医学書院

検索
HOME雑 誌JJNスペシャル > 2008年09月号

JJNスペシャル

2008年09月号 (通常号) ( No.83)
NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)のすべて これからの人工呼吸
編:石川 悠加  国立病院機構八雲病院小児科医長


NPPV=気管切開/挿管のいらない人工呼吸

NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)は,
マスクやマウスピースなど,非侵襲的なインターフェイスを使った人工呼吸です。
人工呼吸としての効果は,従来の人工呼吸と同じか,それ以上のことも。
急性呼吸不全から慢性呼吸不全まで,適応がますます拡大し,
すでに欧米での人工呼吸の主流はNPPVになっています。
すぐ始められて,すぐ止められて,事故抜管の心配もなく,
人工呼吸器関連肺炎のリスクが軽減。
一番のメリットは,患者さんのQOLの維持・向上ができること。
人工呼吸をしながら,食べることも,話すことも可能です。
問題は,まだ使い慣れない方法であること。
どうすれば,効果的に,安全に,NPPVを活用できるか?
それは,この本を読めばわかります。


【書評】(本文は こちら または下の各タイトルをクリックしてご覧ください)
 書評者:矢崎 義雄(独立行政法人国立病院機構理事長)
 書評者:川村 佐和子(聖隷クリストファー大教授・看護学)
 書評者:千住 秀明(長崎大大学院教授・理学療法学)


【CONTENTS】

■I NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)とは
●なぜ,今「NPPV」なのか
「非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)」とは
NPPVの効果とメリット
デメリットと今後の課題――看護師の役割
●NPPVの基礎知識
適応とエビデンス
NPPVに用いる機器とその選択
換気モードとその選択
いろいろな換気パラメータ
【COLUMN】
NPPVにしてよかった !
NPPVとTPPVはこんなに違う
酸素療法と何が違うの?

■II NPPVの導入
●NPPV導入のプロセス
NPPVの適応を見極める
NPPV導入の意思決定
適切な器械の選択
いよいよ導入する
モニタリング
トラブルおよび副作用・合併症対策
睡眠時NPPVから終日NPPVへの移行
●NPPVと気管内挿管/気管切開
挿管が必要な状態を見極める
抜管後のNPPV
気管切開の閉鎖とNPPV
再挿管を予防する
【COLUMN】
NPPVとNBM
長期人工呼吸患者が“暮らす”場の選択肢
事前指示(advanced directive)
気管切開をやめてよかった !

■III NPPVの管理
●取り扱いと基本操作
基本的な組み立て
人工呼吸器の電源
基本操作とアセスメント
●アラーム対応
NPPVのアラームの特徴
アラームの原因
アラームへの対応
●リスクマネジメント
NPPVのリスク
NPPVの社会的リスク
チーム医療の重要性
【COLUMN】
NPPV中の吸入療法

■IV NPPVの看護
●NPPVの看護のアセスメントポイント
●排痰介助
咳介助
吸引
●体位/移乗
体位
移乗
●日常生活援助
睡眠
食事(栄養摂取)
排泄
清潔
快適度を保つその他の工夫
●小児NPPVの看護
小児NPPVのインターフェイス
小児NPPVの看護のポイント
小児NPPV看護の今後の課題
●自由な活動の援助
電動車椅子
外出や外泊
●退院支援と継続看護
退院支援
アドヒアランスの向上
患者の心理的ケアと介護者の支援
在宅支援のエッセンス
【COLUMN】
NPPVとNST
ベッド上での“楽しみ”を支援する
ナースコールはコミュニケーション
NPPV導入中の児童生徒の学校生活
呼吸リハとしてのスポーツ
NPPVで飛行機旅行 !

■V 疾患別NPPVの管理とケア
●急性呼吸不全
COPDの急性増悪
心原性肺水腫
喘息
ALI/ARDS,重症肺炎
免疫不全(臓器移植後を含む)
胸郭損傷
●急性および慢性呼吸不全
循環器疾患
肺結核の後遺症
神経筋疾患
脊髄損傷
●慢性呼吸不全
睡眠時無呼吸症候群
慢性期COPD
【COLUMN】
NPPVは呼吸リハでもある
長期在宅NPPVと介護者のQOL
小児の急性・慢性呼吸不全(BCV;RTXを含む)
ターミナルケアとしてのNPPV


●付録1
NPPVに使用可能な主な人工呼吸器
●付録2
NPPVの主なインターフェイス
●付録3
NPPV導入の職種別役割分担表

商品写真
定価 2,808円
(本体2,600円+税8%)