医学書院

検索
HOME雑 誌JJNスペシャル > 2008年04月号

JJNスペシャル

2008年04月号 (通常号) ( No.81)
救急ケア最前線 知っておくべき救急初期対応
編集:箕輪 良行 聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター長

救急医療は,プレホスピタルでの処置の拡大,救急医療体制,標準化の動きなど大きく変化しています。また,救急はチーム医療といわれ,自分のできる処置だけでなく全体の流れを把握する必要があります。
JJNスペシャルNo.81では,実際に現場で使われている用語・概念・処置などを,わかりやすい記述で解説します。プレホスピタルから,ERの出口までを時間軸に沿って解説することで,救急医療の全体像をつかめる1冊になっています。


◆書評
 書評者:山中 克郎(藤田保衛大准教授・一般内科/救急総合診療部)


【CONTENTS】

本書を読まれるみなさんへ

■序論
知っておくべき救急初期対応
箕輪 良行
救急看護における倫理的諸問題
藤野 智子

■I プレホスピタルケア
救急隊からの情報解読に必須のアイテム
箕輪 良行
救急救命士の特定行為とプロトコール
荻野 暁
外傷患者の頸椎固定とバックボード
稲福 全人
新しい搬送スタイル プラチナの10分
金丸 勝弘・松本 尚
絶え間ない心マ
関 義元
バイスタンダーCPRと口頭指示の実際
高橋 耕平・森村 尚登
気道異物除去
張替 喜世一
メディカルコントロールで医師が行なう仕事
大庭 正敏
災害と拠点病院
永田 高志・近藤 久禎
もう一歩進んだAEDの話
加登 譲

■II ER
受け入れ体制と準備
アドバンストリアージ
児玉 貴光
患者受け入れ準備のハードとソフト
中村 惠子・堀 友紀子
受付事務, 電話対応
中村 朋子
トリアージナースとプロトコール
藤野 智子
救急ケアに必要な感染対策
川原 千香子・草間 由美子
ハイリスク患者がやってきた!
前田 重信
院内救急とは
上山 裕二
救急医療の標準化
千葉 大
アドバンスド・ディレクティブとDNRオーダー
木下 順弘
最近の初期救急
セカンダリーABCD 院内で患者が急変したら
小山 泰明
目撃者のある心室細動
藤田 康雄
心静止のアルゴリズム
安田 康晴
PEAのアルゴリズム
山畑 佳篤
同期, 非同期って何だ?
水嶋 知也
ST上昇型心筋梗塞
田中 敏春
プライマリー・サーベイとFAST 外傷患者の初期診療
山田 康雄
脳卒中の“7D”
大内 崇裕
薬物中毒
本多 英喜
蘇生, 処置中の家族立ち会い
柳井 真知
虐待を知ろう
岩田 充永

■III ディスポジション
連携
Killer Diseaseを見逃すな!
齋藤 学
救急病棟入院の決定と申し送り
藤原 俊文
観察ユニットの現状と方向
田中 拓
帰宅時リーフレット
伊藤 史生
精神科リエゾン
井出 文子・上條 吉人
在宅ケアへのバトンタッチ
古屋 聡
患者アプローチ
新しい創傷ケア
菅野 圭一
敗血症治療の標準化 新しいトレンド
森澤 健一郎
AISコーディングと外傷登録
藤田 尚・関口 智子・内田 靖之
森村 尚登・坂本 哲也
急性期リハビリテーション
今井 稔也
低体温療法(脳低体温療法)
新しいエビデンスのガイドライン2005
小倉 憲一
人工呼吸管理と血液浄化法
宮島 衛
救急看護認定看護師は何ができるか
曽根 京子

主な略語一覧
索引

商品写真
定価 2,860円
(本体2,600円+税10%)