医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

移動と歩行

生命とリハビリテーションの根源となるミクロ・マクロ的視座から

編集:奈良 勲/高橋 哲也/淺井 仁/森山 英樹

  • 判型 B5
  • 頁 344
  • 発行 2020年01月
  • 定価 5,500円 (本体5,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04080-8
「移動圏の拡大」を新たなテーマとして人間らしい社会参加の実現を探る!
細胞生物学、生命倫理、霊長類研究、人間発達学、運動生理学、運動学など、多彩な基礎的知見から“移動”の概念を再考するほか、日常生活活動(ADL)や福祉用具を含めた環境整備の視点で対象者の“移動”を捉え直す。また、代表的なリハビリテーションの対象疾患者について、“移動圏”の概念を基軸として、横断的に考察する。“移動”に関連する学際的知見を、第一線で活躍する執筆陣が書き下ろした“唯一無二”の書!
序 文


 宿命的にヒト・人・人間は胎内から産まれて地上の重力に曝されるが,当初は姿勢を保持することは不可能であり,次第に重力に抗して移動・歩行(locomotion,walking,gait,ambulation)に至る.しかし,負傷,疾患,加齢などによって再び重力下での移動が困難に...


 宿命的にヒト・人・人間は胎内から産まれて地上の重力に曝されるが,当初は姿勢を保持することは不可能であり,次第に重力に抗して移動・歩行(locomotion,walking,gait,ambulation)に至る.しかし,負傷,疾患,加齢などによって再び重力下での移動が困難になる運命にある.
 人類は四足移動から二足移動へと進化する過程で大脳が発達し,移動から解放された上肢を駆使して器用に種々の道具を創り,火を使って他の動物よりも便宜な生活様式を築いてきた.そのなかで,移動は生活の基盤になる最も重要な機能である.よって,何らかの理由で誕生時点もしくは生涯の途中に歩行機能不全が生じれば,生活自体に大きな支障をきたすことになる.
 そこで,移動を可能にするための医学的および社会的リハビリテーションの手段として身体構造および心身機能の回復・改善をはかるために,内科的,外科的介入のほかに理学療法・作業療法などの介入による自然界と社会的環境への適応・再適応が必要となる.さらに,その過程において歩行・生活補助手段としての義肢装具,福祉用具,人工知能を駆使したロボット,バリアフリーを含む補助器機や生活環境制御などの側面から対象者の容態に応じた対策を講じることが求められる.そして,最終的には対象者の生活上のニーズに応じて,目的としての医学的ハビリテーション(適合・適応)・リハビリテーション(再適合・再適応),あるいは社会的ハビリテーション・リハビリテーション活動を通じた社会参加を支援することを目指す.つまり,前者は治療的および環境的因子を整備する手段であり,後者は対象者の生活権を担保することを目的とする.
 上記のことから,歩行を含む移動に関連した研究は隣接学際領域において実践され,論文や書籍として公表され蓄積されている.そのような状況下において,本書の企画趣旨は,人の適応と再適応活動に応用できる鍵となる内容の書籍を発刊することである.通常,歩行に関連した隣接学際領域は,解剖学,生理学,運動学,運動生理学,生体工学など多岐にわたる.しかし,生活補助手段の側面からは,人間工学,情報工学,行動学,文化人類学などの幅広い知識が必要である.さらに,疼痛は生体機能の変調を警告する徴候でもある.そのなかで放散痛・関連痛は,いわゆる疼痛の移動ともいえるため,対象疾患を問わずリハビリテーション関連専門職は理解しておくことが求められる.
 上記した側面を認識したうえで,本書では,「移動と歩行―生命とリハビリテーションの根源となるミクロ・マクロ的視座から」として,生物学的細胞水準をミクロ的,地球・社会環境のなかで暮らす代表的な疾患者の移動圏(行動圏)をマクロ的にとらえて包括的に記述した.なお,本書では引用,法律用語を除き「障害」「障害者」との用語の使用を控えたことを付記しておく.

 2019年12月
 編者代表
 奈良 勲
目 次
序章 生命の根源となるミクロマクロ的“移動”の概念
  はじめに
  1 生命の根源としての“移動”の概念
  2 地球とその自然環境
  3 社会生活における“移動”
  4 生命の機序としての“移動”
  5 動植物の“移動”
  6 恒常性順応性の維持機能と自然治癒力
  7 “移動”を妨げる疼痛
  8 治療原則としての“移動”の概念
  9 国際生活機能分類に準じて対象者を丸ごと観看診る
  10 ハビリテーションとリハビリテーションにおける“移動”の概念
  おわりに

