医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


イラストでまなぶ解剖学


(第3版)

著:松村 讓兒

  • 判型 B5
  • 頁 296
  • 発行 2017年10月
  • 定価 2,808円 (本体2,600円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03252-0
解剖学入門書の最新版。イラストのフルカラー化でさらにわかりやすく!
看護学生・看護職のみならず、医学生・コメディカルにも評判の高い解剖学の入門書。「イラストでまなぶ」シリーズの1冊で、第3版ではイラストのフルカラー化によってさらに理解しやすくなった。また、本文は文字の大きさで3つのランクに分かれ、重要度が鮮明になっている。押さえておきたい解剖学の基本的事項を網羅的かつわかりやすく解説した、必携の1冊!
序 文
第3版の序

 多くの医療従事者にとって,学生時代の解剖学は「興味はあったがよくわからなかった」「暴力的な記憶を強いられた」という思い出に重なるらしい.一方,現役の医療系学生にとっては「将来は重要なのだろうが現時点では苦痛でしかない教科」というのが正直な感想かもしれない.最近では,...
第3版の序

 多くの医療従事者にとって,学生時代の解剖学は「興味はあったがよくわからなかった」「暴力的な記憶を強いられた」という思い出に重なるらしい.一方,現役の医療系学生にとっては「将来は重要なのだろうが現時点では苦痛でしかない教科」というのが正直な感想かもしれない.最近では,そんな暗いイメージを払拭するかのように,美しい図を配した解剖学関連の書籍が書店の棚に数多く並んでいる.
 解剖学がネクラの代名詞とされていた20世紀末の1999年,本書は「世界一シンプルな解剖学書」を目指して上梓された.当時の本書執筆のコンセプトは「誰でも描ける単純な模式図」と「最低限の知識を含むテキスト」であり,書き込みながら使える「サブノート」が主眼であった.もちろん,昨今の美しいCGや写真を満載したゴージャスな書籍には及ぶべくもないが,最低限「解剖嫌い」を増やさないようにしたいとの願いを込め,田中越郎先生の名著『イラストでまなぶ生理学』をまねて『イラストでまなぶ解剖学』というタイトルにした.
 あれから18年,第3版の出版にあたって模式図に彩色が施されることとなった.著者自身が描きなぐった稚拙な模式図も,カラー版になって何となく「イラスト」らしくなり,タイトルに見合うレベルに少しだけ近づけたかもしれない.一方で,テキスト本文はできる限り増加を抑えることにした.説明不足の箇所は多々あるが,これを解消しようとするとどうしても増ページが避けられない.意を決して不足のまま残し,初版からの増ページを最低限に抑えることで「暴力的な記憶を強いられる」印象をもたれないようにした.欲を言えばもっと本文を減らしたかったが,本文がなくなると単なる落書き帳になってしまうのでこれは回避することにした.
 本書の改訂には,本書を手に取ってお読みいただいた方をはじめ,解剖学の専門家や医療に無関係の方を含む多くの皆様からのご教示を盛り込ませていただいた.数が多くすべてのお名前をあげると増ページが避けられないので割愛するが,この場をお借りしてこっそりと御礼申し上げる.
 最後になったが,何といっても今回の改訂は,医学書院看護出版部の大石橋拓也氏のお力添えによるところが大きい.ともすれば怠けがちな著者の側坐核を刺激して「やる気スイッチ」をオンにして頂いたことに改めて感謝の意を表したい.

 2017年白秋
 松村讓兒
目 次
第3版の序
第2版の序
初版の序

第1章 基本的なこと
 Coffee Break 「癌」と「がん」
第2章 骨と筋
 Coffee Break 骨は何のためにあるのか
第3章 上肢のはなし
 Coffee Break 橈骨と尺骨
第4章 下肢のはなし
 Coffee Break アキレス腱
第5章 背中の骨と筋
 Coffee Break アトラス
第6章 頭の骨と筋
 Coffee Break お人形さんは頭痛もち?
第7章 胸郭と呼吸器
 Coffee Break アダムのリンゴ
第8章 心臓について
 Coffee Break 心マッサージ
第9章 動脈系のはなし
 Coffee Break 医術のシンボル
第10章 静脈とリンパ管
 Coffee Break メドゥサの頭をめぐって
第11章 消化器系:食道まで
 Coffee Break ホルモンと内臓
第12章 腹部消化管と腹腔
 Coffee Break 漢字検定?
第13章 お腹のなか
 Coffee Break ランゲルハンス島
第14章 骨盤部
 Coffee Break 帝王切開と安産
第15章 内分泌器
 Coffee Break 解剖実習の歴史
第16章 中枢神経系
 Coffee Break クモ膜
第17章 伝導路と末梢神経
 Coffee Break ワニの目に涙
第18章 感覚器
 Coffee Break ベラドンナのはなし

さくいん