医学書院

検索
HOME雑 誌精神医学 > 2019年12月号

精神医学

2019年12月号 (通常号) ( Vol.61 No.12)
特集 精神疾患における病識・疾病認識−治療における意義
特集にあたって
鈴木 道雄
統合失調症における病識と障害認識
賀古 勇輝
双極性障害における病識・疾病認識
鈴木 映二・他
神経発達症における病識・疾病認識-成人例を中心に
岡田 俊
認知症患者に病識は必要か?
橋本 衛
統合失調症患者における病識と薬物療法
西 晃・他
病識・疾病認識を深める心理教育
藤田 博一
認知行動療法と病識
石垣 琢麿
統合失調症の認知機能リハビリテーション
最上 多美子・他
精神病早期段階における病識と介入・支援
根本 隆洋
自助グループと病識-「私は病気じゃない」けど「研究」する
向谷地 宣明
司法精神医療における「病識」
五十嵐 禎人


●研究と報告
気分障害患者における病前および現在IQの臨床的意義
 -両者の一致度と主観的QOLとの関連の検討
山岸 美香・他
●短報
炭酸リチウムと降圧薬の併用により横紋筋融解症を来した1例
山田 英孝・他
●資料
救命救急センターにおける刺創・墜落外傷自殺企図入院患者の臨床的特徴
新井 久稔・他

商品写真
定価 2,970円
(本体2,700円+税10%)