医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

グループワーク その達人への道


著:三浦 真琴
執筆協力:水方 智子

  • 判型 B5
  • 頁 144
  • 発行 2018年08月
  • 定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03626-9
今やっているグループワークは効果があるのだろうか…と思った方へ
学生の主体的な学びや社会的スキルを育むにはグループワークが効果的な方法の1つ。だからこそ、実際の授業でどのようにグループワークをすれば、効果的な学びにつながるのか、具体的に知りたい。そのような方には本書がオススメ。本書には、学生の学びを促すグループワークのしかけが、筆者の長年の経験をもとに多数紹介されている。まずは、グルーピングのしかたで学びの効果が左右されることに気づくでしょう。
●読者の皆様へ Web付録のご案内
本書に記載のIDとパスワードをご用意のうえ、下のボタンからWeb付録ダウンロードページにお入りください。
>> Web付録ダウンロードページへ
序 文
―おりをしり,時にしたがうて,格をこへ,物にかゝハらずして,物の心をえてふるまふ,是まことの達人なりと云わらんべ草-二1)
...
―おりをしり,時にしたがうて,格をこへ,物にかゝハらずして,物の心をえてふるまふ,是まことの達人なりと云わらんべ草-二1)


はじめに

初心者を大歓迎します
 本書は,授業にグループワークを導入したいけれども,どのようにデザインをしたらよいのかがよくわからずになかなか歩みだせない人,授業にグループワークを導入してみたものの,計画していたような展開ができず,また効果があるのかどうかも不明で困惑している人,あるいはもっと学生がいきいきと活動するようなグループワークはできないものかと模索している人,そのような人たちを主な読者として想定しています。すでにグループワークの経験が十分にあり,よりいっそうの高みをめざす人だけを想定しているのではない,ということです。「達人への道」との冠をつけてはいますが,それは初心者を門前払いするということではありません。
 グループワークについては,本文のなかで,順次,可能な限り丁寧に話を展開していきますので,ここでは「達人」について筆者が考えていることを申し述べておきたいと思います。初めてグループワークを授業に採り入れようと考えている人をも熱烈大歓迎していることが少しでも伝わればと願ってのことです。

達人になるための時間について
 そもそも達人とはどのような人であるのか,いくつかの辞書・辞典から語義をひろってみましょう。大辞林には「豊富な経験と長年の鍛錬により,その道の真髄を体得した人」とあります。経験を蓄積するためのまとまった時間と,その経験を身体化・言語化するための深い省察が必要だと思わせる表現です。「真髄」を獲得するに至る道のりの遥かなること,平らかならざること,さらに,その道を前へ歩んでいくために,一意専心,一行三昧,一念通天,面壁九年,とにもかくにも修業が必須であるという厳しさが伝わってくるようです。大辞泉には「技芸・学問の奥義に達している人。深く物事の道理に通じた人」とありますが,こちらも常人が近寄りがたい境地に到達した完成者という印象を抱かせる説明になっています。「真髄」や「奥義」とは,容易に人に伝えることのできない(あるいは安易に伝えることを許されない),奥深く最も重要な事柄という意味ですから,長きに亘る修業の末にそれを携えることが認められた者は,なるほど「達人」と呼ぶにふさわしいに違いありません。常人の与り知らぬ域に到達し,奥義秘伝を掌中に収め,いついかなる時にも動じることなく,見事に目的を達成する練達の者,それが達人だとしたら,あたかも雲上人のごとく,なんと遠い存在なのでしょう。
 ところで,マルコム・グラッドウェル(Malcolm Gladwell)によると,世界レベルの技術に達する(その道のプロとして必要な技量を身につける)にはどんな分野でも1万時間の練習が必要なのだそうです2)。日曜日を除いて毎日3時間の練習をすると10年かかる計算になります。先に掲げた「面壁九年」とは,壁に面して悟りを開くまで座禅を続けるのなら9年の歳月を要するということですが,来る日も来る日も3時間の座禅を続けると9年間でその積算が1万時間になりますから,故事に照らし合わせてもあてはまる法則なのかもしれません。とはいえ9年,10年はあまりに長すぎます。では,一日あたりの練習量を増やしてみるとどうなるでしょうか。日曜日を除いて毎日5時間のレッスンを続けるとすると6年半弱,平均的就業時間(8時間)を年中無休の修業に費やせば3年と5か月の時間を要することになります。しかし,グループワークをつつがなく運営するにいたるまでに3年半足らずの歳月をかけることは,困難というよりは不可能でしょう。なにより現実的ではありませんし,それが理にかなっているとも思えません。では,達人の域に達するまでに要する時間の問題にどのように対処すればよいのでしょうか。
 心強いことに,この有名な「1万時間の法則」に真っ向から異を唱えている人がいます。その人ジョシュ・カウフマン(Josh Kaufman)によれば,「たいていのことは20時間で習得できる」のだそうです3)。もっとも,それはプロとして独立できるレベルの技量を修得するためのものではなく,その技の楽しさを知るための時間と考えたほうがよさそうです。それは,たとえばプロのギタリストのような演奏はできないけれども,周囲の人とギターの演奏を十分に楽しむことができるようになる,ということです。本書では,まず教師の皆様にグループワークの楽しさを知ってもらいたいと願っています。その楽しさを知ることこそを達人への道の大切な一歩として位置づけているので,先に引用した「達人」の語義から,時として苦痛を伴う「長年の鍛錬」をまずは外そうと思います。

