疾病のなりたちと回復の促進[1]
病理学 第6版

もっと見る

・第1部「病理学総論」は、臨床で必要となる基本的な病理学の用語をわかりやすく記載し、病気のなりたちや基本的な概念について、図を見ながら順を追って学べるようになっています。
・炎症や老化についての記述を充実させ、遺伝性疾患や腫瘍について最新の知見を盛り込みました。
・新しく「第10章 生活習慣と環境因子による生体の障害」を設け、生活習慣病や中毒、放射線の人体への影響などについて、収載しました。
・第2部「病理学各論」では、解剖生理学を復習しながら、各器官の主要な疾患について学べるようになっています。
・病理写真(肉眼所見を中心に98点)やメディカルイラストをふんだんに取り上げ、疾患のなりたちと実際の臓器の変化がひと目で分かるように工夫しました。

*「系統看護学講座/系看」は株式会社医学書院の登録商標です。

シリーズ 系統看護学講座-専門基礎分野
大橋 健一
発行 2021年01月判型:B5頁:376
ISBN 978-4-260-04203-1
定価 2,640円 (本体2,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

はしがき

病理学の位置づけ
 医学は大きく分けて,臨床医学・基礎医学・社会医学から構成されています。臨床医学は,内科学・外科学・小児科学のように病院の診療科に相当する分野の学問です。基礎医学は,解剖学・生理学・生化学などのように,人間の正常構造・機能などを研究する学問で,臨床医学を学ぶ前提として理解する必要があるものです。社会医学は,公衆衛生学・法医学のように,社会との結びつきが強い学問です。
 本書で学ぶ病理学は,基礎医学を構成する学問の1つとされています。文字通り人間の“病気の理(ことわり)”を考える学問,つまり病気の原因,病気の発症・進展の過程,患者に対する影響などを明らかにする学問です。解剖学・生理学・生化学・微生物学など,ほかの基礎医学の知識を土台としつつ,臨床医学を理解するために欠くことのできない学問であることから,病理学は基礎医学と臨床医学を橋渡しするような学問,中間的な学問と位置づけることもできます。
 将来,看護師として働いていくためには多くの病気についての知識を身につける必要がありますが,ただ知識を丸暗記するのではなかなか頭には入りません。病理学を学び,それぞれの病気について本質から理解していくことが重要です。現代において,医師・看護師などが行う医療行為は,個人的な考えや習慣,経験に基づいて行うのではなく,科学的な根拠に基づいて行うことが求められています。病理学はまさに臨床医学に科学的根拠を与える重要な土台となっています。

病理学のなりたち
 病理学は一般的に総論とよばれる部分と各論とよばれる部分から構成されます。総論とは,炎症・循環障害・腫瘍など,臓器の違いをこえて共通にみられる病気について,原因や病気のなりたちなどを中心にまとめたものです。一方,各論とは,各々の器官に生じる病気ごとに,原因や病気のなりたちなどの特徴を理解していくものです。
 たとえば,総論の腫瘍の章では,腫瘍(あるいはがん)とはどのようなものか,正常の細胞・組織との違い,がんの発生原因,がんの進行過程で生じるさまざまな現象,身体への影響を理解し,診断方法・治療に関する基本的な考え方を学びます。一方各論では,同じがんでも,たとえば胃と肺では生じるがんには違いがあるため,それぞれの臓器に生じるがんの種類,それぞれの発生原因や進行過程,各腫瘍に応じた診断・治療について学んでいきます。
 このように,病理学はさまざまな病気について,総論と各論といった2つの方向からながめて,全体像を理解していく構成になっているのです。