第1章 移動に関連する基礎的概要
 1 生命機能と細胞
  はじめに
  1 細胞の多様性
  2 細胞の基本構造と機能
  3 各器官における“移動”と恒常性の維持
  おわりに
 2 医療分野における生命倫理学の変遷
  はじめに
  1 生命倫理の基本原則
  2 自己決定権
  3 コンピテンス評価と判断能力
  4 対象者の希望(hope)と必要性(need)の狭間で
  5 臨床研究と被験者保護
  6 死にゆく人への支援と尊厳死
  おわりに
 3 霊長類の進化と移動
  はじめに
  1 霊長類
  2 ヒトが他の真猿類と共有する形質
  3 ヒトが他の真猿類と異なる形質
  4 直立歩行の起源と進化
  5 二足歩行にかかわるヒトの身体形質
  6 霊長類のロコモーションの経済性
  7 ヒトの多様性
  おわりに
 4 人間発達と移動
  はじめに
  1 乳児期~学童期までの人間発達
  2 高齢期における発達と移動
  おわりに
 5 運動生理学的観点からみた移動
  はじめに
  1 呼吸器系
  2 循環器系
  3 身体活動の運動生理学的指標
  4 高齢者の体力増進と維持
  おわりに
 6 姿勢制御と移動
  はじめに
  1 姿勢制御と感覚情報
  2 自由浮遊時の姿勢
  3 無重力環境下で足部を固定したときの姿勢
  4 無重力環境下での運動時の姿勢制御
  5 歩行
  おわりに
 7 運動学的観点からみた移動
  はじめに
  1 骨格
  2 骨格筋
  3 筋と骨の連携
  4 歩行
  5 加齢による運動器の変化
  6 老化に伴う移動機能生活機能の変容
  7 社会生活における移動
  おわりに
 コラム 地域老年看護の課題と展望

第2章 環境因子と個人因子に基づく移動圏
 1 日常生活活動における移動
  はじめに
  1 ADLの概念
  2 ADLの分類
  3 活動と移動圏
  4 ADLの評価
  5 起居移動動作を制限する因子
  6 起居移動への医学的リハビリテーション
 2 福祉用具および環境と移動
  はじめに
  1 病院および住居における移動と福祉用具
  2 福祉用具の利用に関する視点
  3 病院における活動評価尺度
  4 在宅における活動評価尺度
  5 移動環境に関する法制度
  6 安全な移動のための環境整備
  7 移動圏を拡大させた事例(頸髄損傷者の海外旅行)
  おわりに

第3章 代表的な疾患者の移動形態と移動圏
 1 骨関節疾患者の移動
  はじめに
  1 骨関節疾患者の移動形態
  2 骨関節疾患者の移動評価
  3 骨関節疾患者の移動向上への介入
  4 骨関節疾患者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 2 脳卒中片麻痺者の移動
  はじめに
  1 脳卒中片麻痺者の移動形態
  2 脳卒中片麻痺者の生活空間の狭小化
  3 脳卒中片麻痺者の移動圏拡大に向けた症例
  4 脳卒中片麻痺者の移動向上への介入
  おわりに
 3 Parkinson病者の移動
  はじめに
  1 Parkinson病者の移動形態
  2 Parkinson病者の移動評価
  3 Parkinson病者の移動向上への介入
  4 Parkinson病者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 4 呼吸疾患者の移動
  はじめに
  1 呼吸疾患(COPD)者の移動形態
  2 呼吸疾患(COPD)者の移動評価
  3 呼吸疾患(COPD)者の移動向上への介入
  4 呼吸疾患(COPD)者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 5 心臓疾患者の移動
  はじめに
  1 心臓疾患者の移動形態
  2 心臓疾患者の移動評価
  3 心臓疾患者の移動向上への介入
  4 心臓疾患者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 6 糖尿病者の移動
  はじめに
  1 糖尿病者の移動形態
  2 糖尿病者の移動評価
  3 糖尿病者の移動向上への介入
  4 糖尿病者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 7 脊髄損傷者の移動―補助ロボットの活用
  はじめに
  1 脊髄損傷者の移動形態
  2 脊髄損傷者の移動評価
  3 脊髄損傷者の移動向上への介入
  4 脊髄損傷者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 8 切断者の移動
  はじめに
  1 下肢切断者の移動形態と評価
  2 下肢切断者の移動向上への介入
  3 切断者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 9 脳性麻痺者の移動
  はじめに
  1 脳性麻痺者の移動形態
  2 脳性麻痺者の移動評価
  3 脳性麻痺者の移動能力向上への介入
  4 脳性麻痺者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに
 10 精神疾患者の移動
  はじめに
  1 精神疾患者の主な移動形態
  2 精神疾患者の主な移動評価
  3 精神疾患者の移動向上への介入
  4 精神疾患者の移動圏拡大に向けた症例
  おわりに

索引