医学書院

検索
HOME雑 誌 > 病院

病院


「よい病院はどうあるべきかを研究する」を編集コンセプトに,病院運営の指針を提供する。2018年は「2035年から考えて,病院はいま何をすべきか」をテーマに据え,病院を取り巻く状況の読み解き方,変革に対応するための組織づくりを中心に取り上げる。(ISSN 0385-2377)
投稿受付
月刊,年12冊
2018年 1部定価:本体3,000円+税

2018年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 33,240円
冊子+電子版/個人 38,240円
電子版/個人 33,240円
*ご注文の際は消費税が加算されます。

最新号のご案内
2018年04月発行 (通常号) ( Vol.77 No.4 )
定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
特集 病院が直面する「すでに起こった未来」
急速な少子高齢化に伴う地域の傷病構造の変化は,病院に中期的な経営戦略を持つことを要請している。ドラッカーは,こうした変化に対応するために「すでに起こった未来」に気づくこと,それをもとに自組織の経営戦略を検討することの重要性を指摘する。本特集では,わが国の医療界における「すでに起こった未来」に目を向け,今後の課題を考える視点を読者に提供する。