医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪ジェネラリストBOOKS≫

認知症はこう診る

初回面接・診断からBPSDの対応まで

編集:上田 諭

  • 判型 A5
  • 頁 264
  • 発行 2017年10月
  • 定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03221-6
認知症診療の悩み、解決します
「認知症は日常的に診るけれど、イマイチ診方がわからない。薬を出すだけでいいの?」そんなかかりつけ医のお悩みに効く本が登場! 当事者の「心」を理解して、治療やBPSDへの対応をうまく進めるコツを、豊富な事例をもとに具体的に提示。「病名は告知する?」「抗認知症薬って効くの?」といった疑問にも考え方の道筋を示した、従来型認知症診療に新たな視点をもたらす1冊。
*「ジェネラリストBOOKS」は株式会社医学書院の登録商標です。
序 文
編集のことば

 超高齢社会のなかで,認知症は誰もがよく知る病気となり,患者数はますます増えようとしています.それに呼応し,医療の側では,精神科や神経内科だけにとどまらず,かかりつけ医を含めたほとんどすべての診療科で,認知症を診る対応に迫られています.認知症を専門に診ようとする精神...
編集のことば

 超高齢社会のなかで,認知症は誰もがよく知る病気となり,患者数はますます増えようとしています.それに呼応し,医療の側では,精神科や神経内科だけにとどまらず,かかりつけ医を含めたほとんどすべての診療科で,認知症を診る対応に迫られています.認知症を専門に診ようとする精神科,神経内科,脳外科などの医師はもとより,総合診療医やそれを目指す医師,一般内科の開業医・勤務医,さらに後期研修医たちも,認知症に対する基本的な正しい知識と適切な対応法を知っておかなければなりません.

 ところが,いまだ現状は好ましいとはいえません.画像所見やスクリーニング検査の偏重,認知機能低下をもたらす身体疾患の見逃しといった診断上の問題,さらには,正しい診断が行われても,その後の治療が抗認知症薬の投与のみに終始し,患者と介護家族の悩みに対応できていない状況が目につきます.認知症が根治療法のない「治らない病気」であり,薬物療法の効果には限界があるという現実から,この疾患をどのように考え,患者側に何をどのように提供すればよいのか――患者の急増に対応が追いつかず,真摯な医師ほど迷いを抱いたとしても無理はないのかもしれません.

 このような現状に対して,認知症を診るあらゆる医師,とくにプライマリ・ケアを担う医師に向けて,認知症診療の明確な指針を示すべく作られたのが本書です.
 本書は,認知症という疾患を,超高齢社会で誰にも生じうるものと肯定的に考えます.悲観的にとらえる傾向の強いメディアや社会の目にさらされて,自信をなくしかかっている認知症の人の,心情と生活に注目することを,診療の基本的姿勢としました.本人への注目が,家族や介護者の支援の基礎にもなると考えます.
 アルツハイマー病を主な対象として,診断から投薬,生活指導まで,診療の流れを示すとともに,受診が続かない人への介入の仕方,生活面に現れる種々の障害や認知症の行動・心理症状(BPSD)など,課題への対応の仕方を具体的に述べました.昨今話題になることの多い「車の運転」や「患者本人の意思決定」についても,あるべき方向性を示しました.「本人への病名告知をどうしたらよいか?」,「抗認知症薬はいったい効くのか?」という議論が分かれるテーマでは,賛成・反対の論者に語ってもらう「Pros and Cons」の形式で展開しました.読者が混乱されないよう,最後には編者が議論をまとめて一定の指針を示しています.血管性認知症,レビー小体型認知症,前頭側頭型認知症についても,アルツハイマー病との違いを中心に病態と対応を紹介しました.

 本書が,医師の方々にとって,認知症診療の強力な道しるべと大きな助けになることを,心より願います.

 2017年8月
 編者 上田 諭
目 次
編集のことば
編者紹介

イントロダクション 認知症診療 こう進めたい

第1章 診療のためにまず知るべきこと
  認知症(アルツハイマー病)の「脳」と「心」の基礎知識
  診断の流れ:問診から他疾患との鑑別まで
  「治る認知症」とその除外のための検査
  かかりつけ医としての認知症への対応の基本
 Pros and Cons その1 本人への病名告知はどうする?
  「本人に伝える」立場から
  「本人には伝えない,家族には伝える」立場から
  編者からひとこと

第2章 認知症診療,こんなときどうする?
 課題をかかえた患者さんは,医療・介護にこうつなぐ
  こんなときどうする? (1)独居の人への介入
  こんなときどうする? (2)受診を拒否する人への対応
  こんなときどうする? (3)受診後,音沙汰のない人への介入
  こんなときどうする? (4)当事者の家族に課題がある場合の対応
 生活障害への対処-薬以外でこれだけできる
  家庭の外でできること
  家庭内でできること
 もう悩まない,BPSDへの対処法
  認知症の人の思いを知る
  BPSDへの抗精神病薬の使い方
  こんなときどうする? (1)帰宅願望
  こんなときどうする? (2)徘徊
  こんなときどうする? (3)物盗られ妄想
  こんなときどうする? (4)家族の顔がわからない(家族誤認)
  こんなときどうする? (5)同じことを何度も言う/尋ねる
  こんなときどうする? (6)誤りを認めず,取り繕う
 「車の運転を続けたい」と言われたら?
 患者の意思決定支援が必要になったときは?
 Pros and Cons その2 抗認知症薬は効く? 効かない?
  「効く」立場から
  「効かない」立場から
  編者からひとこと

第3章 知っておきたい,MCIとさまざまな認知症
 MCIの基礎知識,これだけは
 その他の認知症の病態と対応-アルツハイマー病との違いを中心に
  血管性認知症
  レビー小体型認知症
  前頭側頭型認知症

索引