医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

精神科ならではのファーストエイド

搬送時サマリー実例付

著:中村 創/三上 剛人

  • 判型 B5
  • 頁 168
  • 発行 2018年06月
  • 定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03589-7
精神科で発生したファーストエイドの26場面をシミュレーション
自傷他害、あるいは事故など、精神科でファーストエイドが必要になった実例をリアルに写真で再現し、いざという時にどう対応するかをシミュレーションするための本。医療的に何をすべきか、とっさの声かけ、望ましい態度、避けるべき言動がわかる。搬送時に送るサマリーの実例付。「精神科」はもちろん「救急」の医療者も必携。
序 文
はじめに

 「どうすればいいのだろう」――頭が真っ白になり立ち尽くしてしまうような場面に遭遇することは、看護師であるならば必ず経験します。けれども立ち尽くしていれば事態は悪化します。
 悪化させない、深刻化させない。この本を手に取ったあなたは、そのためにどうすればよいかという知...
はじめに

 「どうすればいいのだろう」――頭が真っ白になり立ち尽くしてしまうような場面に遭遇することは、看護師であるならば必ず経験します。けれども立ち尽くしていれば事態は悪化します。
 悪化させない、深刻化させない。この本を手に取ったあなたは、そのためにどうすればよいかという知識を求めていらっしゃることと思います。
 本書は、精神科領域において求められる緊急時の手引書として、具体的な対応と考え方を、理論や根拠に基づいて提示しようと試みるものです。

 看護技術は実践の中で磨かれます。しかし精神科の臨床において、大量出血を伴うような急変事例は日常的に生じるわけではありません。ですから緊急場面への実践経験を積む機会がどうしても不足してしまいます。経験の少なさは、いざという場面での動きを鈍らせます。
 その一方で、急変が一度生じれば重篤化する可能性が高いのが精神科です。
 そこで私たちは、起こり得る事象を事前にシミュレーションできる本を作ることにしました。直面するかもしれない困難な状況に、心の準備ができることを意図したのです。


 第I部では、26ケースを挙げました。特に力を入れたのは、緊急場面をできるだけリアルに再現することでした。
 読者の皆さんのなかには、本書にある場面や状況と似たような経験をされた人がいるかもしれません。ここに出てきた場面や状況は、主に私自身や協力をしてくれた仲間たちが見聞きした経験をもとに再現したものです。もし自分がこの状況に遭遇したならばどういう対応をするだろうかと、その気持ちも想像しながら読んでいただければと思います。
 事例の後に、看護として優先的にすべきことは何なのかが一目でわかるような工夫をしました。そして患者さんにどのように声かけをすればよいのか、望ましい態度はどのようなものなのか、逆に避けるべき言動はどういうものか、を紹介しています。

 第II部では、患者さんの自傷や自殺などの強い衝撃に遭遇した家族と看護師へのフォローについて述べています。家族は臨床では置き去りにされがちですが、彼らへの支援も看護師の重要な役割であり、それは患者-看護師関係と同様です。
 最前線で動く看護師もまた置き去りにされがちであり、現状における大きな課題です。強い衝撃に遭遇した看護師に対する支援の重要性と方法について述べました。

 第III部では、救急病棟などへ搬送を要する際に用意するサマリーについてです。すべての情報をひとまとめにする従来のあり方ではなく、2段階に分ける新方式を提案しています。


 臨床現場はさまざまな事象が重なり合って複雑化します。読者の皆さんには、本書をきっかけにご自身のフィールドで精神科におけるファーストエイドをさらに発展させ、適切な方法を検討していっていただきたいと願っています。
 最後に、本書は雑誌『精神看護』での特集や記事掲載を経て本になりました。企画、原稿のとりまとめ、編集に石川誠子さんから多大な支援を賜りました。心より御礼申し上げます。

