医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

双極性障害

病態の理解から治療戦略まで
(第3版)

著:加藤 忠史

  • 判型 A5
  • 頁 440
  • 発行 2019年06月
  • 定価 5,400円 (本体5,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03917-8
臨床から基礎研究まで、双極性障害のあらゆる情報を網羅した決定版!
双極性障害の決定版入門書、待望の改訂第3版。概念の歴史から疫学、症状、診断、治療、治療薬の薬理、ゲノム研究、病態仮説の現状まで、臨床・基礎のあらゆる情報を網羅している。圧倒的な情報量ながら、随所に症例を交えた内容は読みやすく、理解がしやすい。この1冊で双極性障害の全体像を把握することができるだろう。
序 文
第3版の序

 第2版の出版から,はや8年が経過した.
 この間にラモトリギン,アリピプラゾール,クエチアピンの双極性障害に対する適応拡大が行われ,治療の選択肢が増えた.
 2011年には日本うつ病学会による『双極性障害の治療ガイドライン』が発行され,日本における双極性障害治療...
第3版の序

 第2版の出版から,はや8年が経過した.
 この間にラモトリギン,アリピプラゾール,クエチアピンの双極性障害に対する適応拡大が行われ,治療の選択肢が増えた.
 2011年には日本うつ病学会による『双極性障害の治療ガイドライン』が発行され,日本における双極性障害治療の均てん化が図られた.8年前には,過少診断が懸念されていたが,今では双極II型障害の過剰診断が懸念されるほどの状況となっている.
 この間に最も進んだのは,おそらく病態研究であろう.日本でも約3,000名でのゲノムワイド関連研究が行われ,新たな候補遺伝子が見出されるなど,大きな進歩があった.
 そして,第2版の折には,「双極性障害」という名前が定着してきた,と書いたが,今度はまもなく発行される予定のICD-11から,bipolar disorderの日本語訳が「双極症」と変更される見通しとなり,病名も次のステージに進もうとしている.
 このように,双極性障害を巡る状況はめまぐるしく変化し,その情報量も膨大であり,全分野に対し,最新情報を正確に伝えることが一人の人間に可能なのか,そして自分が果たしてそれにふさわしいのか,と自問自答しながら本書を改訂した次第である.
 そんな訳で,双極性障害に関する膨大な文献すべてを網羅できたとは言えないが,双極性障害について筆者が理解している内容をコンパクトにまとめ,双極性障害の概観をつかめる本ということであれば,本書の意義もあるかも知れないと考え,何とか改訂を終えた次第である.
 本書を入り口として,さらなる臨床経験,研究経験,文献の渉猟などを通して,双極性障害の理解を深めていただければと思う.

 2019年5月
 加藤忠史
目 次
第1章 歴史
 A 症状の記載
 B 疾患としての記載
 C 反精神医学
 D 非定型精神病概念の流れ
 E DSM−III
 F 双極II型障害の登場
 G 双極スペクトラム概念の登場
 H DSM−IV
 I 特定不能の双極性障害
 J DSM−5
 K RDoC
 L ICD−11
 M 病名

第2章 疫学と社会的影響
 A 疫学
 B 社会的影響
 C 生命予後
 D 双極性障害と犯罪
 E 双極性障害と創造性

第3章 症状・経過
 A はじめに
 B 躁状態(manic state)
 C うつ状態(depressive state)
 D 混合状態(mixed state)
 E 軽躁状態(hypomanic state)
 F 躁転・うつ転
 G 精神病症状(psychotic symptoms)
 H 緊張病症状(catatonic symptoms)
 I 急速交代型(rapid cycling)
 J 人格変化,閾値下気分症状
 K 認知機能障害(cognitive dysfunction)
 L 衝動性
 M 病前性格・気質
 N 不安症との併発
 O 発達障害との併発
 P 経過

第4章 診断
 A 診断基準
 B 診断の実際

第5章 治療戦略
 A 総論─エビデンスに基づいた治療を目指すために
 B 躁状態の治療
 C うつ状態の治療
 D 修正型電気けいれん療法(mECT)
 E その他の身体療法
 F 自殺予防
 G 維持療法─双極I型障害
 H 心理社会的治療
 I 双極II型障害の治療
 J 急速交代型の治療
 K 新薬,サプリメント,あるいは食事療法
 L 妊娠・出産
 M 双極性障害ハイリスク者

第6章 治療薬とその薬理
 A 気分安定薬とは何か
 B 非定型抗精神病薬とは何か
 C NbN
 D リチウム(lithium)
 E バルプロ酸(valproic acid)
 F カルバマゼピン(carbamazepine)
 G ラモトリギン(lamotrigine)
 H クエチアピン(quetiapine)
 I オランザピン(olanzapine)
 J アリピプラゾール(aripiprazole)
 K ゾテピン(zotepine)
 L リスペリドン(risperidone)
 M その他
 N ベンゾジアゼピン
 O 抗うつ薬
 P 薬理遺伝学

第7章 環境因

第8章 ゲノム研究
 A 遺伝の関与
 B 連鎖解析
 C 候補遺伝子の関連解析
 D 候補遺伝子の関連解析はなぜ一致しないのか(G72を一例として)
 E 関連研究における再現性の欠如
 F エンドフェノタイプ
 G DNAマイクロアレイによる候補遺伝子探索
 H 統合失調症との接点
 I ゲノムワイド関連研究
 J コピー数変異
 K メンデル型遺伝病の変異
 L 染色体異常
 M 全エクソーム/全ゲノム解析による双極性障害と連鎖する変異の探索
 N デノボ点変異
 O 体細胞変異
 P 遺伝的構造

第9章 脳研究
 A 形態
 B 生化学
 C 機能
 D ゲノム・エピゲノム

第10章 患者由来細胞を用いた研究
 A はじめに
 B 血液由来細胞
 C 培養リンパ芽球
 D 線維芽細胞
 E 嗅上皮
 F iPS細胞

第11章 バイオマーカー研究
 A はじめに
 B モノアミン
 C デキサメタゾン抑制試験
 D カルシウム
 E BDNF
 F 培養リンパ芽球の遺伝子発現
 G 酸化ストレスマーカー
 H 免疫学的マーカー
 I メタボローム解析

第12章 病態仮説
 A はじめに
 B 薬理学研究に基づく仮説
 C 生物リズム仮説
 D 小胞体ストレス反応障害仮説
 E ミトコンドリア機能障害仮説

文献

おわりに
索引