• HOME
  • 書籍
  • 内科医の私と患者さんの物語 


内科医の私と患者さんの物語
血液診療のサイエンスとアート

もっと見る

医者は日々多くの生身の患者さんに出会うが、それは「医者」対「患者」としてだけでなく、「一人の人間」対「一人の人間」としても出会うのである。本書は血液内科医である著者の40年以上にわたる臨床経験を、サイエンスとアート両者の視点からまとめたもの。医療者は、患者さんとの物語に学ぶことで、医療者として、一人の人間として生きていく力が与えられる。あなたにもきっと「あなたを支える患者さんとの物語」がある。

岡田 定
発行 2021年03月判型:A5頁:168
ISBN 978-4-260-04348-9
定価 2,750円 (本体2,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

はじめに

 手に取っていただいて,ありがとうございます。
 本書は,「内科医の私と患者さんの物語――血液診療のサイエンスとアート」と題する患者さんの物語集です。
 医者になって約40年が経ちました。多くの患者さんにお会いしました。30数年間,血液内科の診療に携わり,多くの患者さんの生死に関わりました。最近の4年間は,宿泊人間ドックの濃密な診療も経験しました。
 日々の診療は,いくつもの小さな出来事からできています。診療現場には,光り輝く水滴のような出来事が散りばめられています。
 「患者さんの物語」とは,その光り輝く水滴の出来事を集めたものです。出来事を集めただけではなく,それぞれの出来事に対して,自分なりの「意味づけ」をしたものです。10年,20年という長い時間のフィルターをかけて物語を見直すと,それぞれの物語が特有の色を放っています。
 物語は,近くで見ると「水滴」からできていますが,遠くから見ると「虹」のように見えます。虹のように,七色(赤,橙,黄,緑,青,藍,紫)に輝いています。赤色に見えるのは「感慨深い物語」,橙色は「忘れられない物語」,黄色は「トリッキーな物語」,緑色は「リビングウィルの物語」,青色は「生活習慣病の物語」,藍色は「奇跡的な物語」,紫色は「本当にあった超科学的な物語」というわけです。
 本書を今,読んでくださっているあなたも,ここに登場するような物語を,おそらく経験されているのではないでしょうか。
 大空にかかる虹を見たときは誰もが心ときめきます。でも虹はごく短時間しか現れません。きちんと心の中にとどめておかないとすぐに消えてしまいます。日々の忙しさにかまけていると,かつて見た美しい虹を忘れてしまいます。
 本書を通して,あなたにもかつて見た虹のような物語を想い出していただきたいのです。
 病歴,身体所見,検査所見による診断や治療をまとめた医学書は,山のようにあります。筆者もそのような医学書を数多く出版してきました。でも,「患者さんの物語」のような医学書は初めてです。
 医者は医療行為を通じて,多くの症例を経験するだけでなく,多くの生身の患者さんに出会います。「医者」対「患者」として出会うだけでなく,「一人の人間」対「一人の人間」としても出会います。医学に精通するだけでは,血の通った医療を行うことはできません。一人の人間としての「人間力」も問われます。
 医療は科学的根拠のあるサイエンスが基本になります。でも,血の通った医療を行うには,サイエンスだけでは不十分なのです。アートも必要です。アートとは,「科学を患者にどう適用するかというタッチの技」(日野原重明)です。

 The practice of medicine is an art, based on science.
 (医療はサイエンスに基づいたアートである)
 ウイリアム・オスラー

 医療者であり続けるには,自分を支える専門的な知識や技能が必要です。不断のブラッシュアップが求められます。しかし,医療者である私たちを心の底から支えてくれるのは,単なる知識や技能ではないはずです。
 「医療者である私たちを心の底から支えてくれるもの」とは何でしょうか。
 それは,「患者さんとの人間的な交流によって,感動し,発見した」という経験ではないでしょうか。「唯一無二の患者さんの物語に巻き込まれ,一人の人間として心揺さぶられた」経験だと思います。
 「患者さんの物語」とは,「患者さんから学んだ自分の物語」でもあります。物語に学ぶことで,医療者として,また一人の人間として生きていく力が与えられます。

 Medicine should begin with the patient, continue with the patient, and end with the patient.
 (医学は患者と共に始まり,患者と共にあり,患者と共に終わる)
 ウイリアム・オスラー

 「患者さんの物語」は27編あります。前述のように七色に分類しています。まず,物語を紹介し,次に,サイエンスの視点とアートの視点で考察しています。
 「私の物語」(コラム)は11編あります。ほとんどは医療者である私の失敗の物語です。語るのに恥ずかしい物語ばかりですが,失敗からは学ぶこと大です。
 最後に,本書に登場いただいた患者さんやご家族,長年お世話になった聖路加国際病院の関係者の皆様,医学書院の安藤恵さんと杉林秀輝さんに,この場をお借りして深甚の感謝を申し上げます。

 2021年1月
 前・聖路加国際病院人間ドック科・血液内科
 西崎クリニック
 岡田 定

開く

はじめに

I 赤の章 感慨深い患者さんの物語
 1.アウエル小体
 2.ピロリ菌の除菌
 3.“Paraneoplastic love”
  コラム 私の物語1 年末の化学療法
 4.血管内リンパ腫
  コラム 私の物語2 消化管出血

II 橙の章 忘れられない患者さんの物語
 5.模擬結婚式
 6.「行ってらっしゃい」
 7.セデーション
 8.自然の摂理
 9.一枚の写真
  コラム 私の物語3 人の縁

III 黄の章 トリッキーな患者さんの物語
 10.高カリウム血症
  コラム 私の物語4 「まあ,大丈夫だと思いますよ」
 11.潜在性鉄欠乏症
 12.汎血球減少症
 13.貧血の改善

IV 緑の章 リビングウィルと患者さんの物語
 14.リビングウィル
  コラム 私の物語5 「どうして話をしてくれなかったんですか?」
 15.糸ミミズの這った字
 16.「私のリビングウィル」
  コラム 私の物語6 熱烈な女性ファン
 17.シニアドック
 18.大往生
  コラム 私の物語7 突然死

V 青の章 生活習慣病の患者さんの物語
 19.「孫わやさしい」
 20.禁煙指導
  コラム 私の物語8 「先生はそれでも医者ですか」
 21.三回忌
  コラム 私の物語9 睡眠

VI 藍の章 奇跡的な患者さんの物語
 22.奇跡の薬
 23.首がない
  コラム 私の物語10 初めての学会発表
 24.百寿者
 25.笑顔
  コラム 私の物語11 笑顔の反射

終章 紫の章 本当にあった超科学的な患者さんの物語
 26.超能力
 27.「至福です」

あとがき
索引

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。