 2018年6月
 著者を代表して 中村 創


本書には、創傷や患者さんの状態をできるだけリアルに再現した写真が掲載されています。そうした写真が苦手な方はご注意ください。なお、これらは救命救急の現場でシミュレーション訓練用に開発された特殊インク、創傷部位のパーツなどを組み合わせて作り出したものです。モデルに対して実際に傷や損傷を加えたわけではありません。
言うまでもありませんが、これらは医療者がシミュレーションにより対応技術を磨くことを目的に表現されたものであり、患者さんを見下すような意図は一切ありません。
目 次
はじめに
「とっさの場面で必要な対応」の基本とは

I いざというときの動き方 応急処置が必要となった26のケース
 1 自傷
  01 体感幻覚による腕への自傷(大量出血の場合)
  02 カミソリで手首を自傷(止血が必要な場合)
  03 パニック発作で手首を自傷。収まったあとに自殺企図
  04 幻聴による命令で箸を鼻に詰めた
  05 幻聴による命令で、腕をバーナー型ライターで焼いた
  [解説1]自分を傷つける─そのとき、患者さんには何が起きているのか
 2 自殺
  06 ナイフで腹部を切って自殺企図
  07 ハサミで首を切って自殺企図
  08 飛び降りて自殺企図
  09 洗剤を飲んで自殺企図
  10 首を吊って自殺企図
  11 大量服薬で昏睡状態に
  [解説2]自殺発生─すぐ動くための5つの心得
  [解説3]自殺未遂をした患者さんとの対話
 3 事故
  12 熱い飲料を入れたペットボトルを持ち続け、手指を熱傷
  13 燃える布団にくるまりながら寝ていた
  14 浴室内で意識消失。水中に沈んでいるところを発見
  15 薬のヒートを誤飲した
  16 オムツを異食した
  17 部分入れ歯を誤飲。咽頭に刺さっている
  18 喉に食べ物が詰まった(意識消失)
  19 喉に食べ物が詰まった(意識あり)
  20 倒れているところを発見。呂律不良である
  [解説4]事故防止につながる疾病理解─せん妄
 4 急変
  21 身体拘束がきつすぎたことによるうっ血
  22 肺血栓塞栓症
  23 アルコール依存症患者の吐血
  24 アルコール依存症患者の離脱症状(振戦せん妄)
  25 多飲症による低ナトリウム血症
  26 悪性症候群による痙攣
  [解説5]アルコール依存症による身体合併症
  [解説6]多飲症について
  [解説7]悪性症候群を防ぐには

II 家族と看護師のフォロー
 1 家族へどう対応するか
  1 家族が持つ心理的負担への理解
  2 望ましい対応とは
  [point]これが遺族へ連絡し、かかわるときの基本姿勢だ
 2 忘れてはならない! 命にかかわる事故に遭遇した看護師のフォロー
  1 自傷・自殺が看護師に与えるすさまじいストレス
  2 看護師は相談しているか?
  3 組織的に「聞き上手」「吐露上手」を目指そう
  4 デブリーフィングのやり方
  [point]第一発見者となったスタッフの「心情」と「行動」を理解するために
  [point]自殺に遭遇した看護師は他者の言葉に敏感になっている

III 搬送時サマリーの書き方
 1 サマリーは2段階で書く!
  1 救命救急側にとって必要な情報でなければ意味がない
  2 Firstサマリーには「手術に関連する身体情報」を
  3 Secondサマリーには「継続看護のための情報」を
  資料1 Firstサマリー|フォーマット解説
  資料2 Secondサマリー|フォーマット解説
 2 搬送時サマリー実例
  体感幻覚による腕への自傷(大量出血)[16頁 ケース01]
  カミソリで手首を自傷(止血が必要な場合)[18頁 ケース02]
  幻聴による命令で箸を鼻に詰めた[22頁 ケース04]
  ハサミで首を切って自殺企図[36頁 ケース07]
  飛び降りて自殺企図[42頁 ケース08]
  大量服薬で昏睡状態に(自殺企図)[52頁 ケース11]
  燃える布団にくるまりながら寝ていた[68頁 ケース13]
  倒れているところを発見。呂律不良である[82頁 ケース20]
  肺血栓塞栓症[94頁 ケース22]
  アルコール依存症患者の吐血[96頁 ケース23]
  悪性症候群による痙攣[108頁 ケース26]

索引