医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

精神疾患をもつ人を,病院でない所で支援するときにまず読む本

“横綱級”困難ケースにしないための技と型

著:小瀬古 伸幸

  • 判型 B5
  • 頁 184
  • 発行 2019年09月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03952-9
横綱本、ついに登場。対人関係的な困難さを乗り越えて、明日も支援するための技と型。
病院以外の場所で支援する人が、対人関係的な困難さを乗り越えて、利用者を自立、卒業へ導くための具体的ノウハウ。在宅時代に必須のテキスト。
序 文
まえがき

 本書は、精神疾患をもつ人を病院以外の場所で支援する、初心者からベテランまでを含むすべての人に向けて書きました。
 中身に入っていく前に、この本のサブタイトルにある「“横綱級”困難ケース」、この言葉について触れておきたいと思います。
 皆さんは「横綱級」と聞いて何を...
まえがき

 本書は、精神疾患をもつ人を病院以外の場所で支援する、初心者からベテランまでを含むすべての人に向けて書きました。
 中身に入っていく前に、この本のサブタイトルにある「“横綱級”困難ケース」、この言葉について触れておきたいと思います。
 皆さんは「横綱級」と聞いて何を思ったでしょうか。支援者の方や家族の方であれば、自分たちが苦労をしながら実際に支援している人を思い浮かべたかもしれません。当事者の方であれば、「自分たちをバカにしたようなこのネーミングはなんとかならないの?」と思われたかもしれません。同じ言葉でも捉え方は立ち位置によって変わると思います。
 じつはそのように不快に感じるかもしれない人がいるかもしれないと思うと、「“横綱級”困難ケース」という言葉をタイトルに据えるかどうか、私もかなり悩みました。編集者と共に考えて、考えて、考えた末に、やっぱりこの言葉をサブタイトルに入れることにしました。その理由について、誤解がないように説明しておきたいと思います。

 私は精神科訪問看護の管理職をしていることもあり、訪問看護につながるか否かがわからない段階でも、支援者や家族から相談を受けることがあります。その際に「ちょっと問題が入り組んでいて、横綱級の方なんですけどね……」「うちの子は他の人と違って超ド級なんですけど……」といった前置きが付いていることがあります。
 それらの前置きからは、当該のケースたちを「手を焼かせる」「話が通じない感がある」「圧迫感を与えてくる」「要求が強い」「要求がわかりにくい」「手に負えない」と捉えていることがわかります。そして支援する側が「恐怖や怒り、嫌悪感」を抱いたり、「何を支援しているのかわからなく」なったり、「達成感が得られなく」なったりと、収拾をつけられない状態になっていることも伝わってきます。
 しかし一方の当事者たちに実際に話を聞いてみると、周りの人に対して大変な思いをさせたいなどと思っている人はいないのです。どちらかというと、どうにもならない状況を打破しようと試行錯誤を繰り返している人のほうが多いのです。ではなぜ、周りの人はその人を「難しい人」「超ド級」と感じるのでしょう。
 それは、この本の中でいろんなケースを挙げながら種明かししていきたいと思うのですが、私の経験上1つ言えることは、横綱級と言われる人たちはエネルギー水準が高いことが多いのです。「病気をもちながら地域で生活するのがしんどい。どうにかしたい」と、すごく高いエネルギーをもって試行錯誤を繰り返している人たちなのです。彼らの言動をそのように理解せず、本当の意味でちゃんと捉えないでいると、本人はそのエネルギーの使いどころがわからなくて、「お前らが悪いんやあっ!」となる。
 ですから、最初に出会う場面から、私たち支援者が何をする者なのかという説明をするのが重要です。「私たちがあなたをよくするんじゃありません。私たちを活用するのはあなたなんですよ」という説明をしておく必要があります。
 どうにかしたいというエネルギーの高さを、「自分がどうにかする」という方向に向けられれば、すごくいい利用者さんになり、卒業も早くなります。

 かくいう私も、かつてはどうしていいかわからず悩んだ経験があります。「私がなんとかしなければならない」という考えにとらわれて、本人の訴えに振り回された経験もあります。だから、支援する人たちが「横綱級」「超ド級」と感じるケースのことがわかるのです。
 そう考えると、みんなが横綱級困難ケースだと感じているものは、そのまま「横綱級ケース」と呼ばせてもらうことにして、その代わり、私自身はもうどんなケースも横綱級だと感じることはなくなりましたので、それがなぜなのかという理由と、相手を横綱級にしないための技と型を伝授する1冊にしたいと考えました。
 読者の皆さんが本書を読み終わり、行動に移した時から、横綱級ケースは横綱級ケースではなくなります。技と型を使いこなす支援者が増えていけば、横綱級ケースという言葉が世の中から消え、本書も役目を終えるのではないかと思っております。

 私からのお願いになりますが、この本を単なる読み物として終わらせず、「この技は使えそうだ」と少しでも感じたら必ず実践してみてください。かつての私がそうであったように、そこで勇気を出して踏み込むことによって、自分なりのやり方(パターンの組み合わせ)が見え、利用者のリカバリーはもとより、支援者として日々楽しく仕事ができる助けになるはずです。
目 次
まえがき

I章 地域というのは、病院とココが違います

II章 “横綱級”困難ケースごとに見る技
 横綱1 リストカットがやめられない人への対応技
       〈解離性障害、境界性パーソナリティ障害〉
 横綱2 連続飲酒のループから抜け出せない人への対応技〈アルコール依存症〉
 横綱3 発話が少なく、思いや言葉を出しにくい人への対応技〈統合失調症〉
 横綱4 子どもを虐待してしまうが、その自覚がない人への対応技〈解離性障害〉
 横綱5 気をつけていても過活動になり、その後のうつが避けられない人への対応技
       〈双極性障害〉
 横綱6 母への要求が強く、イライラし、引きこもりと暴力がある人への対応技
       〈広汎性発達障害〉
 横綱7 食事と飢餓感に思い込みとこだわりが強く、横になってばかりいる人への
       対応技〈強迫性障害〉
 横綱8 要求をエスカレートさせていく人への対応技〈双極性障害〉
 横綱9 「訪問看護やめます」と電話で伝えてくる人への対応技〈適応障害〉
 横綱10 家庭で孤軍奮闘し、怒りと死にたい思いを抱いている人への対応技
       〈双極性障害〉
 横綱11 精神的ストレスからくる腰痛で、生活が成り立たない人への対応技〈うつ病〉

III章 精神科訪問看護 必須の型
 1 新規面接
 2 重要事項説明書
 3 看護計画
 4 緊急電話および緊急訪問
     【土俵際コラム】事務員の電話対応
 5 救命時および死亡時
     【土俵際コラム】その他の質問に答える

“対応技”一覧
ちょっと長いあとがき