医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪看護ワンテーマBOOK≫

パルスオキシメータを10倍活用する

血液ガス“超”入門


編著:堀川 由夫

  • 判型 B5変
  • 頁 120
  • 発行 2013年03月
  • 定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01786-2
パルスオキシメータの本当の使い方、教えます
「SpO2だけを見ていると危険?」 「換気が増えるとSpO2はどう変わる?」 パルスオキシメータを徹底活用するために必要な血液ガス交換の知識を、平易なたとえ話でひもとく。ありそうでなかった血液ガス“超”入門!
序 文
はじめに

 日常の業務の中で、みなさんは患者さんのバイタルサインをチェックしていることでしょう。その際にパルスオキシメータを見て、SpO2が低いといった異常が見られたら、主治医に報告をして指示を仰いでいると思います。またSpO2が85%...
はじめに

 日常の業務の中で、みなさんは患者さんのバイタルサインをチェックしていることでしょう。その際にパルスオキシメータを見て、SpO2が低いといった異常が見られたら、主治医に報告をして指示を仰いでいると思います。またSpO2が85%などの低値を示した時には、マスクや鼻カニューレを通した酸素投与を行うといった処置を、特に意識することなく、日常の臨床の中で行っていると思います。しかし、「なぜSpO2が90%未満になったら酸素投与の指示が出るのか?」ということを、深く考える機会はこれまであまりなかったのではないでしょうか。
 本書では「SpO2とは何か」という原点に立ち返って、みなさんがルーチンワークとして観察しているパルスオキシメータのチェックポイントを解説しています。SpO2が下がれば危険、ということは誰でもわかりますが、同じ値であってもそのまま観察を続けていい状況と、差し迫った危機の前触れとしてのSpO2低下では、その意味合いはかなり異なります。
 血液ガス交換について苦手意識を持つ読者も多いと思いますが、身近なパルスオキシメータを題材にすることで、「SpO2が90%になれば血液中の酸素はどれだけ減少するのか?」「酸素投与中のSpO2の数値が高値であっても安心できないのはなぜか?」といった問題を1つひとつ考えることによって、組織への酸素運搬についての総合的な理解を深めていくことができると思います。
 パルスオキシメータに表示される値を見るだけでは、単にモニターの数値を読みとっているにすぎません。血液ガス交換の知識を身につけ、その数値が意味するところを理解できるようになれば、目の前の患者さんがどのような状況に陥っているのかを把握し、適切な対応ができるようになるでしょう。本書がそうした「ワンランク上の判断力」を養うきっかけとなれば幸いです。

 2013年1月 堀川由夫
目 次
 はじめに

Lesson 1 パルスオキシメータはモニタリングの基本ツール
 パルスオキシメータの強み
 PaO2の代替としてのSpO2
 処置や検査時のモニタリング
 誤嚥性肺炎を見抜く
 慢性呼吸不全患者のセルフモニタリングとして活用する
 在宅医療で活用する

Lesson 2 パルスオキシメータのしくみからわかる落とし穴
 パルスオキシメータは「何」を測っているのか
 パルスオキシメータでは一酸化炭素中毒に気づけない
 拍動が弱いと測定値が不正確になる
 プレスチモグラフは参考程度に

Lesson 3 SpO2は酸素運搬の要
 酸素運搬プロセスのなかのSpO2
 SpO2と動脈血酸素含量
 SpO2が低下すると心臓に負荷がかかる
 心不全患者に酸素投与を行う意味

Lesson 4 血液ガス分析の代用としてのパルスオキシメータ
 酸素は圧較差で移動する
 酸素解離曲線のS字カーブに沿って酸素は組織に行き渡る
 パルスオキシメータだけで判断できないときは血液ガス分析
 血液ガス分析で押さえておくべき項目
 SpO2だけを見ていると危険な場面
 組織が酸素を要求すると酸素解離曲線は右に移動する

Lesson 5 酸素投与とSpO2
 分圧がわかると血液ガス交換がわかる
 PAO2とPaO2
 最後の関門、A-aDO2
 酸素投与でSpO2はどう変わる
 換気を増やすとSpO2はどう変わる
 酸素投与中のパルスオキシメータの数値には要注意
 空気呼吸時のパルスオキシメータは信頼できるか
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に酸素投与を行うときの注意
 睡眠時無呼吸症候群(OSAS)のモニタリングにパルスオキシメータを使う

Lesson 6 換気と酸塩基平衡
 pHは酸素解離曲線を移動させる
 代謝性の変化と呼吸性の変化を鑑別する
 SpO2と患者観察からpHの変動を推測する
 呼吸性代償から病態を推測する
 代償反応としての過換気

Lesson 7 換気血流不均等とSpO2
 「換気」と「血流」のバランスを保つしくみ
 肺塞栓症(V/Q比上昇)
 無気肺(V/Q比低下)
 V/Q比を改善するには? 体位呼吸療法


 +(プラス)1
  SpO2とSaO2
  血液ガスの表記法
  禁煙と手術
  血液ガス分析であればCOHbを判別できる
  動脈血と静脈血の色の違い
  胎児ヘモグロビン(HbF)
  心拍出量と酸素運搬量
  2,3-DPGのはたらき
  脳機能モニタとしてのパルスオキシメータ
  冠動脈スパズム
  CO2ナルコーシス
  圧力の単位
  カプノメータを併用して、肺塞栓症を見つける