医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

医療職のための症状聞き方ガイド

“すぐに対応すべき患者”の見極め方

編集:前野 哲博

  • 判型 B5
  • 頁 152
  • 発行 2019年04月
  • 定価 2,700円 (本体2,500円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03695-5
患者の訴えに対応できてる? 危険な症状を逃さない聞き方、緊急/安心の判断がわかる!
外来、病棟、薬局、在宅、介護施設など、どんな場面でも誰もが使える患者の症状聞き方ガイド。医師がその場におらず、「様子見で大丈夫?」「すぐ医師に連絡すべき?」「受診を勧める?」と悩んだ時、患者に何を聞き、どう判断すればよいのか。患者の危険な症状を見逃さないための的確な質問、緊急/安心の判断、医師への情報提供のポイントを徹底解説。研修医や医学生が基本的な「問診の型」を身に付けるのにも最適。
●読者の皆様へ web付録のご案内
本書記載のIDとパスワードをご用意のうえ、下のボタンからweb付録ページにお入りください。
>> web付録ページへ
序 文
まえがき

 医療・介護・福祉の現場で働いている方々には,患者に「〇〇でつらいんですけど」と言われたけれど,どう対応してよいかわからなかった,結局よくわからないまま「ドクターに相談してみましょう」と言って終わりにしてしまった,そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか.何でも...
まえがき

 医療・介護・福祉の現場で働いている方々には,患者に「〇〇でつらいんですけど」と言われたけれど,どう対応してよいかわからなかった,結局よくわからないまま「ドクターに相談してみましょう」と言って終わりにしてしまった,そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか.何でも「医師に聞いてみましょう」と言えば簡単ですが,いつでもすぐに医師に連絡が取れるとは限りませんし,かといって「もう少し様子をみましょう」と答えて,「重大な疾患を見逃していたらどうしよう」と心配になることもあるでしょう.また,「これは大変だ」と思って医師に相談したら,「そんなことでいちいち電話してこなくてもよい」と言われたり,逆に「何でもっと早く報告しなかったんだ」と怒られたことなどもあるのではないでしょうか.
 ではいったい医師は,診療にあたってどのように情報を集めて,どのように判断しているのでしょうか.その基盤となる考え方が「臨床推論」です.ただ,臨床推論はなかなか奥が深いので,一から勉強して実際に使えるようになるのはとても大変です.
 そこで本書は,ゴールを「最終的な診断をつけて治療方針を決める」ところではなく,「すぐに受診を勧めるべきか,『様子見』でよいかを判断する」ことに絞りました.その代わり,その判断に至るまでの情報収集・解釈のプロセスを徹底的に細分化・定型化することで可視化し,医師以外の職種の方が現場で実践できるものになるよう努めました.具体的には,1・2章で本書の構成と基本原則について説明した後,3章では,医療機関はもちろんのこと,薬局や在宅,介護施設など医師が常駐していないセッティングでも,迷うことなく効率的に情報を集められるように,よく遭遇する症候について,質問と選択肢をチェックリスト方式で提示してあります.読者が,このリストに書かれているとおりに患者に質問をしていけば,自然に一通りの情報収集ができるように構成しています.また,緊急性の判断も,このチェックリストにある各質問項目と選択肢に紐づける形で代表的なパターンを明示していますので,当てはまる場合はすぐに適切な行動を起こすことができます.チェックリストの各質問項目の意味や回答の解釈についても,項目別に解説を加えました.これを現場で反復して用いることで,いわゆる問診の「型」が身につくと同時に,臨床推論の全体像も次第に理解できるようになることを意図しています.
 4章では,具体的な実践例を紹介しているので,情報収集から医師への報告に至るまでの一連の流れについて,イメージをつかんでいただくのに役立つでしょう.さらに5章では,得られた情報と解釈を医師などに報告する場合の伝え方についてまとめました.情報伝達はチーム医療の重要なスキルであり,迅速かつ適確な対応をとるためにも,ぜひ身につけてほしいと思います.巻末の6章には,普段から持ち歩けるように,チェックリストだけを抜粋したページを付けました.チェックリストはダウンロードできるようにもしているので,あわせて活用していただければと思います.

 超高齢社会を迎え,医療を巡る環境が厳しさを増すなかで,既存の職種の枠組みを超えたチーム医療の充実は重要なテーマであり,タスク・シフティング(業務の移管)やタスク・シェアリング(業務の共同化)という言葉があちこちで使われるようになっています.今後,医療・介護・福祉に関わるあらゆる職種において,患者の症状アセスメント能力の向上が求められることは確実です.本書を活用していただくことで,いままでなんとなく行っていた情報収集や判断が,網羅的で意味のあるものになり,ひいてはチーム医療の充実やケアの向上につながっていくことを,心から願っています.

 なお本書は,総合診療医(前野)と,薬剤師(松下,佐藤,畔原)の共同作業で開発した,医師以外の職種向けの臨床推論教育プログラムをベースに執筆したものです.忙しさにかまけて,企画から発行まで3年以上を費やしてしまいましたが,いつも辛抱強く,温かいご支援をいただきました医学書院の安部直子さんに,この場を借りてお礼申し上げます.

 2019年3月
 著者を代表して
 筑波大学医学医療系地域医療教育学 教授
 前野哲博
目 次
まえがき

1章 医療福祉職に求められる症状アセスメント能力

2章 症状アセスメントの基本原則

3章 症状聞き方ガイド
 風邪症状(発熱・寒気・咽頭痛・咳・鼻汁)
 頭痛
 呼吸困難
 動悸
 胸痛
 しびれ
 腹痛
 嘔気・嘔吐
 食欲不振・体重減少
 下痢
 便秘
 めまい
 不眠
 物忘れ
 腰痛
 関節痛
 浮腫(むくみ)
 排尿障害
 うつ症状

4章 症状アセスメントの実践例

5章 医師への情報提供の仕方

6章 症状聞き方ガイド一覧
 風邪症状(発熱・寒気・咽頭痛・咳・鼻汁)
 頭痛
 呼吸困難
 動悸
 胸痛
 しびれ
 腹痛
 嘔気・嘔吐
 食欲不振・体重減少
 下痢
 便秘
 めまい
 不眠
 物忘れ
 腰痛
 関節痛
 浮腫(むくみ)
 排尿障害
 うつ症状

索引