医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2019年09月号

保健師ジャーナル

2019年09月号 (通常号) ( Vol.75 No.9)
特集 若年性認知症者と家族の理解と支援

若年性認知症には,家庭内の経済的な問題や家族関係の再構築,多重介護,相談・支援体制の未整備など,高齢者の認知症とは異なる課題がある。改正社会福祉法では包括的支援体制の構築を市町村の努力義務としているが,これらの課題を抱える若年性認知症者とその家族に対する支援が十分に進んでいるとは言えない。本特集では,疫学調査や先進的な取り組みからその現状を紹介し,支援や共生の糸口を探る。

■若年性認知症の人および家族の現状と支援の課題
小長谷 陽子
■若年性認知症支援コーディネーターによる相談支援の実際
アセスメント,就労支援,家族支援をワンストップで
駒井 由起子
■若年性認知症者の居場所づくりと地域づくり
若年認知症サポートセンターきずなやの活動
若野 達也
■若年性認知症に関する世田谷区の取り組み
認知症当事者のニーズに応える
「認知症当事者のための社会参加型プログラム開発事業」
坂本 カノ子,高橋 裕子
■横浜市における若年性認知症支援の現状と課題
保健師に必要な視点とは
朝倉 崇


■PHOTO、Pick Up
オール周防大島で取り組む 「ちょび塩(減塩)」活動
行田 美穂
■活動報告
住民の健康づくりのモチベーションを高め,主体性を引き出す健康教育の手法
 7つの議題で行うグループ・ディスカッション「Kurimoriメソッド」
栗盛 須雅子,久保田 由紀,田渕 智之,冨田 敦也
須能 恵子,小澤 敦子,大田 仁史


●公衆衛生看護学の体系を事例で学ぶ・6
感染症分野の事例から
 保育園での感染性胃腸炎の集団発生
鈴木 由里子,岸 恵美子,赤星 琴美,安齋 由貴子
池戸 啓子,佐川 きよみ,吉岡 京子
●統括保健師の日々・36
山形県鶴岡市の場合(1)
 保健師間の話し合いから始まった統括保健師の配置
小林 まゆみ
●数式不要!はめ込み統計学 保健師のための統計これだけ・9
傾向性の検定
 コクラン・アーミテージ検定
加藤 丈夫
●見たい統計 自在に分析! 保健医療計画データウェアハウス・17(最終回)
異なるデータ間のレコードリンケージによる分析
岡本 悦司
●ニュースウォーク・256
秋刀魚,さんまエレジー 国際漁獲枠合意も資源回復遠く
白井 正夫

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)