医学書院

検索
HOME雑 誌 > 病院

病院


「よい病院はどうあるべきかを研究する」を編集コンセプトに,病院運営の指針を提供する。2016年は「大変革時代の病院経営」をテーマに据え,病院を取り巻くデータの読み解き方,地域包括ケアとの連携を中心に取り上げる。(ISSN 0385-2377)
投稿受付
月刊,年12冊
2016年 1部定価:本体3,000円+税

2016年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 33,240円
冊子+電子版/個人 38,240円
冊子+電子版/共有 43,280円
電子版/個人 33,240円
電子版/共有 38,280円
*ご注文の際は消費税が加算されます。

最新号のご案内
2016年09月発行 (通常号) ( Vol.75 No.9 )
定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
特集 病院は認知症とどう向き合うべきか
高齢化に伴い,急性期病院には数多くの認知症高齢者が搬送され,病棟ではせん妄やBPSDへの対応を含む認知症への理解が課題となって久しい.また,慢性期や在宅ケアを担う医療機関では,在宅復帰支援のみならず,予防と地域リハビリテーションの概念が重要となっている.本特集では,超高齢社会における認知症高齢者の入院治療のあり方と,地域包括ケアの構築を総合的に考察する.