医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細



ベナー/ルーベル

現象学的人間論と看護


原著:パトリシア ベナー/ジュディス ルーベル
訳:難波 卓志

  • 判型 A5
  • 頁 536
  • 発行 1999年04月
  • 定価 5,060円 (本体4,600円+税10%)
  • ISBN978-4-260-34363-3
「気づかい」の諸相を,熟練看護婦によるすぐれた「範例」の中にいきいきと描く
人間存在の根底を規定しているのは「気づかい」というあり方である。このようなハイデガーの現象学的人間論の立場から、病気と健康という人間体験におけるストレスと対処について論じ、看護実践の根本条件をなす「気づかい」の諸相を、熟練看護婦によるすぐれた「範例」の中にいきいきと描く。『ベナー看護論』に続く待望の邦訳。
目 次
一章 気づかいの第一義性
二章 人であるとはどういうことか
三章 ストレスと対処に関する現象学的な観方
四章 成人の人生諸局面における病気への対処
五章 健康の増進
六章 症状への対処
七章 冠状動脈疾患への対処
八章 癌への対処
九章 神経系の病気への対処
十章 看護という仕事への対処 他