医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

医学生・研修医のための画像診断リファレンス


著:山下 康行

  • 判型 B5
  • 頁 304
  • 発行 2018年03月
  • 定価 4,536円 (本体4,200円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02880-6
重要所見はシェーマでわかりやすく図解!
講義、国試、臨床研修で出会う疾患の画像を網羅した最強のリファレンスブックが遂に登場! 重要所見は、矢印で示すだけでなく、シェーマでわかりやすく図解。画像診断に苦手意識を持つ初学者にとっても、各疾患の病態や画像の基本的な知識が身につく構成となっている。読影するうえで理解が欠かせない画像解剖も丁寧に解説。医学生や研修医のみならず、画像診断に関心を持つジェネラリストや診療放射線技師にも役立つ1冊。
序 文


 現代の医療において,画像診断は多くの疾患の診療に不可欠であることは,疑う余地がありません.ところが,画像診断はほぼ全身をカバーするため,勉強する内容が非常に多く,多くの医学生,研修医の苦手とするところです.それではどのようにすれば画像診断に習熟できるのでしょうか.私が考える...


 現代の医療において,画像診断は多くの疾患の診療に不可欠であることは,疑う余地がありません.ところが,画像診断はほぼ全身をカバーするため,勉強する内容が非常に多く,多くの医学生,研修医の苦手とするところです.それではどのようにすれば画像診断に習熟できるのでしょうか.私が考えるに画像診断においては次の3つの事項が重要です.

1.背景となる病態,病理を理解すること
 画像の理解には病態,病理の理解が最も重要で,その理解があれば自ずと画像の解釈も可能となります.ところが,多くの医学生や研修医にとって,画像診断はパターン認識に過ぎず,病態を理解したうえで行うダイナミックな診断の醍醐味に触れることは難しいようです.本書では,各領域の画像診断に必要な画像解剖,基本的考え方や鑑別へのアプローチを示すと同時に,できるだけシェーマを使って病態や画像の基本を理解できるようにしました.

2.鑑別診断的なアプローチをすること
 例えば副腎に腫瘤を見た場合,さまざまな疾患が鑑別に挙がります.副腎腺腫が,あるいは癌がどのような所見をとるかという各論的な知識に加えて,“副腎に腫瘤があればどのような疾患を考えるか”という見方が大切です.これは画像診断独特の考え方です.そのためには症候,画像所見からどのような疾患の可能性が高いかを考える鑑別診断的なアプローチを行うことが重要です.本書では各章の冒頭に「○○のアプローチ」という項目を設けてまず鑑別すべき疾患を示すと同時に本文中にも随所に鑑別診断のヒントを提示しました.

3.疾患を局所だけでなく,全身として捉えること
 専門医は得てして,自分の関心ある領域にしか目がいきません.ところが,画像にはターゲットとなる臓器以外に偶然所見を認めることが少なからずあります.思わぬ系統疾患が潜んでいることもあります.本書では複数の臓器にまたがった関連ある項目はできるだけそのつながりを明示して,広い範囲で画像診断を捉えることができるように努めました.

 本書は以上の3つのポイントに重点を置いて執筆しました.各領域の疾患はいずれも日常診療で比較的目にする疾患や臨床的に重要な疾患で,当然国家試験でもよく取り上げられるものばかりです.医学科や保健学科の学生や研修医のみならず,色々な領域の画像診断に興味ある医師,診療放射線技師,あるいはもう一度基礎から画像診断を見つめ直したい人など,画像診断に1人でも多くの人が親しんで欲しい,そんな思いで本書を執筆しました.読影の幅が格段に広がることを請け合います.

 最後に本書の出版に当たって,私のわがままな要求を受け入れてくれた医学書院編集部の天野貴洋さん,分かりやすいシェーマを用意してくれた医学書院編集部の杉林秀輝さん,同制作部の成廣美里さんに心より感謝を申しあげます.

 2018年3月
 山下康行
目 次

本書の見方
略語一覧

第1章 脳・脊髄
 脳の画像解剖
 脳血管障害のアプローチ
  1 脳梗塞
  2 脳出血
  3 くも膜下出血
  4 脳動脈瘤
  5 脳動静脈奇形
  6 もやもや病
 脳の腫瘤性病変のアプローチ
  7 神経膠腫
  8 髄膜腫
  9 下垂体腺腫
  10 松果体部腫瘍
  11 髄芽腫
  12 前庭神経鞘腫
  13 転移性脳腫瘍
 広い範囲で脳を侵す疾患のアプローチ
  14 脊髄小脳変性症
  15 Alzheimer病,認知症性疾患
  16 多発性硬化症
  17 頭蓋内感染症(髄膜炎,脳膿瘍ほか)
 頭部外傷・先天性奇形のアプローチ
  18 頭部外傷
  19 脳奇形
  20 神経線維腫症
  21 結節性硬化症
 脊髄画像のアプローチ
  22 脊髄腫瘍
  23 脊髄動静脈奇形,硬膜動静脈瘻
  24 脊髄空洞症
  25 腰仙部にみられる脊髄・脊椎奇形

第2章 頭頸部
 頭頸部画像のアプローチ
  1 副鼻腔・鼻腔腫瘍
  2 咽頭,口腔,喉頭腫瘍
  3 慢性副鼻腔炎
  4 眼窩,眼球腫瘍
  5 眼窩吹き抜け骨折
  6 唾液腺腫瘍
  7 慢性中耳炎,真珠腫
  8 Basedow病
  9 甲状腺癌
  10 副甲状腺機能亢進症
  11 頸部腫瘤,頸部リンパ節腫大

