医学書院

検索

BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

2019年12月号 (通常号) ( Vol.71 No.12)
特集 小脳と大脳−Masao Itoのレガシー

2018年12月18日,伊藤正男先生が永眠された。伊藤先生は小脳の「長期抑圧」などを発見 したことで知られるが,小脳研究にとどまることなく,小脳と大脳の関連性にも言及され, 国内外の研究機関の設立に携わるなど,さまざまな方面に多大な業績を遺された。これらの レガシーを紐解くことは今後の神経科学・脳科学の課題を明らかにするのではないだろうか。 次の時代のブレークスルーを生み出すきっかけとなることを祈念して本特集号を贈る。

鼎談 伊藤正男先生のレガシー-脳科学の未来へ
伊佐 正×高橋 良輔×酒井 邦嘉
小脳から大脳へ
外山 敬介
脳と人工知能
甘利 俊一
行動認知制御の神経科学-前頭前野内の機能分化
田中 啓治
小脳神経回路の生後発達
渡邉 貴樹,他
伊藤正男先生の足跡-日本神経科学学会のこれまでとこれから
伊佐 正
伊藤正男先生最終講義ダイジェスト-小脳と大脳
解説:酒井 邦嘉
現代神経科学の源流ダイジェスト-ジョン・C・エックルス
伊藤 正男×酒井 邦嘉


■寄稿
伊藤正男先生の思い出
永雄 総一
■総説
脳が左右非対称にはたらく神経メカニズム
島崎 宇史,小田 洋一


●現代神経科学の源流
第12回 伊藤正男【後編】
宮下 保司,酒井 邦嘉
●臨床で役立つ 末梢神経病理の読み方・考え方
第9回 クロゥ・深瀬症候群(Crow-Fukase症候群;POEMS症候群)
佐藤 亮太,神田 隆
●学会印象記
ECTRIMS 2019-The 35th Congress of the European Committee
 for Treatment and Research in Multiple Sclerosis
田中 正美
●次号(2020年1月号) 特集 神経難病をクスリで治す-薬物開発の現状と近未来への展望

商品写真
定価 2,970円
(本体2,700円+税10%)