達人が習得する奥義について
 「時間」に続いて「奥義」についても考えておきましょう。この言葉からは,全容が見えにくく,そこにたどり着くのはもちろんのこと,言語化することさえ難しいものであるとの印象を抱かれると思います。しかし,実際はそうではないのです。武術や芸術の世界では師匠が弟子に奥義のすべてを書伝として授けますが,それはつまり技能・技芸の一切が言語化されているということです。この免許皆伝に示されるのは,言語化が可能で明示的な「型」ですから,これを形式知と呼んでも差し支えないでしょう。
 奥義とは型であり,形式知である,このように定義してしまうと,奥深さが雲散霧消してしまうように感じるかもしれませんが,型を学んだ後に,その型に縛られることなく独自の型を創り出していくところにこそ,奥深さがあるのだと思います。それはまさに「型破り」ということなのですが,型を破るとは,伝えられた型(形式知)をもとに実践を積み重ねては新しい型(実践知・暗黙知)を独自に創発していくということです。これはまさに,それぞれの経験から実践知を獲得しながら成長していく看護者の姿に重なります。つまり,奥義とは形式知の到達点であるとともに,新たな暗黙知の出発点でもある,ということになります。奥義とは,型の完成,完成型を意味するものではない,本書ではそのように考えることにします。そもそも,奥義として伝えられる形式知も先人たちの経験から得られた暗黙知をもとにして構築されたものであることを忘れてはなりません。このように,形式知と暗黙知は相互変換できるものであり4),伝えられた形式知に暗黙知を加えていくことで,その人独自の奥義(truth)が編み出される,ひとまずそのようにとらえておきましょう。

