医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2019年12月号

保健師ジャーナル

2019年12月号 (通常号) ( Vol.75 No.12)
特集 災害対策・対応の最前線を探る 受援に必要な視点とは何か

災害の多発する昨今,とくに被災自治体では多岐にわたる支援を統率する受援体制の構築が喫緊の課題となっている。保健師活動と多くの保健医療支援チーム活動との関係,組織内の指揮命令調整,資源需給のマッチングなどは,本来,支援チームの課題というより,被災した受援自治体の課題である。本特集では,先進的な取り組みから受援に必要な具体的な視点とは何かを探る。

■災害時に求められる受援体制構築
次の災害に備えるために
古屋 好美
■高知県の取り組み
災害支援の教訓を踏まえた受援体制構築の強化
野口 裕子
■長崎県の取り組み
DHEAT人材育成と受援体制構築
稗圃 砂千子
■神戸市の取り組み
災害発生後から応急対策期における保健師活動と受援
 これまでの災害支援活動からの受援準備
山崎 初美
■むかわ町の取り組み
平成30年北海道胆振東部地震の経験を踏まえた新たな受援体制構築
今井 喜代子
■大阪府富田林保健所の取り組み
災害時の地域保健支援・受援体制構築に向けた管内市町村との連携
永井 仁美
■枚方市保健所の取り組み
災害時における健康危機管理
白井 千香
■寝屋川市保健所の取り組み
保健医療分野における災害対策の取り組みと今後の展望
宮園 将哉


■PHOTO、Pick Up
現代の若年者に合った性問題予防教育活動の実践
 東京医療保健大学「青少年の性と健康を考え
 活動する会」(2SK会)の活動
渡會 睦子,佐々木 美奈子,渡辺 悦子,山本 由加里
砂村 京子,妻鹿 智晃,岩上 優美,吉田 理香
伊藤 美千代,山本 暖子,木村 哲
■調査報告
市町村保健師が行う養育支援が必要な父子家庭への支援
糸賀 千夏,榊原 文


●公衆衛生看護学の体系を事例で学ぶ・9
精神保健福祉活動における新たな課題への対応
 8050家族への支援体制づくりの事例から
佐川 きよみ,安齋 由貴子,岸恵 美子,赤星 琴美
池戸 啓子,鈴木 由里子,吉岡 京子
●数式不要!はめ込み統計学 保健師のための統計これだけ・12
多変量解析に挑戦しよう!
加藤 丈夫
●ニュースウォーク・259
424病院再編要請のショック
白井 正夫
●次号(2020年1月号) 特集 健康づくり戦略を磨く 誰も置いてきぼりにしない

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)