医学書院

検索
HOME雑 誌助産雑誌 > 2020年02月号

助産雑誌

2020年02月号 (通常号) ( Vol.74 No.2)
特集 外国人妊産婦のケア転換期 在住者・旅行者を受け入れるための“乗り越え課題”とは

日本への旅行者や日本に在住する外国人の増加,また,政府による外国人患者の受け入れ推進により,2015~2016年頃を境に,対外国人医療の現場が大きく変化しました。旅行中に具合の悪くなる妊婦や,旅行中の出産も増えました。言葉・文化・制度の違いなどによる誤解も生じ,訴訟問題になるケースもあり,日本の医療現場が外国人妊産婦の受け入れに苦手意識を持つことも否めません。
しかし,増える外国人妊産婦を避けるのではなく,課題を克服し,工夫や努力を重ねている施設も増えてきています。特集ではそうした施設に,どのように対処しているかをご紹介いただきます。旅行者への対応,在住者が日本で出産・子育てをする際のフォローアップ,支援や関わり,コミュニケーションの取り方などについて学びたいと思います。

■総論
データから考える医療現場の対応策
山田 秀臣
■乗り越え課題とその克服策(1) 佼成病院
退院後の育児を見据えた取り組み
井上 慶子/助産師一同/久保 雅史/吉川 千恵
■乗り越え課題とその克服策(2) 大和市立病院
在日外国人妊産褥婦への継続支援の実践のために
 ベトナム人の妊婦教室を通して
藤井 律子
■コラム
外国人妊産婦は助産師に何を求めているか
福田 久美子
■乗り越え課題とその克服策(3) 愛育病院
外国人妊産婦ケアは必須という環境での対策と工夫
加藤 美佳
■外国人妊産婦に関するQ&A
臨床現場で出会いそうな疑問に答えます
堀 成美
■コラム
出産一時金詐欺ニュースから考える外国人医療問題
堀 成美


■Focus
デリケートゾーンケアの必要性こそ,助産師が女性に伝えたい
 誰も教えてくれなかったお手入れ方法
三宅 はつえ


●私たちの仕事場[35]
青木産婦人科医院

●宝物,教えてください[48]
恩師からの言葉
松原 まなみ
●地域助産師&施設助産師&保健師がつながれば笑顔が広がる
 「助助っぽ連携」を始めよう![11]
直接母乳ができずに悩み,産後ケアを利用したJさん
今村 理恵子
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[58]
宝塚大学 助産学専攻科

●りれー随筆[421]
助産師36年,まだまだ終われない
三宅 昌子
●次号(3月号) 特集 助産師が活用したい,出産・育児のためのマインドフルネス

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)