医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


ICD-10 精神および行動の障害

臨床記述と診断ガイドライン
(新訂版)

監訳:融 道男/中根 允文/小見山 実/岡崎 祐士/大久保 善朗

  • 判型 B6
  • 頁 372
  • 発行 2005年11月
  • 定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00133-5
精神医療関係者の必携書
我が国の公的な疾病分類が準拠しているICD-10の第5章「精神および行動の障害」(Fコード)について、各障害の臨床像および診断ガイドラインをコンパクトにまとめた冊子の翻訳。DSMと並ぶ国際的な精神科の操作的診断基準であり、精神医療関係者の必携書。新訂版では、統合失調症関連用語、認知症関連用語、パーソナリティ障害関連用語など重要な訳語を変更し、全体的に訳文の見直しを行った(原書は未改訂)。
目 次
序論 「臨床記述と診断ガイドライン」を活用するにあたって
ICD-10「精神および行動の障害」の分類における特定項目のための注釈
診断カテゴリーのリスト
臨床記述と診断ガイドライン
付録 精神および行動の障害にしばしば随伴するICD-10の
 他の章の項目リスト
主要研究者リスト
和文索引
欧文索引