あらためて達人とは何者なのか
 さて,難所と思われる時間と奥義の問題をクリアしました。ここで再び達人について書き留めておこうと思いますが,少し趣を変えてみることにします。
 本書がめざす「達人」には,どのような英語が該当するのかを考えてみます。和英辞典によると,達人に相当する英語として,adept,artist,consummator,dab,demon,expert,fiend,master,maven,mavin,paragon,proficient,whiz,wizなどがあげられています。それぞれ文脈に応じて使い分けられるのですが,残念なことに,このなかには本書がめざす「達人」の姿にしっくりとあてはまるものがありません。ここで講談社の日本語大辞典の登場です。この辞典では日本語の語義に対応する英単語が存在する場合にはそれが示されます。第一義の「学問・技芸に通じた人」に該当する英単語としては使用頻度の高いexpertが掲げられているのですが,第二義の「人生を達観した人。さとりをひらいた人」にはphilosopherの語が当てられています。これは和英辞典の類には登場しない言葉です。Philosopherの原義はlover of wisdomです。知を愛する者とは,すなわち,自らの知的好奇心に忠実となり,頭と心を存分に働かせて,新たに知を創出していく人のことだと筆者は考えています。その知とは形式的な知識ではなく,実践に耐えうる知恵のことです。知識は経験を伴わなくても獲得できますが,知恵を得るためには経験が必要です。実践と思考をともに重ねながら,自分にとっての真実(truth)を探求していく,それが達人の姿なのだと思います。
 ところで,真実を探求する途次に,積み重ねられた経験や想いを省察するために,あるいはそれを人に伝えるために,経験や想いを明示的な形式知へと変更する必要の生じることがあります。暗黙知を育むとともに,それを形式知へと変換することができるのは知を愛でる心あってのことなのです。繰り返しますが,本書では達人をこのように知を愛し,その知のために思考と実践を継続する存在としてとらえたいと思います。
 本書が考える「グループワークの達人」とは,上手にグループワークを展開するための思索を重ね,然るべき知識とスキルを獲得して,それを実践に機械的に反映する人のことではありません。学生を生涯にわたってアクティブに学ぶ人間(lifelong active learner),個人の責任において継続学習のできる自立した職業人に育てるために,何をすべきで,何をすべきではないのか,それを丁寧に考えながら実践の可能性を探究していく人のことです。もちろんそこにはグループワークに関するノウハウに先立って,philosophyがなくてはなりません。
 以上を簡単にまとめておきましょう。グループワークの達人になるために,長い時間も難解な知識やスキルも必要ありません。出発は明示的な言葉で記された形式知です。ここにご自身の経験や想いを加味しながら思考と実践を積み重ねて自分なりのphilosophyをかたちづくり,個性的なグループワークの姿・かたちを創っていけばよいのです。

本書がお伝えすること
 本書では,筆者がこれまで学生に学びを楽しんでもらうために培ってきた想い,感覚,思考のフレーム,もののとらえ方や,グループワークの体験を通じて学んだことなどの暗黙知を,可能な限り言語化して読者の皆様にお伝えします。
 暗黙知には,「外からの観察が可能で,記述が容易なもの」「見ることは困難だが,言語化できるもの」「当事者は自覚していないが,第三者が聞き出して言語化できるもの」「当事者が無意識に行い,言語化が不可能なもの」の四層があり,それぞれに解明するための手段があるとされています5)。そこには単純ではない手続きが必要とされるものもありますが,幸いなことに,筆者は授業において学生スタッフ(ラーニング・アシスタント:LA)を活用しているため,グループワークの実践記録は豊富にありますし,筆者が無意識に発した言葉やとった行動の本意を彼ら彼女たちに尋ねられることで自身の実践を省察する機会も作ってもらっています。そのおかげで暗黙知を形式知に変換するためのヒントや情報には事欠きません。四層に及ぶ暗黙知であっても,そのほとんどを形式知に変換してお届けできると思います。
 とはいえ,お伝えするものが形式知だからといって,これをマニュアルとしてとらえないようにしてほしいと願います。グループワークの進歩や学生の成長を願うのであるならば,マニュアルは功を奏さないと心得ておかなければなりません。マニュアルがあると一定の安心感は得られるかもしれませんが,その安心感は実は何の役にも立ちません。マニュアルがあるというだけで,学生,教師の別を問わず依存心が生まれ,そこに書かれていることにしか注意を払わなくなってしまいがちです。同様に,マニュアルにないことにはまったく目を向けなくなってしまいます。マニュアルに依存するとは,すなわち形式知のレベルに留まり,新たに暗黙知を創出することに思いを馳せなくなるということなのです。その結果,グループワークの可能性が著しく狭められ,多くの場合,グループワークはかなり窮屈なものとしてとらえられてしまうのです。
 先ほど申し上げたように,本書では奥義を型の完成や完成型を意味するものとしてはとらえませんが,同様にグループワークにも到達すべき完成型があるとは考えていません。グループワークに到達すべき完成型があることを前提にすると,予定調和ばかりが重視され,完成型との距離や差異ばかりに目が向いてしまいます。大切なのは,その時その場で学生が何を感じ,何を考え,何を学んだのかであって,授業の指導案や授業計画通りにグループワークを展開することではないのです。グループワークについて,bestのかたち,たどりつくべき姿,マニュアルといったものを優先するような正解主義から,まずは自由になることが肝要なのです。達人への道の入口はそこにあると考えてみてください。
 お伝えすることはすべて,読者のみなさまが独自に暗黙知を創っていくためのヒントです。これを文字で伝えなければならないもどかしさはありますが,今日から始まるみなさまの実践のお役に立つことを願っています。

