医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

患者の声から考える看護


著:渡邉 順子

  • 判型 A5
  • 頁 184
  • 発行 2020年03月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03831-7
患者さんの声、聴こえてますか?
痛いのも、苦しいのも、怖いのも、ガマンしなければいけないの? 自分で食べたい、トイレに行きたい…それはワガママですか?
患者さんの声に耳を傾けた時、ホントの看護が見えてきます。パソコンではなく目を見て話す、温かいタオルで身体を包む、そんな小さなケアこそが患者さんの欲しい看護かもしれません。
看護師が「したい看護」から、患者さんが「欲しい看護」へ──看護の本質を楽しく大まじめに考えます。
序 文
Prologue

 あれから20年、早いものです。当時、看護専門書(のつもりでしたが)では珍しい4コマ漫画で、新人看護師の悪戦苦闘を展開する本を書きました(『すき♥すき♥スキル ナース若葉のケアナビ99』学研、1999年発行)。すでに絶版になっています...
Prologue

 あれから20年、早いものです。当時、看護専門書(のつもりでしたが)では珍しい4コマ漫画で、新人看護師の悪戦苦闘を展開する本を書きました(『すき♥すき♥スキル ナース若葉のケアナビ99』学研、1999年発行)。すでに絶版になっていますが、考えてみればあの新人看護師は、中堅看護師になっているはずです。中堅看護師になって、今の新人看護師にどんなメッセージを伝えるのだろうと考えはじめました。
 ところで、この20年間、看護基礎教育で強調されてきたのは「コミュニケーション」と「アセスメント」能力の強化です。教育が一朝一夕にはできないと誰もが承知しています。そもそも、教育は、レトルト食品のように温めたらすぐ食べられるような代物ではありません。むしろ、レトルト化するまでの食材選びから調理方法を進化させるのが教育でしょう。もちろん、それを食する人に合わせたものが求められるはずです。
 食する人とは看護師なのでしょうか、それとも患者さんでしょうか。その両者でしょう。看護師が理想とする看護は、患者さんにとっても理想的な看護のはずです。
 でも現実はなかなか難しい。患者さんは、看護師が懸命に看護をしようとしていることには気づいています。でもなぜか看護師は、患者さんが求める看護と自分の看護がズレていることに気づいていないのかもしれません。実はホントの看護をしていないんじゃないかと戸惑いながらも、どうしたらいいのかわからないということもあるでしょう。
 「こんな看護をしたい!」という看護師の思い込みではなく、「こんな看護が欲しい!」患者さんの声に耳を傾けませんか?
 患者さんの声が看護師に届きますように。そして患者さんの本音に気づきますようにと願いながら、本書で改めて、ホントの看護を問います。
 悩ましい患者さんと看護師を救うのは、いったい誰?
 では、ごゆっくりお楽しみください。

 2020年1月 令和の幕開けに新たな希望をもって
 渡邉順子
書 評
  • 「ちょっと待ってください」の「ちょっと」はいつまで?
    書評者:山内 豊明(放送大大学院教授・生活健康科学プログラム)

     医療者である皆さんご自身は,病院で検査や手術を受けた経験はありますか?

     私は医療者として駆け出しの頃に,可能な限り病院での検査や医療処置を受けてみました。胃カメラ,大腸内視鏡,エコー,CT,MRI……。さすがに心臓カテーテル検査は勘弁してもらいましたが,検査がどう受け止められているのかを身...
    「ちょっと待ってください」の「ちょっと」はいつまで?
    書評者:山内 豊明(放送大大学院教授・生活健康科学プログラム)

     医療者である皆さんご自身は,病院で検査や手術を受けた経験はありますか?

     私は医療者として駆け出しの頃に,可能な限り病院での検査や医療処置を受けてみました。胃カメラ,大腸内視鏡,エコー,CT,MRI……。さすがに心臓カテーテル検査は勘弁してもらいましたが,検査がどう受け止められているのかを身を持って知っておきたかったのでした。全身麻酔をかけてもらい,静脈麻酔薬が血管に入った瞬間にヒヤッとし,その途端にスッと意識を失う経験もしました。意識のない間に膀胱内留置カテーテルを入れてもらいましたが,あれが完全覚醒時であったら失神してしまったかもしれません。それは痛みや違和感のためではなく,限りなく恥ずかしいためです。

     命や生活を託することと考えれば,入院して医療ケアを受けるのは,旅客機に搭乗したり,ホテルに泊まることにも似ています。旅客機に乗って旅をし話題のホテルに泊りワクワクすることはあるでしょう。しかし入院は好んでするものではなく,致し方なく医療ケアを受けざるを得なくてするものです。医療者にとっての日常場面である医療機関で過ごすことは,患者さんにとっては非日常の未知なる体験であり,期待が膨らんでワクワクするのとは逆の,何をされるのであろうかという予期不安が付いて回ることでしょう。

     患者さんにしてみたら,MRI検査室が縁起でもない火葬場のように見えるかもしれません。意を決してナースコールを押した患者さんにとって,「ちょっと待ってください」の「ちょっと」はいつまで待たされることなのでしょうか。いきなりオムツの中に排泄をせよと言われても,到底できるものではありませんね。

     「食べる」という行為と,「排泄」「トイレ」という行為は,共に身体の内外との「入口・出口」に関わることで,本能的に強い羞恥心を引き起こします。胃や大腸の中を映し出されても恥ずかしくないですが,口の中や消化管の出口を見られるのは,とてつもなく恥ずかしいものです。睡眠中は完全に無防備な状態で命をさらけ出しています。これら「取り込む・出す・眠る」は人間にとって最も基本の自己完結的に行うことゆえに,これらの行為についての意思表示も遠慮しがちになるでしょう。

     その患者さんに一番身近に接するのが私たち看護職です。「こういう看護がしたい」では,主体が私たちになってしまいます。しかし本来の主人公は患者さんであり,その患者さんが「こういう看護をしてほしい」であるべきでしょう。事の進め方は,もしも自分自身が患者であったならば,という立ち位置で考えるべきです。そして「その人の生き方を考え抜き」(考えるでななく,考え抜く),さらにその気遣いを悟られないことこそが本当の気遣いでしょう。

     随所にあるキーフレーズが心に響きます(昨今の言葉では「刺さります」?)。それを何倍にもするイラストはこの上もなく見事です。
     本書はすてきなナースとなるための素晴らしい手引書なのです。
目 次
Prologue

Chapter 1 いざ、病院へ
 病院に行けない!
 レッドフラッグサイン──オナカがイタイ
 今、それ聞く?
 狭いところは無理なんです!
 お尻にカメラはカンベン!

Chapter 2 覚悟はしてたけど
 胃カメラは2度目でも無理!
 点滴の敵は誰?
 こんなはずじゃなかった…
 全身麻酔、大人だってコワイ!

Chapter 3 気持ちよく回復したい
 ココロまで縛らないで
 長い長い病院の夜
 熱いお風呂が好き

Chapter 4 我慢しなきゃダメ?
 ナースコールはナースコナイ!
 どれが効いているの?
 リハビリは呪文?
 痛くない、痛くない

Chapter 5 当たり前のこと、叶えたい
 悩ましき夜の頻尿
 自分で食べたい
 トイレに行きたい

Chapter 6 あなたはだれ?
 なんて呼べばいいの?
 パソコン見ないで、私を見て
 やさしく𠮟って
 バッドニュースはもううんざり!

Chapter 7 帰りたい、帰れない
 徘徊ではありません
 私の最期はいつ、どこで?
 生きてきたように逝きたい

Epilogue
索引