医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2020年02月号

病院

2020年02月号 (通常号) ( Vol.79 No.2)
特集 病院の殻を破れるか 中小病院の柔軟性を生かす経営改革

縮小社会に向かう令和の時代に必要なことは“病院”のパラダイムシフトかもしれない。医療ニーズが縮小し、急性期疾患の治療期間が短くなる中、治療を終えた、あるいは不幸にして治癒できなかった患者の生活に、病院がどこまで「面倒見よく」対応できるか。特に中小病院には、地域における役割に沿って、変化に対応する能力が求められている。病院機能分化の中で、どのライフステージまで関わるべきか。次代の“病院”のあり方を探る。

神野 正博
2040年に向けた医療提供体制の再構築と中小病院の展開
迫井 正深
ヘルスケアの未来を見据えた病院づくり
奥村 隆一
「病院」が「病院」でなくなる日
神野 正博
「面倒見のいい病院」指標
林 修一郎
■事例
医療法人社団東京医心会ニューハート・ワタナベ国際病院
 特定の領域に特化する中小病院の戦略と効果
 心臓血管外科を中心とした専門病院の特殊性とその経営
渡邊 剛
医療法人社団元気会横浜病院
 認知症ケアの質を高める病院
北島 明佳
医療法人久仁会鳴門山上病院
 病院が生活の場・介護医療院に変わった日
山上 敦子


■対談
いま病院に求められる
生活を支える医療
江澤 和彦×神野 正博


■特別記事
病床機能報告データをいかに活用するか(2)
松田 晋哉
■研究
病院全職員を対象とした院内ハラスメントの実態調査
渡部 基信


●アーキテクチャー× マネジメント[62]
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
河合 慎介
●遥かなる霞が関[2]
医師の働き方改革は,うまくいくか?
佐藤 敏信
●ケースレポート 地域医療構想と病院[33]
地方独立行政法人加古川市民病院機構 加古川中央市民病院
 -公民統合のモデルケース:理事長のリーダーシップに基づく目標管理型経営の展開
松田 晋哉
●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[2]
医師の時間外労働の上限規制
福島 通子・羽兼 朋宏
●多文化社会NIPPON の医療 外国人患者受け入れの課題解決Q&A[29]
医療通訳体制 何をどこまで整備すべきか
堀 成美
●次号(3月号) 特集 病院建築の潮流

商品写真
定価 3,300円
(本体3,000円+税10%)