―実験室に入る時は「学説」という上着を脱がねばならぬ。
クロード・ベルナール6)



1) 狂言方の作法・稽古・演技・演出の心得から能楽一般の故実までを著した伝書。引用は二十六段より。大野虎明[著],笹野堅[校訂](2013)『わらんべ草(第4刷)』,145,岩波文庫
2) マルコム・グラッドウェル[著],勝間和代[訳](2009)『天才!成功する人々の法則』,講談社(原題は“OUTLIERS:The Story of Success”)
3) ジョシュ・カウフマン[著],土方奈美[訳](2014)『たいていのことは20時間で習得できる』,日経BP社(原題は“THE FIRST 20 HOURS:How to Learn Anything…Fast”)
4) 野中郁次郎,竹内弘高[著](1996)『知識創造企業』,東洋経済新報社
5) 森和夫(2013)「暗黙知の継承をどう進めるか」『特技懇誌』268:43-49
    http://www.tokugikon.jp/gikonshi/268/268tokusyu2-4.pdf(2018年3月28日閲覧)
6) フランスの医師,生理学者。パスツールとともに低温殺菌法の実験を行ったことで名を知られています。
目 次
第1章 学習パラダイムにおける教師のスタンス
 1.アンケートの結果を本書の指針にする
 2.なぜグループワークなのか
 3.学生の過去・現在・未来を大切にする
 4.アクティブ・ラーニングを正しくとらえる
 5.パラダイムシフトの意味を丁寧に考える
 6.グループワークの導入を検討する前に

第2章 学生の「学び」を実現するために
 1.学生の知識獲得のスタイルについて考える
 2.熱意は必ずしも奏功しない・過ぎたる親切は善とは限らない
 3.グループワークで協調性を育む

第3章 グループワークの準備は入念に
 1.スケジュールを立てる
 2.グルーピングの準備をする
 3.学生が自主的に決めるグルーピング
 4.グラフィック・ファシリテーションを導入する準備

第4章 グループワーク初日の楽しさを演出する
 1.グルーピングを工夫する-「後楽体験」のすすめ
 2.グループの体温を上げる-自己紹介でアイスブレイク
 3.グループワークで留意すべきことを体験する
 4.グループワークの難しさと楽しさを予感する

第5章 グループワークの序盤で心がけること
 1.相手の立場になって考えることの大切さを体験する
 2.唯一無二の正解,最適解に拘泥しない姿勢を学ぶ
 3.意思伝達の難しさを体験する・情報の可視化の必要性を実感する
 4.情報の可視化の方法は一つとは限らないことを知る
 5.情報の要不要の判断に留意する
 6.判断するための選択肢の数を増やす
 7.多数決に頼らない合意形成

第6章 スモールワークで大切なことを再確認する
 1.相手の立場になって考えることの大切さを再確認する
 2.多面的に物事をとらえることの大切さを再確認する
 3.目の前にない情報の存在に気づくことの大切さを確認する
 4.水平思考が大切であることを確認する

第7章 グループワークにアクセントを
 1.他のグループの動向を知る
 2.自分たちのグループワークの現在地と目的地を把握する
 3.「自分史」を描く

第8章 コミュニケーションのチャンネルを増やそう
 1.学生と教師の意思疎通のチャンネルを創る
 2.卒業生が参加する機会を設ける
 3.学生の提案を授業運営・授業内容に反映させる
 4.学生にロールモデルを演じてもらう

索引

COLUMN
 [ここで一息]グループワークで学生も教員も笑顔になる
 [ティータイム]教えない勇気
 [おやつの時間]転ばぬ杖は必要?
 [ちょっとより道]学生を信じて一任する
 [コーヒーブレイク]グループワークの目的と目標(インパクトシート)
 [デザートはいかが?]卒業生が参加する授業
 [ひとやすみ]学生が創る授業