本書の特徴と病理学の学び方
 本書では第1部が病理学総論,第2部は病理学各論となっています。さらに付章として,病院における病理検査について,看護師が知っておくべき最低限の知識をまとめてあります。
 今改訂においては,総論部分の章立てと配列を見直すとともに,遺伝性疾患や腫瘍,老化などについて最新の知見を加筆し,また,生活習慣と環境因子による生体の障害についての章を,新たに設けました。より順序だてて病理学を学べる展開になったのではないかと考えています。
 病理学を勉強していくなかで,さまざまな病理学の専門用語が出てきます。とくに総論部分ではそれらを1つ1つ理解して覚えていくことが,今後さまざまな病気やその看護を学んでいくうえで重要となります。本書ではこのような医学的な専門用語について,平易なことばを使って解説し,難解な用語については脚注で補足することにより,正しい知識が習得できるようになっています。各論に出てくるさまざまな病気においては,肉眼・組織の写真と,病態を表現したイラストをふんだんに取り入れ,実際の病変を見ながら病気のしくみが理解できるよう,工夫してあります。興味を持って学習を進められるよう,近年話題となっている病気や治療についても,コラムなどで積極的に取り上げました。
 本書が,さまざまな病気とその病態を理解するのに役だつことを期待しています。

 2020年11月
 著者ら

開く

第1部 病理学総論
 第1章 病理学で学ぶこと
  A 看護と病理学
  B 病気の原因
  C 病気の分類と病理学の学び方
 第2章 細胞・組織の損傷と修復,炎症
  A 細胞・組織の損傷と適応
  B 細胞・組織の損傷に対する反応としての炎症
  C 炎症の分類と治療
 第3章 免疫,移植と再生医療
  A 免疫と免疫不全
  B アレルギーと自己免疫疾患
  C 移植と再生医療
 第4章 感染症
  A 感染の成立と感染症の発病
  B おもな感染症
  C 感染症の治療・予防
 第5章 循環障害
  A 循環系の概要
  B 浮腫(水腫)
  C 充血とうっ血
  D 出血と止血
  E 血栓症
  F 塞栓症
  G 虚血と梗塞
  H 側副循環による障害
  I 高血圧症
  J 播種性血管内凝固症候群(DIC)
  K ショックと臓器不全
 第6章 代謝障害
  A 脂質代謝障害
  B タンパク質代謝障害
  C 糖質代謝異常
  D そのほかの代謝障害
 第7章 老化と死
  A 個体の老化と老年症候群
  B 老化のメカニズムと細胞・組織・臓器の変化
  C 個体の死と終末期医療
 第8章 先天異常と遺伝性疾患
  A 遺伝の生物学
  B 先天異常
  C 遺伝子の異常と疾患
  D 先天異常・遺伝性疾患の診断と治療
 第9章 腫瘍
  A 腫瘍の定義と分類
  B 悪性腫瘍の広がりと影響
  C 腫瘍発生の病理
  D 腫瘍の診断と治療
 第10章 生活習慣と環境因子による生体の障害
  A 生活習慣による生体の障害
  B 放射線による生体の障害
  C 中毒

第2部 病理学各論
 第11章 循環器系の疾患
  A 血管の疾患
  B 心臓の疾患
 第12章 血液・造血器系の疾患
  A 骨髄および血液の疾患
  B リンパ系および脾臓の疾患
 第13章 呼吸器系の疾患
  A 鼻腔・咽頭・喉頭の疾患
  B 気管・気管支・肺の疾患
  C 胸膜と縦隔の疾患
 第14章 消化器系の疾患
  A 口腔・食道の疾患
  B 胃の疾患
  C 腸・腹膜の疾患
  D 肝臓・胆管・胆囊の疾患
  E 膵臓の疾患
 第15章 腎・泌尿器,生殖器系および乳腺の疾患
  A 腎・泌尿器系の疾患
  B 生殖器系の疾患
  C 乳腺の疾患
 第16章 内分泌系の疾患
  A ホルモンとホメオスタシス
  B 内分泌器官の疾患
 第17章 脳・神経・筋肉系の疾患
  A 脳・神経系の疾患
  B 筋肉系の疾患
 第18章 骨・関節系の疾患
 第19章 眼・耳・皮膚の疾患
  A 眼・耳の疾患
  B 皮膚の疾患
 付章 病理診断の実際

索引

タグキーワード

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。