医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

こんなときオスラー

『平静の心』を求めて

著:平島 修/徳田 安春/山中 克郎

  • 判型 A5
  • 頁 200
  • 発行 2019年02月
  • 定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03692-4
3人のジェネラリストが『平静の心』のオスラーパールと共に、今に生きる知恵を伝授!
オスラー没後100年。医師はより複雑化する日々の臨床の中で、患者・医療スタッフとの間で、また勉強法や進むべき進路について、多くの悩みを抱えている。本書は、「こんなときどうすればよいか。どう考えればよいか」という医師の悩みに対し、臨床経験豊かな3人のジェネラリストが、『平静の心(Aequanimitas)』のオスラーの哲学やパールを用いながら、今に生きる知恵を伝授!悩み多き医師に捧ぐ珠玉の1冊。
序 文


 本書は「近代医学・医学教育の先駆者ウィリアム・オスラー博士の教えを1人でも多くの医療者に知っていただきたい。そして後世に伝えてゆき...


 本書は「近代医学・医学教育の先駆者ウィリアム・オスラー博士の教えを1人でも多くの医療者に知っていただきたい。そして後世に伝えてゆきたい」との思いで、2017年1月から2年間にわたり、雑誌『総合診療』(医学書院)で連載を行った「こんなときオスラー」に加筆しまとめたものである。医療人にとってオスラーという名前は、感染性心内膜炎で耳にするOsler結節やOsler-Weber-Rendu病としてなじみのある病態・疾患ではないだろうか。オスラー博士は今から約150年前に活躍した医師であるが、1,000以上もの論文を残し、医療の発展に大きな功績を残している。しかし、オスラー博士が他の医療界の偉人と違うのは、臨床家で、研究家としてだけではなく、医学生・レジデント・看護教育に情熱を注ぎ、教室ではなくベッドサイドで“実際の患者を診ながら学ぶ”医学教育法の大切さを、世界で説いてまわったことである。そしてオスラーという人物の生き方、残した言葉は、今でも医療界の人に多大な影響を及ぼしている。
 医師として、そして社会人としての人格の育成・形成は、大学教育などの大多数を相手に一斉に行う授業形式では難しい。また大学教育の中では、通常は人格の評価が行われることはない。そして6年間医学知識のみ詰め込まれた結果、今や医学のこと以外はほとんど知らない医師や、知らないことを何とも思わぬ医師の数が決して少なくない。しかし、毎日たくさんの患者と接する医師という職業は、患者に合わせた思慮深さが必要であり、社会への興味・関心は、他の職業より必要である。これは、「問診術」の教科書で扱える内容ではない。たとえば、患者が訴える情報(自身の職業など)についての関心が医師に少しあったために診断に繋がったり、その後の治療をスムーズに行えたという経験は、誰しも1度はあるのではないか。
 本書は、「オスラーの生の言葉を後世に残したい」という思いから、故日野原重明先生らが翻訳された、オスラーの講演集『平静の心(Aequanimitas)』(医学書院)から、そのまま講演での言葉を抜粋している。医師という職業に生じる様々な陰性感情との向き合い方、患者や同僚とのコミュニケーション、医学者としての学び方、さらに社会人としての成長法、医学教育のあり方、平和への願いなどをテーマに、なるべく身近な症例や事例をもとに、オスラーが助言し解説を加えるという形式をとった。もしかして半ば強引な言葉もあるかもしれないが、少し読み進めてみると、150年前の言葉とは思えない“心に響く言葉”に気がつくと思われる。また、オスラーの言葉だけを先に読んで、その後に事例から読み直すという読み方もできる。そして興味を持った方は、上記の講演集『平静の心』や、オスラーの伝記『医学するこころ』(岩波書店)なども通読していただくことをお勧めしたい。
 オスラーの言葉との出会いが、あなたの人生に“変化”を与えることを期待して……。

私は、私が出会ったすべてのものの一部である。
ウィリアム・オスラー

 2018年12月
 著者一同
目 次


臨床上の葛藤─医師と患者のはざまで
 1 患者に怒りや不安を覚えるとき─オスラーの教え「平静の心」
 2 看護師とうまく協力して患者の治療を行いたいとき
 オスラー名言集│1│

日々の勉学の中で
 1 生涯学習の態度を身に着けたいとき─「超然の術」と「謙遜の徳」
 2 経験の伴った“叡智”を身に着けたいとき
     ─オスラー流!診断エラー防止の学習法とは?
 3 本を強力な武器にしたいとき─過去を“無意味な現在”に沈めるな!
 4 科学を探求するとき─“科学のパン種”で科学的訓練をふくらませる
 5 医学の歴史を振り返るとき
     ─オスラーに影響を与えたプラトンとヒポクラテスの思想
 オスラー名言集│2│

教師と生徒
 1 医学生を病院で学ばせるとき
 2 病院の教育を変えたいとき─改革へのチャレンジ
 3 病院でベッドサイド教育を行いたいとき─オスラー流!臨床教育とは?
 4 何をどう教えるかに悩むとき─使える知識を持て!
 5 良き教師をめざす決心をしたとき
 オスラー名言集│3│

進むべき道への迷い
 1 医師という職業に挫折しそうになったとき─オスラーの理想と実践
 2 医師として進むべき道に迷ったとき─オスラー流!成功のための4つの秘訣
 3 進路に悩むとき・1─頭デッカチにならない学習のし方
 4 進路に悩むとき・2─心から慕える偉人を選び、その書を系統的に読め
 5 定年を意識するとき
 オスラー名言集│4│

理想の医師像を求めて
 1 医師としての資質を見失いそうになったとき
 2 理想的な医師になりたいとき
 3 人々の健康を守るために何をすべきか悩むとき
 4 医師同士の人間関係で悩むとき
 5 医師として最終的に勝利を収めたいとき─医学は「人類への奉仕」である
 オスラー名言集│5│

人生と平和と愛と
 1 人生に悩むとき─医師としてどう生きるか
 2 世界の平和を願うとき─医学と科学の狭間で
 3 困難な時代の生き方に悩むとき
 4 結束(unity)・平和(peace)・協調(concord)のとき
     ─それは「愛の心(charity)」である
 オスラー名言集│6│

付録
 1 医師として生涯続けるべき勉強法
 2 読んでおきたい一般書・観ておきたい映画リスト

オスラーの生涯と言葉

あとがき
索引