医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

医療者のためのExcel入門

超・基礎から医療データ分析まで
(第2版)

著:田久 浩志

  • 判型 B5
  • 頁 184
  • 発行 2020年02月
  • 定価 2,640円 (本体2,400円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04079-2
データの集計・分析に便利なExcelを、医療現場で使いこなそう!
Excelへの入力といった"超・基礎"から、便利な集計機能「ピボットテーブル」を駆使したデータの集計・分析、グラフ作成のポイントまで、豊富な画面例でやさしく伝授。医療現場を想定したサンプルデータを用いているので、身近な業務データの整理にも即役立ちます! 「スライド原稿を作る便利ワザ」など、医療者がより便利にExcelを使いこなすための有益な情報も満載。Excel2019対応。
●読者の皆様へ web付録のご案内
下のボタンからweb付録ページにお入りください。
>> web付録ページへ
序 文
はじめに

 かつて筆者は羊土社から1997年にMacintosh版のExcelを題材にした『Excelによるナース・ドクターのためのかんたんデータ整理法』という本を出し,その後,2000年に看護師を対象にした『ナースのためのかんたんExcel―在院日数分析・満足度解析なんかこわく...
はじめに

 かつて筆者は羊土社から1997年にMacintosh版のExcelを題材にした『Excelによるナース・ドクターのためのかんたんデータ整理法』という本を出し,その後,2000年に看護師を対象にした『ナースのためのかんたんExcel―在院日数分析・満足度解析なんかこわくない』を,2001年に学部学生を対象にした『実力養成Word & Excel―らくらくレポート作成・データ集計』を出版しました。そして,本書の初版『医療者のためのExcel入門』(医学書院刊)を2013年に出版しました。
 初版刊行からこれまで,Excelは2010から2013,2016,2019と進化し,医療現場ではビッグデータの解析も広く行われるようになりました。またパソコンはより一層,一般的になり,個人がいろいろな場面で使うようになりました。
 しかし,学生時代にExcelの使い方を習っても,実際に利用する機会がないと,医療現場でExcelを使用する頃にはその使い方を忘れてしまいます。また,医療者の方がビジネス用のExcel解説書で学習をしようとしても,扱うデータが医療分野とまるで異なるために,Excelを学ぶには困難がつきまといます。
 本書の初版は,筆者が以前に出した著書の内容を基本にし,医学部,看護学部,リハビリテーション学部,体育学部で行ってきた授業の内容や,現場の医療従事者の方の研究支援の経験,そして著者の専門の大規模データの解析で培ったノウハウをもとに作成しました。
 多職種連携で,データの解析を他の方に任せていては,その方の都合が悪くなったら,自分の解析が頓挫します。そこで,医療系学生や医療現場の方が,実際のデータを自分の手で解析し,そこで得た情報を自分の手で表現する,というのが本書のコンセプトです。
 今回の改訂では,Excel 2019に合わせて画面の説明はすべて差し替えました。また,難しい操作に関しては説明を補足しました。さらに,今回は,とくに筆者が自分で使って便利だったノウハウを多く取り入れました。
 本書が医療者の皆様の日常業務や研究に少しでもお役に立てば幸いです。

 2019年12月
 田久 浩志
目 次
はじめに
本書の構成

Step 1 Excelに慣れよう 基本操作編
 1 基本的メニュー
 2 アクティブセルの選び方
 3 データの種類
 4 日付と時間の表現
 5 セル間の計算
 6 操作の取り消し方法
 7 データのコピー,ペースト,カット
 8 セルの挿入,削除,消去
 9 挿入,削除を簡単にするには
 10 おかしなセル表示になったとき
 11 関数と式の入力のポイント
 12 セル範囲の指定
 13 数式と関数の利用
 14 マウスによるセル参照の指定
 15 データ入力の修正方法
 16 ブックとワークシート
 17 セル参照の種類

Step 2 データを準備しよう 情報処理編
 1 練習用患者台帳を作る
 2 診療科コードより科名を求める
 3 日付から在院日数と曜日を求める
 4 各種の統計量を求める
 5 条件付き書式で条件に合致するセルを強調する
 6 データの個数を数える
 7 データのフィルターと並べ替え
 8 データを修正する
 9 データを変換する
 10 データに入力規則をあてはめる
 11 データの形を変える
 12 おかしなデータをチェックする

Step 3 表とグラフを作ろう 分析結果の表現編
 1 グラフの種類
 2 自力で表とグラフを作る
 3 グラフのデザインを調整する
 4 WordやPowerPointへの貼り付け

Step 4 ピボットテーブルを使ってみよう 集計とグラフ応用編
 1 データの集計方法
 2 ピボットテーブルで集計する
 3 連続変数を集計する
 4 棒グラフを作る
 5 折れ線グラフを作る
 6 散布図を作る
 7 複合グラフを作る
 8 箱ひげ図を作る
 9 生存時間分析のグラフを作る
 10 オッズ比のグラフを作る

Step 5 検定してみよう 検定の基礎編
 1 検定とは
 2 対応のないt検定
 3 対応のあるt検定
 4 分散分析
 5 カイ2乗(χ2)検定

Column
 高木兼寛と統計学
 特殊記号の読み方
 統計解析に必要なデータ数はどのくらい?
 Excelで作れるグラフの種類と特徴
 統計ソフトを過信するべからず
 検定手法の選び方

■データ入力が楽になる裏ワザ
 ①基本的なキー操作
 ②少し便利なキー操作
 ③セルの書式設定
 ④セルの表示方式の変更
 ⑤セル範囲の選択
 ⑥セルの移動
 ⑦データの便利な入力方法
 ⑧一連のデータ入力
 ⑨罫線の操作

■スライド原稿を作る便利ワザ
 ①ExcelでPowerPointの原稿を作る
 ②WordでPowerPointの原稿を作る

おわりに
索引