。それではいってみましょう。

開く

はじめに

Chapter1 あると助かる予備知識
 業務の種類
 個人情報の扱い方
 法律
 申し送り
 医師への電話での問い合わせ・報告
 緊急時

Chapter2 期間別ナビゲーション
 最初の1週間 精神科で働くことを決めたあなたへ
 2週間目 まだ緊張の中にいるあなたへ
 3週間目 まだとまどいながら働いているあなたへ
 1か月目 日勤業務の流れがなんとなくつかめてきたあなたへ
 2か月目 周りの状況がさらに見えてきたあなたへ
 3か月目 仕事に慣れを感じ始めたあなたへ
 4か月目 精神科をもっと学びたくなってきたあなたへ
 5か月目 相手の身になって考えられるあなたへ
 6か月目 夜勤や入院患者さんへの対応が始まったあなたへ
 7か月目 セルフケアの課題に取り組むあなたへ
 8か月目 迷いが増えてきたあなたへ
 9か月目 「待つ」というケアに挑戦するあなたへ
 10か月目 言葉のスキルを上げていきたいあなたへ
 11か月目 退院後を視野に入れて患者さん・家族を支えていくあなたへ
 12か月目 組織・スタッフへの違和感を乗り越えていきたいあなたへ
 1年が経って 頑張って1年間続けてきたあなたへ

Chapter3 知っておきたいこと 考えておきたいこと
 もし「辞めたい」と思ったら
 私たちの仕事に関連する法律を理解しよう
 身体合併症に気をつけよう
 薬に関して
 暴力について考えておく必要があります
 見捨てられることに根深い恐怖を持っている患者さんへの対応
 自殺予防という重要な精神科看護について
 感染症の世界的蔓延という、特殊な危機時の自分のあり方について

おわりに

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。