医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

「家に帰りたい」「家で最期まで」をかなえる

看護の意味をさがして

著:藤田 愛

  • 判型 A5
  • 頁 282
  • 発行 2018年12月
  • 定価 2,484円 (本体2,300円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03699-3
「看護とは何か」を問い続けた訪問看護師の実践の日々
訪問看護ステーション立ち上げから20年、看護師として働きはじめてから27年の著者が綴る、多くの患者・家族との出会いと別れ。「家に帰りたい」「家で最期まで」をかなえるために奮闘してきた著者の実践は、読者に感動と勇気を与える。看護とは何か、看護師の存在する意味が問われている今、訪問看護師、病院・施設勤務の看護師だけでなくケアマネジャー、在宅ケアに携わる全ての職種の人にお薦めの書。
序 文
はじめに

 ご縁をいただき、この本を手にして下さった方に心より感謝申し上げます。
 私は、急性期病院、保健所の勤務の経験を経て、一九九八年から訪問看護師をしています。同じ法人の中に二つ目の訪問看護ステーションを開設することになり、二〇〇四年から現在勤務している北須磨訪問看護・リ...
はじめに

 ご縁をいただき、この本を手にして下さった方に心より感謝申し上げます。
 私は、急性期病院、保健所の勤務の経験を経て、一九九八年から訪問看護師をしています。同じ法人の中に二つ目の訪問看護ステーションを開設することになり、二〇〇四年から現在勤務している北須磨訪問看護・リハビリセンターで所長を務めることになりました。早いもので訪問看護師となり二十年が経ちました。
 看護師として、それぞれの場所で多くの患者、住民との出会いと別れを繰り返しながら、看護とは何か、目の前にある状況に看護師に何が求められているのだろうと自問自答するようになり、それは訪問看護師になり長くなった今も続いています。答えは容易には見つからず、毎日が看護を探求する挑戦の道のりです。この本の内容の多くは、入院先の病院から家に帰りたい、最期まで家で過ごしたいと願う人と、それをかなえるための看護実践、看護師たちの育成に関するものです。患者、家族の生きる姿、訪問看護師である私。そして挫折しながらも一歩ずつ前に進んでゆく看護師の姿、所長である私の喜びや悲しみ、自信を失くしてはまた立ち直る、六年間のありのままを綴ったものです。
 大学院の恩師の「日々の経験やそこにある思いを書き残してゆきなさい」という勧めをきっかけに、自分のためにと書き溜めていました。それをご覧になった医学書院の編集担当役員だった七尾清氏に目にとめていただき、書籍化のお話をいただいたのは四年前になります。とり立てて価値のない私の日常の日記であり、とんでもないとお断りを続けていました。五十歳を過ぎ、看護師として過ごせる日々の短さを感じると同時に、もし私の経験が誰かの役に立てるとしたらと思うようになり、お受けすることにしました。
 今、時代の波に飲み込まれ、一層、看護とは何か、看護師の存在する意味は何かということが問われ始めていると感じています。時に看護師が育み、継承されてきた大切なものが足元から崩れてゆくような危機感を抱くこともあります。
 私の経験や綴りが、様々な場所で働く看護師や在宅ケアに携わる一人でも多くの皆様にお役に立てることを心から願っています。

 最後に。今はもう亡くなられた方もいますが、出会い、私に看護の機会をいただいた皆様、私と志を重ね共に働いてくれた職員、大学院の恩師、そしてそこそこの娘、妻、母であった私を認め、支えてくれている両親と夫とふたりの子供、書籍化を実現して下さった医学書院の関係者、すべての皆様に感謝します。

 二〇一八年十二月 藤田 愛
目 次
はじめに

第1章 「家に帰りたい」「家で最期まで」をかなえる
 ファイナルギフト
 またひとり念願の退院がかないそう
 神経難病の男性の願い
 家か病院搬送か─家族の意見の対立の中で
 意思決定支援と病院主治医・在宅主治医の橋渡し
 「藤田さん呼んで~」
 その手前が難しい
 「お家に帰ろう」講演がきっかけで
 「家にいたい」それぞれの理由
 終わりゆく母の命と息子の揺らぎと(1)
 終わりゆく母の命と息子の揺らぎと(2)
 終わりゆく母の命と息子の揺らぎと(3)
 八十代認知症男性と息子の苦悩(1)
 八十代認知症男性と息子の苦悩(2)
 地域包括ケアというけれど─看護はどこに向かうのだろう
 なじみの急性期病院からのSOS

第2章 《藤田流》看護師育成術
 看護のリフレクション
 分かりにくい? 所長の助言
 新人看護師へのマニアックな指導
 《藤田流》主治医への報告トレーニング
 訪問看護師の育成─オンコール
 二年目スタッフからのメール
 なりたい私。なりたい看護師。その道のり
 時間があったらできるのか?
 表看護と裏看護

第3章 苦闘する訪問看護
 身の危険を感じるクレーム対応
 拒否する認知症女性と訪問看護の格闘(1)
 拒否する認知症女性と訪問看護の格闘(2)
 利用者の期待とできることのズレ─24時間緊急時対応
 丸一日かかった調整
 訪問看護料金への不満から(1)
 訪問看護料金への不満から(2)
 複雑すぎる訪問看護の組み合わせ
 在宅ケアプランの残念
 高齢者の救急対応の苦戦
 多分ボツ。某新聞社の取材「本当に家で死ねますか」
 開設から十三年間の歩み

第4章 訪問看護は素晴らしい
 スタッフの交代訪問であらためて思うこと
 夜中の緊急コール
 所長と看護師を支える事務員ふたり
 ヘルパーさんから教えられる世間の看護師
 頼りにされるうれしさ
 「家で最期まで過ごす」という選択もあることを
 びっくり量のう○こ出たよー
 認知症だからと決めつけてはいけない
 医師の診断のありがたさ
 えっ、そんな訪問看護師おるん?
 介護職の方からのプレゼント
 臓器別専門医からかかりつけ医への移行期
 餅は餅屋─薬剤師さんのステキ
 ある医師への相談
 一人の病院医師との出会い

第5章 心に残る患者・家族
 「患者のため」という思い込みと患者の怒り
 夫の最期に立ち会えなかった妻
 夫の終わりに万歳
 末期がん男性から私への遺言
 高血糖の続く男性、なぜ?
 何もできなくても支える
 「今何時ですか」と何度も問う患者
 五十代、末期肝臓がん患者の初回訪問
 阪神淡路大震災
 三十年間の夫への復讐
 「最期まで家で診られます」と言ったのに……
 駆け出しだった頃に病棟で出会った患者
 今日の出会いと語り
 相談する人がいなくて

第6章 私と家族
 日々の日常に散りばめられているかけがえのないもの
 亡き母との十年間の介護から
 二十三歳の闘い抜いた最後の時間
 義母からの贈り物─お願い、そっとしておいて
 認知症の高齢女性と住民との対立─十八歳、長女の痛み