医学書院

検索
HOME雑 誌 > 病院

病院


「よい病院はどうあるべきかを研究する」を編集コンセプトに、病院運営の指針を提供する。2019年は「改めて『病院』とは何か」をテーマに据え、病院を取り巻く状況の読み解き方、変革に対応するための組織づくりを中心に取り上げる。(ISSN 0385-2377)
投稿受付

月刊,年12冊
2020年 1部定価:本体3,000円+税

2020年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 33,240円
冊子+電子版/個人 38,240円
電子版/個人 33,240円

*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2019年12月発行 (通常号) ( Vol.78 No.12 )
定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
特集 本格化する病院のアウトカム評価
平成30年度診療報酬改定では、アウトカムによる評価が導入された。急性期患者数のピークアウトや連携を必要とするポストアキュート患者の増加といった傷病構造の変化を勘案すると、このアウトカム評価の導入は病院の機能分化を加速させる可能性がある。本特集では、診療報酬におけるアウトカム評価の導入が今後の病院の在り方に及ぼす影響を総合的に論考する。