第3章 胸部
 胸部画像のアプローチ
  1 無気肺
  2 胸水
  3 気胸,縦隔気腫
  4 肺水腫
 肺腫瘤性病変のアプローチ
  5 非小細胞肺癌(腺癌,扁平上皮癌)
  6 肺小細胞癌
  7 転移性肺腫瘍
  8 良性肺腫瘤
 肺非腫瘤性病変のアプローチ
  9 肺炎
  10 肺結核
  11 肺アスペルギルス症
  12 好酸球性肺炎
  13 過敏性肺臓炎
  14 サルコイドーシス
  15 特発性間質性肺炎
  16 肺気腫・慢性閉塞性肺疾患
  17 リンパ脈管筋腫症/Langerhans組織球症
  18 気管支拡張症
  19 珪肺
  20 石綿(アスベスト)関連疾患
  21 肺分画症
  22 肺血栓塞栓症,肺梗塞
 縦隔,胸膜,横隔膜病変のアプローチ
  23 縦隔腫瘍
  24 悪性胸膜中皮腫
  25 横隔膜ヘルニア

第4章 心血管
 心血管画像のアプローチ
  1 先天性心疾患
  2 弁膜症
  3 虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症)
  4 心筋疾患
  5 胸腹部大動脈瘤
  6 大動脈解離
  7 大動脈炎症候群(高安動脈炎)
  8 閉塞性動脈硬化症,末梢動脈疾患

第5章 消化管
 消化管画像のアプローチ
  1 食道癌
  2 食道アカラシア
  3 胃癌
  4 大腸癌
  5 消化管ポリープ
  6 消化管粘膜下腫瘍
  7 消化管悪性リンパ腫
  8 炎症性腸疾患
  9 急性虫垂炎
  10 消化管憩室・憩室炎
  11 腸閉塞(イレウス)
  12 腸重積
  13 消化管の軸捻転
  14 消化管穿孔
  15 腹膜炎,腹膜播種
  16 鼠径ヘルニア,内ヘルニア

第6章 肝胆膵
 肝画像のアプローチ
  1 肝癌
  2 転移性肝腫瘍
  3 肝内胆管細胞癌
  4 肝血管腫
  5 限局性結節性過形成
  6 肝嚢胞
  7 肝膿瘍
  8 脂肪肝
  9 急性肝炎,慢性肝炎,肝硬変
 胆道系画像のアプローチ
  10 胆道結石
  11 急性胆嚢炎・慢性胆嚢炎
  12 胆嚢腺筋腫症
  13 胆嚢癌
  14 急性胆管炎・慢性胆管炎
  15 肝門部および肝外胆管癌
  16 総胆管嚢腫(先天性胆道拡張症),Caroli病
 膵画像のアプローチ
  17 膵癌
  18 膵神経内分泌腫瘍
  19 漿液性嚢胞腺腫,粘液性嚢胞腺腫
  20 粘液産生膵腫瘍(膵管内乳頭腫)
  21 急性膵炎・慢性膵炎

第7章 泌尿器
 腎,副腎,後腹膜画像のアプローチ
  1 腎嚢胞
  2 多発性嚢胞腎
  3 腎癌
  4 腎動静脈奇形・瘻
  5 腎血管性高血圧
  6 副腎腺腫,副腎癌
  7 褐色細胞腫・傍神経節細胞腫
  8 神経芽腫
  9 後腹膜腫瘍
 尿路,前立腺,精巣画像のアプローチ
  10 尿路結石症
  11 腎盂尿管腫瘍
  12 馬蹄腎,その他の尿路奇形
  13 膀胱癌
  14 前立腺癌
  15 精巣腫瘍

第8章 女性
 子宮,卵巣画像のアプローチ
  1 子宮筋腫
  2 子宮腺筋症,内膜症性嚢胞
  3 子宮頸癌
  4 子宮体癌
  5 成熟嚢胞性奇形腫
  6 嚢胞腺腫,嚢胞腺癌
  7 悪性卵巣腫瘍
  8 双角子宮,腟閉鎖
 乳腺画像のアプローチ
  9 乳癌
  10 乳腺の良性腫瘤

第9章 骨軟部
 代謝性および系統的骨疾患のアプローチ
  1 骨粗鬆症,脊椎圧迫骨折
  2 くる病,骨軟化症
  3 副甲状腺機能亢進症
  4 変形性関節症
  5 関節リウマチ
  6 痛風,偽痛風
  7 骨端症,離断性骨軟骨炎
  8 大腿骨内顆・大腿骨頭の特発性骨壊死
 脊椎画像のアプローチ
  9 椎間板ヘルニア
  10 変形性脊椎症,脊柱管狭窄症
  11 後縦靱帯骨化症,黄色靱帯骨化症
  12 脊椎すべり症,分離症
  13 化膿性脊椎炎,化膿性椎間板炎
  14 強直性脊椎炎
 外傷性疾患のアプローチ
  15 前・後十字靱帯断裂,内側側副靱帯断裂
  16 膝関節半月板断裂
  17 肩腱板断裂
 骨,軟部の腫瘤性病変のアプローチ
  18 良性骨腫瘍
  19 巨細胞腫
  20 骨肉腫
  21 Ewing肉腫
  22 転移性骨腫瘍
  23 化膿性骨髄炎
  24 良性軟部腫瘍
  25 悪性軟部腫瘍

一般索引
画像解剖索引
サイン・所見索引