• HOME
  • 書籍
  • これで解決!みんなの臨床研究・論文作成 


これで解決!みんなの臨床研究・論文作成

もっと見る

「リサーチクエスチョンの立て方は?」「プロトコールには何を書くの?」「論文はどう書くの?」「英語が苦手でも大丈夫?」「査読者は何をみているの?」など、臨床研究・論文作成にまつわる数々の疑問が解決。Original Article 40本、論文査読100本以上! 臨床で研究・論文作成を続ける著者がまとめた至極の手引書。

辻本 哲郎
発行 2021年10月判型:A5頁:196
ISBN 978-4-260-04778-4
定価 3,960円 (本体3,600円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

はじめに

 臨床研究が必要なことは日本でも理解されつつありますが,実際に臨床研究ができるか,論文が書けるか,と聞かれて「はい」と返答できる医療者は少ないのではないでしょうか。臨床現場で働く医療者の中で,私はFirst Authorとして書いた論文数が50本近いので比較的多いほうだと思います。そして今では,数多くのジャーナルのReviewerも務めています。もちろん研究によっては何年もかかるものもあり,論文の数が多いほうが優れているというつもりは全くありません。しかし,ある程度研究をして論文を書き,そしてReviewerとして研究を評価している経験から,臨床研究の始め方や論文作成の点でお役に立てることがあるように思います。
 私が最初から難なく研究したり論文を書いたりすることができたかというと,そうではありません。研究をどう始めたらいいか,論文はどこに何を書けばいいか,TableとFigureをどう作成するか,英語や統計解析はどうすればいいかなど,わからなかったことを挙げればきりがありません。とにかく本当に何もできませんでした。最初は試行錯誤の連続で,かなり苦労しました。日本で臨床をやりながら臨床研究をすること自体かなり大変ですし,うまく効率よく作業しないと挫折します。実際にうまくいっていない人や場面もたくさん見てきました。
 日本でも研究をして論文を書いたことがある人はそれなりにいますが,大学院にいるときや海外に留学しているときにだけ多くのサポートを受けて研究し,論文を書いたという人が圧倒的に多いように思います。指導する立場になっても,結局指導することができない人も多く,環境に恵まれた一部の医療者だけが臨床研究をすることができ,論文を書けるという状況が続いています。さらに,そもそも研究の仕方や論文の書き方を知らない方が非常に多いように思います。私もそうでしたが,大学や臨床の現場で教えられる機会はほとんどありません。どうしても臨床研究や論文作成は遠い存在になりがちです。
 そのような背景の中で,臨床現場で働くすべての医療者に向けて臨床研究や論文作成のための本を書く機会をいただきました。類書は多数ありますが,臨床研究とはどういうものかという漠然とした内容や研究姿勢,概念などはわかっても,研究をするためには何が必要なのか,論文を書くためには実際にどうすればいいのか,投稿やその後の改訂作業はどうすればいいのかなど,具体的に記載した本はあまりないように思います。そこで,自分の経験を生かし,多忙な日々を送っている医療者が臨床研究を行い,論文を作成するうえで有用なものになるよう本書を作成しました。全く何もできなかったからこそ皆様にお伝えできる内容があると思います。はじめて研究をして論文作成に取り組んだ当時の自分を意識し,可能なかぎりわかりやすく,具体的な記述を心がけました。臨床研究や論文作成のハードルが下がり,日本から世界に向けて多くの研究が発信されることを期待しています。本書が皆様の臨床研究・論文作成の一助になれば幸いです。

 2021年8月
 辻本哲郎

開く

はじめに

第1章 臨床研究をしよう
 1 臨床研究はなぜ必要なのか?
 2 臨床研究の流れ
 3 まずは観察研究から始めよう
 4 観察研究にはどんな研究があるか?
 5 リサーチクエスチョンを考える
 6 徹底的な論文検索と研究の具体化
 7 誰と研究するか?
 8 統計解析に対する恐怖を克服しよう
 9 対象と収集する項目
 10 プロトコールの作成と倫理審査委員会での承認
 11 データを入力,解析する
 12 学会発表へ

第2章 論文を作成しよう
 1 英語ができないと英語論文は書けないのか?
 2 どのジャーナルに投稿する?
 3 論文を投稿する際に必要な提出物
 4 毎日少しでも論文作成に向き合おう
 5 Reviewerの視点をあらかじめ知っておく
 6 どこから書き始める?
 7 Resultsを作成しよう――その1
 8 Resultsを作成しよう――その2
 9 Methodsを作成しよう
 10 Discussionを作成しよう
 11 Introductionを作成しよう
 12 Abstractを作成しよう
 13 Referencesを作成しよう
 14 Acknowledgementとその他の部分を作成しよう
 15 Title Pageを作成しよう
 16 Cover Letterを作成しよう
 17 英文校正,最終チェックをしよう

第3章 論文を投稿しよう
 1 投稿からが戦いの始まり
 2 投稿後の流れ
 3 リジェクトされても気落ちせずに
 4 リビジョンをものにしろ
 5 アクセプトとその後

おわりに
索引

コラム
 1 「エビデンスがない」の落とし穴
 2 研究を始めるきっかけ
 3 はじめての研究は特別なもの
 4 研究代表者,研究分担者,研究協力者
 5 Original ArticleとLetterの違い
 6 交絡因子とは
 7 従属変数と独立変数
 8 データベースの有用性
 9 P値はいる? いらない?
 10 剽窃(plagiarism)について
 11 ハゲタカジャーナルに注意せよ
 12 みんな大好きインパクトファクター
 13 知っておいてほしい小技①
 14 知っておいてほしい小技②
 15 研究できる人,論文を書ける人の特徴
 16 無理しすぎにご用心
 17 そうだ! 社会人大学院に行こう
 18 STROBEって何?
 19 研究費の獲得
 20 製薬企業が関与した論文
 21 なかなか返事が返ってこない
 22 クラリネットをこわしちゃった
 23 最速のリジェクト
 24 継続の秘訣は満足しないこと?

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。